JAPAN-QUEBEC:日本・ケベック情報

To Promote Japan-Quebec Relations by Posting Information about Quebec: カナダ・ケベック州の情報を発信して日本・ケベック関係を促進する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Talk with Dr & Mrs Charron and their son シャロン博士夫妻、息子さんとの会話

Conversation with Dr. Charron, Misa and Michio Hirai
シャロン博士夫妻と道雄さんとの会話 @モンレアル(モントリオール)(2015年8月29日)

Claude=Yves Charron, Misa and Michio Hirai
クロード=イヴ・シャロン博士、平井みさ夫人、道雄さん
150829Sb18.jpg

On Saturday, August 29, I was invited to Dr. Claude=Yves Charron’s house in a suburb of Montreal, where I had a very enjoyable conversation with Dr. Charron, his wife Misa Hira along with their son Michio over lunch in their backyard.

First, Dr. Charron pointed out some delays and gaps in information about Japan in Quebec with virtually no reference to Japan’s politics, business, or society in the mass media these days. Even though Japan has sometimes been mentioned in connection with the Trans-Pacific Partnership agreement, no analysis is done regarding its geopolitical implications on Japan vis-à-vis China’s hegemony in the Asia-Pacific region.
However, he said that despite this lack of information about Japan in the mass media, which may at least partly be due to the insufficient information disseminated from Japan, more and more people, both young and old, seem to be attracted to Japanese culture and society and attending various events and exhibitions about Japan, such as Otakuthon, which is Quebec’s largest anime convention, and the Hiroshima memorial concert by the Montreal Symphony Orchestra and its music director, Kent Nagano (http://www.rcinet.ca/fr/2015/08/05/hiroshima-70-ans-apres-montreal-sen-souvient/).

Then, Mrs. Misa Hirai, who is teaching Japanese at the University of Quebec at Montreal, commented that the enrollment in her Japanese language course started to increase significant three years ago and is about 350 students this year, almost three times as many as those studying the Chinese language.
According to her, this may well be due to students’ increasing interest in Japan’s pop culture such as manga, anime, games, movies, fashion, design, etc., and this seems to be a good first step toward wider interests in Japanese culture, history and society in general.

Later their son Michio joined the conversation, saying that quite a few friends of his, who actively participated in Otakuthon and other similar events, have visited Japan and wanted to stay there, but visiting Japan is one thing and living there is another. There are still numerous obstacles for foreigners to live even in a cosmopolitan city like Tokyo, such as formal restrictions and informal discriminations on residential arrangements and professional activities. He pointed out the example of Canadian anime song singer, HIMEKA, who had to give up her career in Japan last year for failing to find a new agency to sponsor her stay after a several years of successful singing career in Japan.
Michio himself, while having mostly enjoyed his stay in Tokyo on his internship program a couple of years ago, sometimes found it difficult to adapt to Japanese behavior at work such as long working hours, staying up with his colleagues until 10 or 11pm.

As a conclusion, the four of us, including myself, agreed that while we all recognize and appreciate so many interesting and valuable contents, events and heritages in Japan, there is much room for improvement and reform to make them more visible and acceptable to the general public in Canada and elsewhere around the world.

References:
Talk with Dr. and Mrs. Charron (6/28/2008):
http://japanquebec.blog76.fc2.com/blog-entry-44.html
Interview with Dr. Charron (8/30/2007):
http://japanquebec.blog76.fc2.com/blog-entry-24.html

-------------------------------------------------------------------------
シャロン博士夫妻と道雄さんとの会話 @モンレアル(モントリオール)

8月29日(土)に、モンレアル郊外にあるクロード=イヴ・シャロン先生のご自宅に招待され、裏庭でランチをごちそうになりながら、先生と奥様のみさ夫人と息子さんの道雄さんとの会話を楽しみました。

まず、シャロン先生はケベックで日本の情報がなかなか入手できず、マスコミも日本の政治・社会・文化などをあまり伝えていないので、情報ギャップを感じている。時折TTP(環太平洋戦略的経済連携協定)の交渉との関連で日本が取り上げられることもあるが、この協定が持つ日本対中国のアジア太平洋地域の覇権に関する地政学的な意味を分析しているものは見当たらないとのこと。
ただし、日本からの情報発信の不十分さもあってマスコミであまり日本が取り上げられないにもかかわらず、こちらの人々は老若男女を問わず、ますます日本の文化や社会に対する関心を高めており、日本についての展示やイベントに多くの人が参加しているとのことで、例えばケベック州最大のアニメ・コンベンションであるOtakuthonや広島原爆投下70周年を記念するケント・ナガノ率いるモンレアル管弦楽団のコンサートなどに大勢の人が参加したそうです。(http://www.rcinet.ca/fr/2015/08/05/hiroshima-70-ans-apres-montreal-sen-souvient/

これを受けて、みさ夫人がご自分で教えているケベック大学モンレアル校での日本語のコースを履修する学生数は、三年前から急激に増え、今年は350名になり、中国語を履修する学生数の三倍近くにもなったことを指摘されました。これはおそらく学生たちの間で、マンガ、アニメ、ゲーム、映画、ファッション、デザインなどのポップカルチャーへの興味が高まっているためと思われますが、より広い日本文化、歴史、社会などに対する興味に結びつく第一歩であろうと言われていました。

ここで遅れてランチに参加された息子さんの道雄さんが会話に加わり、友達の多くがOtakuthonなどのイベントに参加しており、そのうち何人かが日本に行って大変気に入り、日本に住みたがったが、しかし日本は旅行するのと住むとでは大違いで、東京のような国際都市でもまだ外国人に対する居住および職業上の規制や差別がたくさんあるとコメントされました。一つの例として、過去数年間日本でアニメソングの歌手として活躍したカナダの女性歌手のHIMEKAが、昨年所属プロが見つからず日本を去らざるをえなかったことがあげられました。
道雄さん自身も、二年ほど前にインターンで東京に滞在した際、色々と楽しい思いをしたものの、仕事の上で夜10~11時まで仲間と一緒に働かざるをえないという日本人の仕事のやり方にはなかなか慣れなかったとのことでした。

私を含めて四人が会話の結論として、日本には興味深く価値のあるコンテンツやイベントや遺産などがたくさんあることは高く評価できるものの、それらをカナダやその他の国の人々にもっとはっきり分かるようにまた受け入れられやすいように改善し改革する余地もまた多くあるということで同意しました。

参考
シャロン博士夫妻との会食と意見交換(2008/6/28)
http://japanquebec.blog76.fc2.com/blog-entry-44.html
シャロン博士のインタビュー(2007/8/30)
http://japanquebec.blog76.fc2.com/blog-entry-24.html
スポンサーサイト
  1. 2015/09/11(金) 23:27:51|
  2. Report

Conversation at Quebec Gov’t Ministry of Int’l Relations ケベック州政府国際関係省での対話

Conversation at Quebec Government MRIF (August 31, 2015)
ケベック州政府国際関係省での対話(2015年8月31日)

M. Etienne Baillargeon, Mme. Maude Cote, and M. Donald Leblanc
エティエンヌ・バイヤルジョン氏、モード・コテ女史、ドナルド・ルブラン氏
150831Q18.jpg

On Monday, August 31, I visited the Ministry of International Relations and Francophonie (MRIF) at the Headquarter Building in Quebec city, where I was greeted by three officials in charge of Asia and Japan, M. Donald Leblanc (Asia-Pacific, Latin America and Caribbean Director), Mