JAPAN-QUEBEC:日本・ケベック情報

To Promote Japan-Quebec Relations by Posting Information about Quebec: カナダ・ケベック州の情報を発信して日本・ケベック関係を促進する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Interview with Mr Tremblay@LA: トランブレー氏のインタビュー@ロス

Interview with Mr Tremblay@LA: トランブレー氏のインタビュー@ロス

110728a.jpg
LA Office
110728b.jpg

Interviewee: Mr. Frederic Temblay, Advisor-Government Relations and Public Affairs
(Date: July 22, 2011; Quebec Government Office, Westwood, Los Angeles, California; Interviewer/Writer: Takahiro Miyao)

Summary of Mr. Frederic Tremlay’s Interview

I am mainly in charge of education, research and other public affairs at the Los Angeles Office of the Quebec Government, and currently working on the exchange of university faculty, researchers and students as well as research activities between Quebec and the US in general and the western states in particular. There are a number of important fields and topics for joint research and study in this context.
First of all, the Plan Nord should be pointed out, as this is called the “project of a generation” in Quebec to focus on Northern Quebec for economic, social, environmental as well as energy development. This project, leading to more than $80 billion over a period of 25 years, is so huge that it requires extensive collaborations among government, business, academia and local communities within as well as across regional and national boundaries.
This project is closely related to Quebec’s development strategy of environmental and green technology, aiming at the achievement of sustainable development by fostering environmental and green technology industries. For example, the Quebec government and industry are working with their counterparts in California and other western states in the US regarding environmental policies such as cap-and-trade programs on greenhouse gas emissions as well as industrial policies to promote electric cars. Needless to say, joint research activities in this field are actively taking place between Quebec and US research institutions.
There are many other fields in which Quebec and the US, especially California, are working together for mutual benefit in terms of research and business, from the life science field, particularly the biopharmaceutical industry, to high-tech entertainment businesses such as the movie and gaming industries. Here, our challenge is to attract skilled workers and professionals to prosper in these key industries. For that purpose, we emphasize not only education and training for new immigrants, but also mutual recognition of skilled workers’ competencies with France to facilitate the mobility of skilled workers.
As a result of these public and private efforts, Quebec’s business, research and academic activities have recently been advancing faster than anyone expected just a few years ago, and the people in Quebec have gained enough confidence in themselves to become open-minded in promoting closer relationship with the US and other countries and also to play an important role in the nation as a leader, not as a separatist any longer, as clearly shown in the last general election.
References:
Plan Nord (French): http://plannord.gouv.qc.ca/
Plan Nord (English): http://plannord.gouv.qc.ca/english/
Environmental and green technology:
http://www.mdeie.gouv.qc.ca/ministere/english/about-us/strategies/departmental-strategy/a-development-strategy-for-quebecs-environmental-and-green-technology-industry/
Interview with LA Representative (2007):
http://japanquebec.blog76.fc2.com/blog-date-200707.html
Interview with LA (Interim) Representative (2010):
http://japanquebec.blog76.fc2.com/blog-entry-65.html

(Interviewer: Takahiro Miyao)
------------------------------------------------------------
フレデリック・トランブレー氏のインタビュー
(Frederic Temblay, Advisor-Government Relations and Public Affairs)
日時:2011年7月22日
場所:米国カリフォルニア州ロサンゼルス、ケベック州政府ロサンゼルスオフィス

私はケベック政府のロサンゼルスオフィスで、主に教育、リサーチなどの公共政策を担当しており、現在は米国、特に西部地区の州とケベックとの間での大学の教授、研究者、学生の交流や共同研究のプログラムの推進に努めています。ここで共同研究の対象となる分野やテーマは多岐にわたっています。
何よりもまず、「北部計画」というケベック州にとっては一世一代のプロジェクトで、北部ケベックにおいて経済、社会、環境およびエネルギーの開発を進める計画です。このプロジェクトは、今後25年にわたって800億ドル以上を投じるという巨大なもので、地域や国の中だけでなくそれを超えた産官学と地域コミュニティ間の幅広い共同作業を必要としています。
このプロジェクトと密接に関係するのが、ケベックのグリーンテクノロジー、つまり環境技術の開発戦略です。例えば、ケベック州の政府とビジネスはカリフォルニアはじめ米国西部の州の政府やビジネスと協力して、温室効果ガスのキャップ・アンド・トレード・プログラムのような環境政策、および電気自動車の普及のような産業政策を行っています。このような分野での共同研究の活動も、ケベックと米国の研究機関の間で進められていることはいうまでもありません。
その他多くの分野でお互いの利益のために、ケベックと米国、特にカリフォルニアとの間で研究やビジネスが共同で行われています。代表的な例としては、生物薬品産業のような生命科学の分野や、映画やゲームのようなハイテク・エンタテイメント産業があります。ここで我々が直面する課題は、このような主要産業を成功させるような高度な技術を持つ労働者やプロフェッショナルをケベックに引き付けることです。そのために、新しい移民に対する教育や訓練を強調しているだけでなく、高度な技術者の移動を促進するためにフランスのような国と技術者の能力を共同認定する取り決めを行っています。
このような官民挙げての努力の結果として、最近ではケベック州のビジネス、研究、学術活動が何年か前には予想できないほど急速に発展し、ケベック州の人々が自分たちに自信を深めたために、オープンなマインドを持ち、米国やその他の国との関係を密接にするとともに、最近の総選挙の結果が示しているように、カナダの中での分離主義者ではなく、むしろリーダーとして重要な役割を果たすようになったのです。
参考
ロスオフィス代表とのインタビュー(2007年):
http://japanquebec.blog76.fc2.com/blog-date-200707.html
ロスオフィス臨時代表とのインタビュー(2010年):
http://japanquebec.blog76.fc2.com/blog-entry-65.html

以上(文責:宮尾尊弘)
-------------------------------------------------------------
スポンサーサイト
  1. 2011/07/31(日) 23:31:35|
  2. Interviews

Interview with LA (Interim) Representative: ロス代表のインタビュー

Interview with LA Representative: ロス代表のインタビュー

LA Interim Representative Mr. Yanick Godbout
100611Qa10.jpg
LA Office 100611Qb8.jpg

Interviewee: Mr. Yanick Godbout, Quebec Government Office-Los Angeles, Interim Representative, and Director of Governmental Relations and Public Affairs
(Date: June 11, 2010; Place: Westwood, Los Angeles, California; Interviewer/Writer: Takahiro Miyao)

Summary of Mr. Godbout’s Interview

At our office in Los Angeles, we are in charge of the relationship between Quebec and California as well as 12 other Western states in the U.S. regarding political, economic, cultural, and other affairs. What we are currently working on, however, is really a matter of national and even global concern, namely, climate change and clean energy.

First, about the environment and climate change, we are in the process of adopting a “cap and trade” system to reduce carbon gas emissions in Quebec, along with California and several other states in the U.S., ahead of other parts of North America. The reason why we take this kind of “regional approach” is because many states and provinces believed that the two federal governments were not acting rapidly enough to fight global warming. But we Quebecois are so keen about the environment that we have decided to do it now, together with some U.S. states like California, and three other Canadian provinces.

A related matter is our efforts to push electric cars in Quebec by working with California. In Quebec, use of electric cars is being encouraged and supported by the government, which will soon build battery charging stations for electric cars along major highways in the province. And some companies in Quebec will manufacture batteries and other key components for electric cars to be used by U.S. automakers to supply in North America and other parts of the world in the future.

Another strength of Quebec is its film, multimedia, and game industries. In fact, Warner Brothers will soon open up its studio in Montreal to make use of high quality human resources for sophisticated work such as video games, animation and special effects. Our office here in LA is working hard to attract U.S. companies operating in this sector to Quebec as a location for their new studios and other facilities. It is also well known that Montreal is one of the major movie locations in North America, and Quebec is producing many excellent films to show at Montreal Film Festival and other major film festivals in the world. With some government incentives, we have been able to produce and keep high quality human resources to support all these activities in our film industry.

On the other hand, a serious challenge for us in Quebec is how to secure and replenish high quality labor force for our growing economy in the future, as population is gradually aging, just as in Japan. Of course, immigration is the key to this problem, and we are encouraging immigration, though, with emphasis on education in general and French language training in particular for new immigrants. We are also working with other francophone countries for human interaction and knowledge exchange. For example, we have signed a bilateral agreement with France to mutually recognize professional formation.

In this connection, Quebecois sometime adopt children from other countries, and this time quite a few babies are being adopted from Haiti in the aftermath of the big earthquake. As is well known, the government of Quebec is actively trying to help out the people in Haiti, since large Haitian immigrants are located in Quebec.
References:
Quebec Government Office Los Angles:
http://www.quebec-losangeles.org/
Japan-Quebec Blog; Interview with LA Representative (2007):
http://japanquebec.blog76.fc2.com/blog-date-200707.html

(Interviewer: Takahiro Miyao)
-------------------------------------------------------------------
ゴッドブー氏(ロスオフィス臨時代表)とのインタビュー

ここロサンゼルスのオフィスでは、ケベックとカリフォルニアとの関係、および西部の他の12の州との関係を扱っており、政治、経済、文化などの分野で交流を進めています。ただし、現在私たちが推進しているテーマは、国全体および国際社会にかかわることで、それは地球温暖化とクリーンエネルギーの問題です。

まず、環境と地球温暖化については、ケベックで温室効果ガスの排出量を削減するために「キャップ・アンド・トレード」の制度を、カリフォルニアおよび米国のいくつかの州と一緒に、北米の他の地域に先駆けて実施しようとしています。このような「地域的アプローチ」を取る理由は、カナダと米国の連邦政府が地球温暖化問題に取り組むまでにはまだ時間がかかりそうで、両国の州の多くはそれまで待っていられないと感じているためです。特にケベックの人々は環境を非常に大切に考えているので、カリフォルニアを始め米国のいくつかの州およびカナダの他の3つの州と一緒に、今直ちに実施することを決めたわけです。

それと関係するのは、電気自動車の問題です。ケベックではカリフォルニアと協力して電気自動車の普及を推進しており、政府による支援も本格化して、間もなくケベック州の主要なハイウェイ沿いに充電スタンドを建設する予定です。またケベックのいくつかの企業は電気自動車用の電池や重要な部品を製造し輸出して、それを利用した米自動車会社が電気自動車を北米市場や世界市場で販売するという動きが今後盛んになると思われます。

ケベックが強いもう一つの分野は、映画、マルチメディア、ゲームといった産業です。実際に、米ワーナーブラザースが間もなくモントリオールにスタジオを開設し、そこで質の高い人材を使ってビデオゲーム、アニメーション、特殊効果といった高度の作業を行うとのことです。ここLAオフィスは、全力をあげて米映画会社の新しいスタジオなどの施設をケベックに誘致することに努力しています。またケベックは優秀な映画作品を多く生み出しており、モントリオール国際映画祭やその他世界の主要な映画祭で上映されています。このように映画産業での様々な活動を支える優れた人材を、ケベックは政府の支援のもとで作りだしているのです。

その一方で、ケベックにとって乗り越えるべき問題としては、将来にわたって経済が成長し続けるために質の高い労働力をどうやって確保し補充していくかという問題で、これは日本と同じように高齢化が進むケベックにとって大きな課題といわざるをえません。もちろん、ここでカギとなるので移民で、ケベックでは移民を奨励する一方で、新しい移民に教育を施し、特にフランス語の訓練をすることに重点を置いています。またフランス語圏の国との人的および知識の交流にも努めており、例えばフランスとは相互に研究者の資格を承認し合う協定を結んでいます。

この問題に関連して、ケベックの人たちは他の国からよく養子縁組を行っており、今回のハイチの大地震の直後から多くの幼児が養子としてケベックの家庭に引き取られています。よく知られているように、ケベック政府はハイチの人々の救済にもっとも積極的に動いていますが、それはハイチからの移民がケベック州に集中しているためです。
参考
ケベック政府ロサンゼルスオフィス:
http://www.quebec-losangeles.org/
Japan-Quebecブログ:LAオフィス代表とのインタビュー(2007年)
http://japanquebec.blog76.fc2.com/blog-date-200707.html

以上(文責:宮尾尊弘)
------------------------------------------------------------------
With Mr. Godbout at a nearby restaurant after interview
100611c10.jpg
-------------------------------------------------------------------
  1. 2010/06/13(日) 02:39:15|
  2. Interviews

Talk With Dr. & Mrs. Charron: シャロン博士夫妻との会話

Dinner with Dr. & Mrs. Charron
シャロン博士夫妻との会食と意見交換

Claude-Yves Charron and Misa Hirai Charron
クロード・イヴ・シャロン博士と平井みさ夫人
80628c1.jpg

On Saturday, June 28, I had dinner with Dr. Claude-Yves Charron and Mrs. Misa Hirai at the "best" Japanese restaurant in Montreal, where we enjoyed good sake and excellent sushi as well as our conversation.
I presented them with a question which was raised during our seminar discussion at L'Institut Franco-Japonais de Tokyo last month, that is; "Why Quebec for Japan?"
In response, Dr. Charron said that Quebec could be a model for Japan as a bridge between different cultures in the international context, while Mrs. Misa Hirai emphasized some commen elements between Japan and Quebec such as sophistication, high-quality and artistic sense.
Dr. Charron also pointed out the fact that Japan, squeezed by the powers of China and the U.S., needs a kind of survival strategy that Quebec has developed to survive between the powers of Europe and the U.S.
In the end, the three of us agreed that a closer relation between Japan and Quebec would benefit each other tremendously, and especially Japan would be able to learn from Quebec in terms of logical thinking, self-expression and open-mindedness, all of which are so essential in survival and prosperity in this globalized world.
Reference:
Interview with Dr. Charron (8/30/2007):
http://japanquebec.blog76.fc2.com/blog-entry-24.html
--------------------------------------------------------
シャロン博士夫妻との会食と意見交換

6月28日の夕方、クロード・イヴ・シャロン博士夫妻と、モントリオールで「ベスト」といわれる日本食レストランで会食し、美味しいお酒とお寿司を楽しみながら意見交換をする機会を持った。
その中で、先月東京日仏学院で開催されたセミナーの討論で提起された問題「日本にとってなぜケベックか?」という質問をお二人にぶつけてみた。
それに対して、シャロン博士は、国際化の中でことなった文化の橋渡しをするという点でケベックが日本のモデルになりうることを指摘。また平井みさ夫人は日本とケベックに共通の洗練され質が高く芸術的センスがある点を強調された。さらに、シャロン博士は、日本がこれから中国と米国に挟まれて生き残るために、ケベックが欧州と米国の間でサバイバルのために展開した戦略から学ぶものが大きいと述べた。
結論として、日本とケベックはより関係を緊密にすることからお互いに多大な利益を得ることができ、特に日本はケベックから、グローバル化した世界で今後とも繁栄していくために基本的に重要な論理的思考、自己表現力および開かれた姿勢を学ぶことができるという点で三人とも意見が一致した。
  1. 2008/06/28(土) 23:59:59|
  2. Interviews
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Interview with Prof. Tachibana: 立花英裕教授のインタビュー

Interview with Prof Tachibana: 立花英裕教授のインタビュー

Interview Series #22: インタビューシリーズ#22

Prof Tachibana 80428u.jpg

Interviewee: Prof. Hidehiro Tachibana, Waseda University, President of SJDF (Societe japonaise de didactique du français; Japanese Society of French Education)
(Date: April 28, 2008; Place: Waseda University, Tokyo; Interviewer/Writer: Takahiro Miyao)

On April 28, I visited Prof. Hidehiro Tachibana and asked him about his thoughts on Quebec at his Waseda University office, filled with books on French language, literature and culture in Japanese as well as in French. Since I know little about France or French, I felt somewhat awkward at the beginning of my interview, but then I found Prof. Tachibana’s messages quite clear and straightforward, and became relaxed as the interview went on.

Summary of Prof. Tachibana’s Interview

The first message of Prof. Tachibana was that, for understanding the importance of the French language, we should focus not only on France alone, but also on a variety of countries and regions in the world, where French is being spoken, as represented at the annual Francophonie Festival. In this regard, Quebec is a very interesting region, where some traditional expressions of French (original French in the 16-17th centries) are still alive, and the language has been playing a crucial role in forming their identity in the isolated environment without going through the revolution as in their mother country. To study this further, Prof. Tachibana recommended a recent book on “Comparisons of Nations and Cultures of the New World,” written by Quebec historian Gerard Bouchard and translated into Japanese by Prof. Tachibana and his colleagues (http://www.hanmoto.com/bd/isbn978-4-7791-1241-6.html/).

His second message was about lessons that Japan can learn from Quebec. He said he was very impressed with the recent revival of Quebec Province, which has shown its vitality in economic, cultural and other fields, after achieving social stability within Quebec for the last couple of decades. Unlike their turmoil years in the 60s and 70s, the Province has recently been attracting and educating a variety of excellent French speaking individuals in arts, science, high-technology, etc., and also adopting and succeeding in its controversial language policy, resulting in the establishment of Quebec, especially the city of Montreal, as one of the main economic and cultural centers in Canada as well as in North America. What Japan can learn from Quebec is exactly the spirit of independence and determination shown in adopting their unique language-culture policy, which has enabled Quebec to be open to the surrounding English-speaking world, however strong they seem, for coexistence and mutual prosperity, whereas Japan has been somewhat stagnant not only economically , but also mentally, and becoming inward-looking for the last couple of decades. In order to reverse these trends, there may be some lessons in the Quebec experience for Japan, according to Prof. Tachibana.

His last message in response to my question of what we should do to promote Quebec-Japan relations was that we need to interact with each other more often, if possible, on a daily basis to discover something similar or different in each others’ daily lives for mutual understanding. For that purpose, we should encourage “online communication” in addition to regular tourism among the general public and regular exchange programs among students and scholars between Quebec and Japan. Hopefully, this kind of blog activity can contribute to that end.
References:
SJDF (Societe japonaise de didactique du français) in French:
http://wwwsoc.nii.ac.jp/sjdf/index-e.html
Gerarld Bouchard (Wikipedia) in English:
http://en.wikipedia.org/wiki/G%C3%A9rard_Bouchard/

(Interviewer: Takahiro Miyao)
----------------------------------------------------------------
立花英裕教授とのインタビュー
早稲田大学教授、日本フランス語教育学会会長
(2008年4月28日:早稲田大学・立花研究室にて、聞き手:宮尾尊弘)

4月28日に、立花英裕早大教授にケベックのお話しをうかがうために、大学キャンパスの研究室を訪れた。研究室にはフランスの言語や文学や文化に関する日本語と仏語の本が天井から床まで並べられていて、フランスや仏語についてあまり知識のない私としては、少し緊張してインタビューを開始した。しかし、こちらの質問に対する立花教授のお話しは非常に単刀直入かつ明快で理解しやすかったので、すぐにリラックスしてインタビューを進めることができた。

立花教授とのインタビュー・サマリー

立花教授の第1のメッセージは、仏語の重要性を理解するためには、フランスだけでなく、フランス語を使っている世界中の国々や地域に目を向ける必要があるということであった。それらの国々や地域が、まさに毎年開催される「フランコフォニー祭」に参加しているメンバーに他ならない。この点において、ケベックは非常に興味深い地域で、仏語の伝統的な表現や発音を受け継いでおり(独特な仏語ばかりが強調されがちであるが、実は17-18世紀の表現や発音を受け継いでいる面があることを忘れてはならない)、また革命を経験した本国とは別の道を歩み、孤立の中で生き延びなければならなかったことから、言語がアイデンティティの形成に決定的に重要な役割を果たした稀な地域である。この点をさらに勉強するには、立花教授が同僚と一緒に最近翻訳したケベックの歴史学者ジェラール・ブシャール著『ケベックの生成と「新世界」』を推薦するとのことであった(http://www.hanmoto.com/bd/isbn978-4-7791-1241-6.html/)。

次に第2のメッセージとして、日本がケベックから学ぶものを立花教授は指摘した。それは、ケベック州の近年の復権についてで、ケベックが社会的な安定を達成した後、これまで20年ほどの間に、経済や文化やその他の分野で示した活力は非常に印象的であった。混乱の60-70年代とは対照的に、ケベック州は特にモントリオールを中心に、文化、科学、技術などの分野において仏語圏の多様な人材を引き寄せ育てることによって、また経済的に不利と思われた言語政策を断行し成功させることによって、カナダあるいは北米の中で経済的にも文化的にもしっかりした自分の地位を築いた。日本がケベックから学ぶべきは、まさにこの自立と決断の精神で、過去20年ほど日本は経済的にも心理的にも落ち込んで閉鎖的になりつつあるといわれているが、ケベックは周囲を圧倒的な経済力をもった地域に囲まれながら、独自の言語・文化政策によって、かえって閉鎖的にならずに、英語圏世界との共存と繁栄の道を切り開いたわけで、その経験は日本にとって参考になるのではないかというのが立花教授の指摘であった。

さらに日本とケベックの関係を促進するために何ができるかという質問に対して、立花教授の結論としてのメッセージは、日常的な生活レベルで、もっと頻繁に、できれば毎日のように日本とケベックが交流すべきというものであった。つまり、日常生活レベルで同じ習慣や違った習慣を知ること自体が、何よりの相互理解につながる。そして、そのためには、通常の旅行や交流を深めることに加えて、オンライン上で対話や情報交換を行うことをもっと奨励したらいいのではないかというのが立花教授の提案であった。本ブログがそのような目的に少しでも役立つことを希望する次第である。
参考:
早稲田大学教員紹介「教授 立花英裕」:
http://www.waseda.jp/hougakubu/main/faculty/f_tachibana_hidehiro.html
SJDF(日本フランス語教育学会):
http://wwwsoc.nii.ac.jp/sjdf/

以上(文責:宮尾尊弘)
  1. 2008/05/03(土) 20:09:51|
  2. Interviews
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Interview with Ms. Suzanne Ethier:スザンヌ・エティエ代表とのインタビュー

Interview with Ms. Suzanne Ethier:スザンヌ・エティエ代表とのインタビュー

Interview Series #21:インタビュー#21

Ms. Ethier 80314E9.jpg

Interviewee: Ms. Suzanne Ethier
Representative, Delegation Office of Quebec Government, Tokyo
(Date: March 14, 2008; Place: Delegation Office, Tokyo; Interviewer/Writer: Takahiro Miyao)

I was recently invited to meet Madame Suzanne Ethier, new representative of Quebec Delegation Office in Tokyo, who had arrived in Japan a few days before. It was a very nice, friendly meeting, where she expressed her interest in working for developing closer relations between Quebec and Japan, especially among young students and scholars at universities and research institutes. While emphasizing the importance of exchange in education and research, she touched on wide-ranging topics, from design/brand marketing to environmental problems, where Japan and Quebec (and Canada as a whole) could work together in a fruitful way.

Summary of Ms. Ethier’s Interview

I came to Japan for the first time in 1997, as a member of the Quebec government's mission to the Asia-Pacific region, and have visited Japan 7-8 times since then. I like Japan very much and, as the Quebec government representative in Tokyo this time, wish to help develop a closer relationship between Quebec and Japan, especially in the field of education and research. It is important to interact with young students and researchers in Japan so that they may become aware of important academic and scientific resources in Quebec for establishing mutually beneficial relations in the long run.

Although it may be “fashionable” to focus on China in the Asia-Pacific region these days, I strongly feel that Japan has a lot to offer to the outside world. For one thing, Japan has a very strong manufacturing activity with excellent managerial practices and technological knowhow, which Quebec businesses can learn from. In return, Quebec can provide Japan with expertise in strategically selected sectors such as aerospace, digital graphics, health and life sciences, etc. Branding and design may be another area where Quebec and Japan can work together to compete with developing countries in the global economy.

I also feel strongly about environmental problems facing us, and hope that Japan and Quebec (and Canada as a whole) can together make a contribution in this field. This year is particularly important for Japan, as the Summit meeting with focus on global warming will be held in Hokkaido this summer, and discussions seem to be at a crossroads as to whether a new global framework can be agreed upon by all the major countries including China and India. Here, Japan’s initiative seems crucial, and we will do our best to help Japan achieve a success in this regard.

Finally, I sincerely hope that Quebec can possibly offer a helpful model for Japan in such areas as immigration, language education, multi-cultural management as well as gender issues, as Japan is bound to face, if not already facing, these social problems in a rapidly globalizing world. We have so many things to share and learn from each other, and I am looking forward to my task to facilitate the process of sharing and learning between Quebec and Japan.
References:
Delegation General: Suzanne Ethier (in French)
http://www.gouv.qc.ca/portail/quebec/international/japon/delegations/tokyo/chefposte/?lang=fr

(Interviewer: Takahiro Miyao)
---------------------------------------------------------------
スザンヌ・エティエ代表とのインタビュー
ケベック州政府在日事務所代表
(2008年3月14日:ケベック州政府在日事務所にて、聞き手:宮尾尊弘)

来日したばかりの新しいケベック州政府在日事務所代表のスザンヌ・エティエ女史にお会いして、代表としての今後の抱負についてうかがうことができた。特に力を入れたい点としては、教育や研究分野における学生や研究者の交流で、大学や研究所レベルの交流の重要性を強調された。またそれ以外でも、ブランド・デザインといった分野やグローバルな環境問題についても関心を示し、それらの分野でケベックと日本が協力していきたいという希望を述べられた。

エティエ代表とのインタビュー・サマリー

私が初めて訪日したのはケベック州政府の代表団の一員としてアジア太平洋地域を視察した1997年であったが、それ以来これで7、8回目の訪日となる。日本はとても好きな国で、今回は在日事務所代表としてケベックと日本の関係をさらに緊密なものになるよう努力するつもりである。特に教育・研究分野における関係が重要で、若い学生や研究者どうしの交流を促進することで、ケベックの大学教育や科学研究上のリソースが豊富なことを日本で認識してもらい、長期的にお互いが利益になるような関係を築きたい。
最近のアジア太平洋地域においては中国を取り上げるのが「はやり」になっているようであるが、私としては日本が世界に対してオファーできるものがたくさんあると信じている。例えば、日本は非常に競争力のある製造業を持っており、優秀な経営や技術のノウハウがあり、その点でケベックが学ぶものは大きい。それに対してケベックは、航空、デジタルグラフィックス、健康・生命科学などの戦略的な部門で日本に提供するものが多いのではないか。さらに、ブランドやデザインなどについても、ケベックは日本と協力してグローバル経済の中で発展途上国と競争していくことが重要であろう。
また環境問題について、ぜひケベック(またカナダ全体)と日本は手をたずさえて貢献していきたい。特に今年は北海道で地球温暖化に焦点を当てたサミット会議が開催され、そこでの議論が中国やインドのような途上国を含めてすべての国が合意して新しいグローバルな枠組みを構築できるかの分岐点になると思われるので非常に重要である。したがって、日本のイニシアティブがカギを握っており、我々としては会議の成功のために全面的に協力するつもりである。
最後に、移民、言語教育、異文化経営、ジェンダーなど日本が直面している諸問題に関してケベックがそれらの解決のモデルを提供できれば幸いである。世界が急速にグローバル化する中で、ケベックも日本もますます多くの共通の問題に取り組まなければならない。その点でお互いの意見交流と相互学習を促進するために私としてできるだけのことをやっていきたい。.
参考:
スザンヌ・エティエ代表の略歴(日本語):
http://www.mri.gouv.qc.ca/portail/_scripts/Actualites/ViewNew.asp?strIdSite=JPN&NewID=5163&lang=jp

以上(文責:宮尾尊弘)
  1. 2008/03/18(火) 16:54:45|
  2. Interviews
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Interview with Mr. Simon Chabot: シモン・シャボウト氏のインタビュー

Interview with Mr. Simon Chabot: シモン・シャボウト氏のインタビュー

Interview Series #20 (@Quebec City): インタビュー#20

Mr. Simon Chabot
Chabot15.jpg

Interviewee: Mr. Simon Chabot, Manager, Centre de valorization internationale de l’expertise publique quebecoise (Center for International Promotion of Quebec Public Expertise), Quebec
(Date: January 22, 2008; Place: Restaurant La Vie, Yamanoue Hotel, Kanda, Tokyo; Interviewer/Writer: Takahiro Miyao)

I met and interviewed Mr. Simon Chabot, who was a manager of the Center for International Promotion of Quebec Public Expertise, accompanying Ms. Christine Lavoie-Gagnon of CLAGA as an interpreter, at a nice restaurant in Tokyo. It was a fruitful interview to find out about his current mission in Japan as well as the objectives of his center, which is a result of the partnership among ENAP (The Public Administration University), the Ministry of International Relation and the Ministry of Economic Development, Innovation and Exports in Quebec.

Summary of Mr. Chabot’s Interview

I am visiting Japan for the first time as a manager of CVI (Centre de valorization internationale de l’expertise publique quebecoise), whose mission is to export Quebec government knowhow to other countries. Here in Tokyo I am contacting such universities as the United Nations University and Meiji University, and some public organizations for information exchange and sharing this time. After learning about each other’s issues and problems in the public sector, we will work out some effective measures to be implemented by applying our knowhow in Quebec.

There seem to be many areas for cooperation between us for the purpose of providing public services more effectively and efficiently. For example, IT (information technology) has been applied extensively in the Quebec government, and the results so far have been quite encouraging (in this regard, we should acknowledge Mr. Francoise Cote’s efforts and contributions at the Quebec government). So we wish to share our knowhow in this area with Japan’s central and local governments.

Another area is how to train public sector personnel and utilize them in the government sector effectively. A key point is to provide stimulating opportunities and challenges for public sector personnel in order for the public sector to compete with the private sector, which can generally offer a better pay. For that purpose, we would like to have more international cooperation and exchange so that students and personnel in the pubic sector field can look forward to international experiences as their future challenges. This is one of the reasons why we are contacting Japanese universities to promote cooperation and exchange with CVI and ENAP. In fact, ENAP could be a good model for Japan to establish a public administration university in the future.

This time our mission is to exchange information and identify areas for cooperation in Japan, and we will continue working to achieve our objectives in this country as well as in other Asian countries, especially Vietnam and Laos, where French is widely used. These days we need global perspectives to improve the quality and performance of our activities in society in general and in the public sector in particular.
References:
CVI: http://www.cvi.enap.ca/
ENAP (in English):
http://www.enap.ca/enap/en/school.aspx?sortcode=2.16.16.16
ENAP’s Partnerships including CVI (in English):
http://www.enap.ca/enap/en/school.aspx?sortcode=2.16.16.21

(Written by T. Miyao)
-------------------------------------------------------
シモン・シャボウト氏
ケベック州国際公共経験促進センター・マネージャー
(2008年1月22日、東京神田駿河台の山の上ホテル・レストランにて;聞き手:宮尾尊弘)


サイモン・シャボウト氏とは、通訳のクリスティン・ラヴォア・ガニオン女史(CLAGA社)とともに、駿河台のホテルのレストランで食事をしながら、楽しく有益な会話を交わした。このインタビューで、シャボウト氏は今回の訪日の目的とともに、彼の所属するセンターの目指すものについて説明を行った。なお、ケベック州国際公共経験促進センターは、ENAP(国立公共管理学院)とケベック州の国際関係省および経済開発・イノベーション・輸出省という3つの組織のパートナーシップによって生み出されたものとのことである。

シャボウト氏とのインタビュー・サマリー

今回は私にとって初めての訪日であるが、ケベック州の政府のノウハウを海外に広めるという目的を持つCVI(ケベック州国際公共経験促進センター)のマネージャーとして、日本の大学や公的な団体とコンタクトしている。例えば、国連大学や明治大学、さらに政府関係の組織と、まずは情報の交換と共有をはかることを目指している。そうすることでお互いの公的部門での問題を理解し特定してから、次のステップとしてケベックの政府のノウハウを応用して問題解決策を考えたい。

公的なサービスをより有効かつ効率的に提供するという目的でわれわれが協力できる分野は非常に多いと思われる。例えば、ケベック州政府においては、IT(情報技術)が幅広く応用されており、その効果にはみるべきものがある(この点について州政府でフランソワ・コーテ氏が果たした役割は特筆に値する)。そこでこのわれわれのノウハウを、日本の中央政府や地方政府と共有することが望ましいと考えている。

もう一つの分野は、公共部門で働く人材の育成と有効な利用についてである。重要な点は、公共部門の人材に刺激となるような機会とチャレンジを提供して、公共部門が一般にサラリー面で勝っている私的企業部門と肩を並べられるようにすることである。そのためにも、もっと国際的な協力と交流を推進する必要があり、公共部門の学生と公務員に将来のチャレンジとして国際的な活動経験があることを示すべきであろう。そのためもあって、われわれは日本の大学とコンタクトして、CVIやENAPとの協力や交流を促進しようとしているのである。実際に、ENAPは日本が将来「公共管理経営大学」を作る際のモデルとして考えられるであろう。

今回は、日本で情報交換を行い、協力分野を特定するのが目的であるが、今後とも日本での協力を続けるとともに、アジア諸国、特にフランス語が通じるベトナムやラオスなどの国々でも交流と協力を行うつもりである。現代は社会一般の活動、特に公共部門の活動の質とパフォーマンスを高めるためには、国内的な視点ではなく、グローバルなアプローチを取る必要があるといえよう。
参考:
CVI: http://www.cvi.enap.ca/
ENAP(英語):
http://www.enap.ca/enap/en/school.aspx?sortcode=2.16.16.16
ENAPのパートナーシップとしてのCVI(英語):
http://www.enap.ca/enap/en/school.aspx?sortcode=2.16.16.21

(文責:宮尾尊弘)
  1. 2008/02/14(木) 11:29:35|
  2. Interviews
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Interview with Ms. Brassard & Mr. Gosselin: ブラッサード女史とゴセラン氏のインタビュー

Interview with Ms. Brassard & Mr. Gosselin: ブラッサード女史とゴセラン氏のインタビュー

Interview Series #19 (@Quebec City): インタビュー#19
Mr. Denis Gosselin and Ms. Annie Brassard
70901DGAB02.jpg

Interviewees: Ms. Annie Brassard, Commissioner General, International Relations Commission, Quebec City
Mr. Denis Gosselin, Director, Investment, Prospecting, POLE
(Date: August 31, 2007; Place: Quebec City Building, 2 des Jardins; Interviewer/Writer: Takahiro Miyao)

Ms. Annie Brassard and Mr. Denis Gosselin kindly took time to meet me in spite of their extremely busy schedule due to the sudden death of their mayor about a week before our meeting. In interviewing these two distinguished representatives of the city, I was impressed with their positive thinking, clearly looking into the future of Quebec beyond the unexpected hardship at hand. Especially noteworthy were their international perspectives in performing their duties for Quebec City, as explained in the following summary.

Summary of Ms. Brassard’s Interview

As Commissioner General of Quebec City’s International Relations Commission, I am in charge of international relations, including immigration programs and international protocols for the City of Quebec. It is not very common for a city to have this kind of commission, but Quebec City needs one because it is a provincial capital and also a city to encourage and coordinate its key institutions to develop partnerships with francophone cities in other countries. We also have a responsibility to help immigrants settle down in the city and integrate themselves with Quebec society socially as well as professionally. Of course, we are closely working with the provincial government and the federal government regarding international relations and foreign affairs, for example, on our 400th anniversary of Quebec City for 2008.

We are interested in working with municipalities in foreign countries like Japan, not in general terms such as sister city relations, but in specific terms focusing on business, educational, institutional, and other specific fields. Our specific areas of expertise include heritage strategies and conservation, rehabilitation of old urban areas, water and waste management, as well as a number of engineering fields such as geomatics. We are also good at general urban maintenance services during the winter season such as snow plowing. If there is any Japanese municipality that is interested in these specific fields or services, we would like to work with them.

Summary of Mr. Gosselin’s Interview

I am the Director for Foreign Investment Prospecting at POLE, the Economic Development Agency for the Greater Quebec City Metropolitan Area. The first line of our business is to support the most dynamic sectors in the region, namely, health science, applied technology, and manufacturing as clusters of excellence. The second line of business is to promote investment and attract business into this region, and the third line is to help train local businesses to achieve best practices in terms of productivity, innovation, quality, etc. POLE is financially supported by three levels of government and also by self-generating revenues.

As is widely known by now, Quebec City is one of the fastest growing cities as well as one of the most livable and sustainable cities in North America, according to recent surveys published in international magazines. A major reason for this extraordinary achievement is that we have developed “brain industries,” such as optics, photonics, life science industries, etc., which are clean and environment friendly. The high quality of life in Quebec City is attracting intelligent people and, as a result, Quebec City has the highest concentration of researchers in terms of density in Canada.

Regarding Japanese business, we have not been too active in interacting with Japanese companies, because Japan is a little too far and we are yet to learn how to do business in Japan. But the number of Japanese-affiliated companies in Quebec City is now 17 (including Olympus, Fujitsu and Asahi Glass) out of 140 foreign-affiliated companies in Quebec City, and we are trying to attract more Japanese companies in most advanced fields such as optics, photonics, health science, and security business. Any Japanese business that is interested in these areas would be welcome to Quebec City.
References:
Quebec City: Official Website:
http://www.ville.quebec.qc.ca
POLE, Quebec:
http://www.pole-qca.ca/index_en.php

(Written by T. Miyao)
-------------------------------------------------------------
アニー・ブラッサード女史とデニ・ゴセラン氏
ブラッサード女史:ケベック市国際関係委員会・委員長
ゴセラン氏:POLEディレクター
(2007年8月31日、ケベック市庁舎にて;聞き手:宮尾尊弘)

ブラッサード女史とゴセラン氏が、一週間前に突然起こった市長の死去によって非常に多忙になったにもかかわらず、時間を割いて予定通りインタビューに応じてくれのは大変幸いであった。実際に会ってみると、この2人のケベック市の代表は、当面の足元の問題を乗り越えてケベックの将来を見据えるというプラス志向が印象的で、特にケベック市の問題を扱う上で国際的な視点を忘れない点が特徴的であったといえる。

ブラッサード女史とのインタビュー・サマリー

ケベック市の国際関係委員会・委員長として、私はケベック市のための国際関係、移民プログラム、国際的プロトコールなどを担当している。一つの市がこのような国際関係委員会を持つことはあまり一般的でないが、ケベック市の場合は州都であると同時に、世界中のフランス語中心の都市とパートナーシップを結ぶよう色々な団体に呼びかけ組織化に努めている都市でもあるので、このような委員会が必要なのである。さらに我々は、移民がケベック市に住んで社会的にも職業的にもケベック社会と融合することを助ける責任を負っている。もちろんこれらの点で、州政府や連邦政府と緊密な協力関係にあり、例えば来年のケベック市400周年の行事では協力して当っている。
我々は日本のような外国の都市と協力関係を築きたいが、それは姉妹都市のような一般的な関係でなく、ビジネス、教育、政府などの特定分野での協力を目指したい。特に、我々が得意な分野としては、遺産戦略と建造物維持、旧市街地の再生、水道や下水の管理、および空間情報科学のような特殊な技術分野も含まれる。さらに冬季における雪かきなどの公共サービスも得意とする。もし日本の都市でこのような分野に興味のある都市とはぜひ協力してみたい。

ゴセラン氏とのインタビュー・サマリー

私はケベック市の創設したPOLEという組織のディレクターとして、広域ケベック市地域の経済開発を担当している。やるべきことの第1は、地域でもっとも元気な部門、例えば健康科学、応用技術、および製造業を、特別クラスターとして支援することである。第2にやるべきことは、この地域への投資を促進し、ビジネスを誘致すること、また第3は、地域のビジネスが生産性、革新、品質といった点でベストな成果を出すような訓練を支援することである。POLEは連邦、州、市という3つのレベルの政府から資金的援助を受けるとともに、自ら生み出す収入で運営されている。
すでに広く知られているように、最近の国際的な雑誌に発表された調査結果によれば、ケベック市は北米でもっとも成長率が高い都市の一つであるとともに、もっとも住みよい持続可能な都市の一つである。この素晴らしい成果の理由は、ケベック市がクリーンで環境にやさしい光工学や生命科学などの「頭脳産業」を育てたからである。ケベック市の高い生活の質は、インテリ層を引き付け、その結果ケベック市はカナダの中でもっとも研究者の密度が高い集積を持つ都市となったのである。
日本とのビジネスについては、これまで日本が遠すぎたことと、日本的なビジネスのやり方に慣れていなかったために、あまり活発な交流がなかったが、しかしすでにケベック市にある140の外資系企業のうち17社(オリンパス、富士通、旭硝子を含む)は日系の会社である。今後、特に光工学、生命科学、セキュリティなどの分野でもっと日本の企業を誘致したい。これらの分野に興味を持つ日本企業があったら大いに歓迎したい。
参考:
ケベック市公式サイト(英語):
http://www.ville.quebec.qc.ca
POLE, ケベック(英語):
http://www.pole-qca.ca/index_en.php

(文責:宮尾尊弘)
  1. 2007/10/01(月) 23:45:32|
  2. Interviews
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Interview with Mr. Cote: コーテ氏のインタビュー

Interview with Mr. Cote: コーテ氏のインタビュー

Interview Series #18 (@Quebec City): インタビュー#18

Mr. Cote 70901Cote02.jpg

Interviewee: Mr. Francois Cote
The Secretary General, The National Assembly of Quebec
(Date: August 31, 2007; Place: Parliament Building, 1045 des Parlementaires, Quebec; Interviewer/Writer: Takahiro Miyao)

It was really nice getting together with Mr. Cote in Quebec, because my “Japan-Quebec Blog” was born out of the idea that I expressed to Mr. Cote and Mr. Michel Bissonnet, President of the National Assembly, who visited Japan about a year ago, and my blog activity has eventually led to my visit to Quebec. In my interview, Mr. Cote explained (with the help of Ms. Dominique Drouin as an interpreter) about some important developments in the National Assembly and also in Quebec-Japan relations, as seen in the following summary.

Summary of Mr. Cote’s Interview

First, I would like to explain about our “Friendship League” with Japanese politicians. When we visited Japan last year, we met a lot of national and local politicians, especially the president and other members of Tokyo Metropolitan Government. As a result, we have agreed to have an exchange program for parliamentarians in order to promote a closer relationship between Quebec and Japan. In fact, we have an agreement between Canada and Japan that every time we send a delegation to Japan, Japan should reciprocate by sending their delegation to Canada. So, for the first time last week, a group of Japanese politicians visited us on that reciprocal basis, and also high-ranking officials will come to join our big celebrations in Quebec City next year.

Second, I wish to mention the application of information technology in our parliamentary system, which may interest some Japanese politicians. Now, we are introducing new technology to help our parliamentarians by making their work easier. Here are some examples. Each committee has its own webpage so that committee members have access to this page from their offices as well as from their committee rooms to see necessary information about bills, amendments, as well as public comments. Also the general public can send their opinions and comments to the parliament by e-mail, or use our videoconference system to discuss with committee members. In the Assembly room, we are now installing a “high-tech table,” where the Chairman can communicate with assembly members who have PCs on their desks, so the Chairman might have a net meeting in the assembly room, if necessary.

In applying IT to the parliamentary process, we are the leader in Canada. This is due to the fact that not only our Assembly but also all of our committees are open to the public, and all the discussions are aired by our parliamentary TV channel. So it is not too difficult to introduce IT into this open system. At any rate, this kind of IT application will improve the degree of public participation in the political process and also contribute to a paperless society for the sake of sustainability in the environment. On the other hand, we need to overcome a lot of challenges associated with new technology. In particular, the new system can be confusing to the public that cannot be sure whom they are sending comments to within the parliament. Also from our viewpoint, some public comments are not so good in quality, at least partly due to the use of IT, where people tend to respond too quickly without thinking much. In any case we need to deal with these challenges by learning from our own experience as well as from other countries like Japan.

Postscript (by T. Miyao)
In response to my question about possible abolition of the Upper House in Japan, where the ruling coalition lost its majority, Mr. Cote only said that it would be too delicate for him to comment on Japanese politics, but clearly pointed out that in the case of Quebec, senators were not elected but appointed by the prime minister when it was abolished in 1968, a situation that might be different from other countries like Japan, where senators are elected by the general public. After the interview, he took me to the Assembly room, where the “high-tech table” was being installed in front of the Chairman’s seat. It was quite an interesting sight, because of a blend of old traditions in the parliament and new technology in communications. Then I realized this must be the Quebec way of survival by absorbing new ideas in an ever-changing world while preserving its long-held traditions to keep its identity.
In the Assembly Room 70901Cote33.jpg

References:
Japan-Quebec Blog: “Mr. Michel Bissonnet’s Visit to Japan” (9/22/06)
http://japanquebec.blog76.fc2.com/blog-entry-2.html
National Assembly of Quebec:
http://www.assnat.qc.ca/eng/

(Written by T. Miyao)
-------------------------------------------------------------
フランソワ・コーテ氏
ケベック州議会事務総長
(2007年8月31日、ケベック州議事堂事務総長室にて;聞き手:宮尾尊弘)

コーテ氏とケベックで再開できたのは大変幸いで、それは1年前にコーテ氏と州議会議長ビソネ氏が訪日した際に私が提案したアイデアから「日本ケベック・ブログ」が始まり、それがきっかけとなって私の今回のケベック訪問が実現したからである。私とのインタビューでは、コーテ氏より(ドミニク・ドロウアン女史の通訳を介して)州議会および日本ケベック関係における最近の展開について以下のような説明があった。

コーテ氏とのインタビュー・サマリー

第1に、日本の政治家との「フレンドシップ・リーグ」について、これは昨年日本を訪問した際に多くの政治家と会い、特に東京都議会の議員と交流した結果として生まれたもので、日本とケベックとの関係をより緊密にするために議員間で合意した交流プログラムである。実際に、カナダの議員が日本を訪問する度に、日本の議員がカナダを訪問するような相互的な取り決めが日本とカナダの間にあり、その合意に基づいて先週初めて日本から議員団がケベックを訪れた。また来年のケベック市の400周年記念行事には日本から高官が参加する予定である。
第2に、議会運営におけるITの活用についてであるが、これは日本の政治家も興味を持つテーマと思われる。現在、我々は議会での議員の仕事を助けるためにITの利用を進めている。いくつかの例があるが、例えばすべての委員会がそれぞれのウェブサイトを持っており、それに委員が自分のオフィスからも委員会室からもアクセスして、法案や修正案について必要な情報を得たり、一般からの意見を聞いたりすることができる。また一般市民は自分の意見をメールで議会に送ったり、ビデオ会議室に入って委員たちと議論したりすることも可能である。本会議場では現在議長の前に「ハイテク・テーブル」を備えつつあり、それを使って議長は、それぞれの机の上にPCを持つ議員とネット上の会議を必要に応じて行うことができる。
議会の運営にITを活用する点で、我々はカナダの中ではリーダーであるが、その背景には、ケベックの議会や委員会での議論のすべてが一般に公開されており、議会用のテレビチャンネルで放映されているという事実がある。このようなオープンなシステムにITを導入することはそれほど難しくないといえる。いずれにしても、ITの活用は政治過程に対する市民参加のレベルを向上させ、しかも環境的な持続可能性へ向けてペーパーレス社会の構築にも貢献するであろうただしその一方で、克服すべき課題も多く、まず一般市民にとってITを使ったシステムは分かりにくく、議会内の誰に意見を言ったらよいか分からないという状態になる可能性がある。また受け取る側としては、ITを使っているため十分考えずに急いで送られる質の低いメッセージが送られてくることにどう対処するかという課題もある。いずれにしてもこれらの課題は、自分たちでいろいろと試行錯誤したり、また日本のような他の国のやり方から学んだりして克服していく必要があろう。

追記(宮尾)
日本で連立与党が少数派になった参議院を例にとって、参議院廃止論の是非をコーテ氏にたずねたところ、日本の政治についてコメントすることはデリケートすぎるので差し控えたいが、ただしケベックの場合は上院が廃止された1968年まで上院議員は一般の選挙で選ばれたのではなく、首相によって任命されたという点で、日本のように一般選挙で選ばれた議員から構成される参議院の場合とは事情が異なるという答えをコーテ氏から得た。さらにインタビュー後に、コーテ氏に導かれて本会議場を訪れ、話しに出た「ハイテク・テーブル」が議長席の前に備えらつつある現場を目撃した。そこで見たものは、州議会の古い伝統と新しい情報技術の融合という不思議な世界であった。もっとも考えてみると、これこそケベックが自分たちの長年の伝統を維持してアイデンティティを守るために、常に変わっていく世界の中で新しいアイデアを吸収して生き残るというケベック式やり方ではないだろうか。
参考:
日本・ケベック・ブログ:「ミシェル・ビソネ氏訪日」(9/22/06):
http://japanquebec.blog76.fc2.com/blog-entry-2.html
ケベック州議会のHP(英語):
http://www.assnat.qc.ca/eng/

(文責:宮尾尊弘)
  1. 2007/09/30(日) 23:21:22|
  2. Interviews
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Interview with Mr. Legare: レガレ氏のインタビュー

Interview with Mr. Legare: レガレ氏のインタビュー

Interview Series #17 (@Quebec City): インタビュー#17

Mr. Legare 70901AM22.jpg

Interviewee: Mr. Denys Legare
Principal Director, Communication & Marketing
Society of 400th Anniversary of Quebec City
(Date: August 31, 2007; Place: 952 Grande Allee West, Quebec; Interviewer/Writer: Takahiro Miyao)

After about two hours of a comfortable train ride from Montreal, I arrived in Quebec City, the provincial capital, which is a much smaller and more congenial place than Montreal. This was my first visit to Quebec City since 1976, and I found some things never changed, while some other things completely changed compared to 30 years ago. Its Old Town, surrounded by walls and symbolized by Chateau Frontenac, looked exactly the same as before, but business and tourist activities seemed really booming this time around. In fact, Quebec City is now busy preparing itself for 10 month-long events to commemorate its 400th anniversary to start at the end of this year. So, I first visited the office of the Society of 400th Anniversary of Quebec City to find out about the celebrations.

Summary of Mr. Legare’s Interview

There is going to be a “big party” to celebrate our 400th anniversary. There are two ways to celebrate. One way is to have a lot of protocols and a lot of VIPs coming to hold official ceremonies. But we will do it our way, that is to offer to the general public 10 months of festivities from December 31 this year through October 19 next year. During that period, we will offer about 130 activities, including a memorable closing show on October 19 to be performed by Cirque de Soleil, which was born in this city twenty some years ago and has continually been supported by its citizens since then.

The key events include “the Image Mill,” the biggest multi-media architectural projection onto the huge surface of a six-kilometer-long grain mill, about the city’s past, present and future in playful animation to be produced by one and the only Robert Lepage, from June 20 until July 29. Another important thing is, of course, our main celebrations for Quebec City’s founding by Samuel de Champlain, who is believed to have settled in the city on July 3, 1608. So, we will have a series of major events from July 3 for the day’s big shows to be attended by many dignitaries from around the world, July 4 for simultaneous celebrations for Quebec and the U.S., July 5 for “Urban Opera” with the world’s greatest street artists and performers (some from Japan) paying tribute to the city, through July 6 for great family gathering by picnicking in the Plains of Abraham.

This July 6 event is important, because the Plains of Abraham was given to Quebec City as a gift to commemorate its 300th anniversary back in 1908, when this park was only made accessible to rich people from high society and not to low come class in the city. In order to signify a hundred years of democratization in Quebec society, we will have a picnic in the Plains of Abraham by inviting people from all classes. That is the point of having this event, and the family gathering will be immortalized by an aerial photograph that will be our legacy to the city’s 500th anniversary in 2108. This way Quebec City, a World Heritage Site, will be a place of encounters for all kinds of people with different historical and cultural backgrounds. So we welcome Japanese visitors to join the celebrations.
References:
400th Anniversary of Quebec City:
http://www.ville.quebec.qc.ca/en/400_anniversaire/
Quebec 1608-2008; Calendar of Events:
http://www.monquebec2008.com/MonQuebec2008/?lang=en-ca

(Written by T. Miyao)
-------------------------------------------------------------
デニ・レガレ氏
ケベック市200周年記念協会・事務総長
(2007年8月31日、ケベック市記念協会事務所にて;聞き手:宮尾尊弘)

モントリオールから電車に乗り2時間ほどで、州都であるケベック市に到着。ここはモントリオールよりもはるかに小規模で共同体的な町である。今回は1976年以来2度目の訪問であったが、30年前と比べて変わらないところと変わったところがあった。城壁で囲まれ、シャトーフロントナックがシンボルの旧市街はまったく変わっていないように見えたが、ビジネスや観光が様変わりで今回は大きく盛り上がっていた。それというのも、ケベック市は今年の大晦日から始まって10ヶ月続く400周年記念のイベントに向けて準備を開始しているからである。それについてよく知るために、まずケベック市400周年記念協会を訪れた。

レガレ氏とのインタビュー・サマリー

間もなくケベック市400周年記念を祝う一大パーティーが開催されるが、二つの違った祝い方がある。一つは多くのVIPを招いて公式の祝賀行事を行う方法である。しかし我々はもう一つの自分のやり方を選び、一般の人たちのために10ヶ月間のお祭りを開催することにして、今年の12月31日から来年の10月19日まで130以上のイベントを企画している。例えば最大のイベントの一つは、ケベック市で20数年前に生まれて以来、市民から支持されて育ったシルク・ド・ソレイユによる最終日の特別な閉幕パフォーマンスである。
その他の重要イベントには、「イメージ・ミル」があり、これはあのロベルト・ルパージュがプロデュースするケベック市の過去・現在・未来をアニメ化した内容のマルチメディア映像を、6キロメートル幅の巨大な穀物サイロの側面に投影する壮大な試みで、6月20日から7月29日まで開催される。さらに重要なのは、もちろんサミュエル・ド・シャンプランがこの地に到着した1608年の7月3日を記念するメインイベントが4日間にわたって行われることで、世界各国からの来賓が参加するビッグなショーが行われる7月3日から始まり、ケベックと米国の両方にとって共通の祝日である7月4日、世界からベストのストリート・パフォーマー(日本からも何人か)が集まる「アーバン・オペラ」が開催される7月5日、さらにはアブラハム平原広場で一般民衆のピクニックがある7月6日まで続く。
この7月6日の市民参加のイベントが重要なのは、このアブラハム平原広場が300周年を祝う1908年に贈り物としてケベック市に寄贈されたが、当時はこの広場に富裕な上流階級の人間しか入ることができず、貧困な下層階級の人間は排除されていたからである。そこで過去100年のケベック社会の民主化を象徴するために、今回はあらゆる階層の人たちをこの広場に招いてピクニックを行おうというものである。それがこのイベントを開催するポイントで、その人々の集まりを航空写真に収めて今回の「遺産」として残し、2108年の500周年記念まで伝えるつもりである。このように、世界遺産であるケベック市は、色々と異なる歴史的・文化的な背景をもつ人々がお互いに遭遇する場所となるであろう。したがって、日本からの参加も大いに歓迎するものである。.
参考:
ケベック州政府観光局公式サイト:
http://wcs.ne.jp/bonjourquebec/
トラベルビジョン:ケベック・シティ、誕生から400周年:
http://www.travelvision.jp/modules/news1/article.php?storyid=30279&cid=23
400周年記念イベント・カレンダー(英語):
http://www.monquebec2008.com/MonQuebec2008/?lang=en-ca

(文責:宮尾尊弘)
  1. 2007/09/29(土) 23:59:59|
  2. Interviews
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Interview with Dr. Charron: シャロン博士のインタビュー

Interview with Dr. Charron: シャロン博士のインタビュー

Interview Series #16 (@Montreal): インタビュー#16
70830Party16.jpg

Dr. Claude-Yves Charron and Mrs. Charron, Misa Hirai
Interviewee: Dr. Claude-Yves Charron
Vice-Rector, University of Quebec at Montreal
(Date: August 30, 2007; Place: Dr. Charron's Residence, Fontainebleau, Blainville; Interviewer/Writer: Takahiro Miyao)

I am fortunate to have been acquainted with Dr. and Mrs. Charron for several years now, and once worked with them to organize a joint symposium on Quebec-Japan relations at UQAM in 2003. This time I enjoyed joining them at their new home in a beautiful community just outside the city, and interviewing Dr. Sharron to learn from his insight into challenges for Quebec business in Japan.

Summary of Dr. Charron’s Interview

There seem to be a couple of reasons why Quebec companies are not doing business with their Japanese counterparts, at least as much as they should. Aside from really large global businesses, relatively small companies in Quebec are not interested in a far distant region like Asia in the first place, and could only be attracted to rapidly growing economies such as China and India. Furthermore, if they ever get interested in doing business in Asia, they would prefer to engage in a highly profitable project, however risky it might be, to overcome costly entry barriers. Then, China or India might look much more promising than Japan. In other words, Japan is just not in the radar of small business in Quebec.

Yet another reason why there is not much business as it should be between Quebec and Japan is a big difference in negotiation style. It is customary on the part of Quebec companies to take tough stance with strong demands at the beginning of their negotiations, whereas the almost opposite stance is normally taken by Japanese companies. Therefore, Japanese negotiators, who are not accustomed to the Quebec style of negotiation, tend to think that their initial difference with their counterpart would be too big to overcome and thus give up their negotiations.

All this is very unfortunate, because Japan should be a place where Quebec companies could do business well, at least in the long run. Japan is a well developed society with a very large domestic market, where consumers are similar to their counterparts in Quebec in terms of income and taste. Therefore, we need to collect, disseminate, and exchange as much information as possible to inform each other of business opportunities as well as risks.
References:
Curriculum Vitae: Claude-Yves Charron:
http://www.mic.unisi.ch/charron_cv_en_edited.pdf
"2003 GLOCOM Montreal Forum Summary"
Jointly organized by Claude-Yves Charron & Takahiro Miyao
http://www.glocom.org/special_topics/activity_rep/20031215_miyao_mf/
(Written by T. Miyao)
-------------------------------------------------------------
クロード・イヴ・シャロン博士
ケベック大学モントリオール校副学長
(2007年8月30日、シャロン博士夫妻宅にて;聞き手:宮尾尊弘)

シャロン博士夫妻とは数年前から親しく交流させていただいており、2003年には一緒にケベック大学モントリオール校で日本ケベック関係についてのシンポジウムを共催した間柄である。今回は素晴らしい郊外のコミュニティにあるご夫妻の新居にお招きいただき、おもてなしいただいた。その上、シャロン博士にはインタビューで、日本とのビジネスでケベックの企業が直面する問題について非常に示唆に富むお話しをうかがうことができた。

シャロン博士とのインタビュー・サマリー

ケベックの企業が日本の企業とビジネス関係を築くことがなぜ難しいかについては、いつかの理由があるように見える。グローバルな大企業を除けば、ケベックの中小企業は遠くはなれたアジア地域にはあまり興味はなく、仮に興味を持つとすれば急成長している中国やインドに限られよう。さらにアジアでビジネスをやりたい企業でも、初期投資のコストをカバーするために、リスクにかかわらず利益率の高いプロジェクトを求める傾向があり、その場合は中国やインドのほうが日本よりも魅力的に見えるであろう。つまりケベックの企業の視界の中に日本は入っていないのである。
さらにケベックと日本との間のビジネスが進展しないもう一つの理由は、両者の交渉スタイルがかなり違うからである。ケベックの企業は交渉の最初には強い態度に出て高い要求を突きつけることが多いが、日本企業の交渉スタイルはまったくそれとは正反対なものである。したがって、ケベックの交渉の仕方に慣れていない日本側の交渉者は、最初の要求のあまりの違いに、交渉することをあきらめてしまう傾向がある。
しかしこれは非常に不幸なことである。なぜなら日本はケベックの企業が長期的にビジネスを成功させることができる場所だからである。日本は巨大な市場を持つ先進社会で、その消費者はケベックの消費者と同じような所得と嗜好を持っている。したがって、我々はお互いに情報の収集、発信、交流を行うことによって、ビジネスのチャンスとリスクについてよく知る必要があるといえよう。
参考:
クロード・イヴ・シャロン博士の略歴:
http://ca.linkedin.com/pub/claude-yves-charron/8/577/349
2003年GLOCOMモントリオール・フォーラムの要旨:
Jointly organized by Claude-Yves Charron & Takahiro Miyao
http://www.glocom.org/special_topics/activity_rep/20031215_miyao_mf/
(文責:宮尾尊弘)
  1. 2007/09/27(木) 23:27:06|
  2. Interviews
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。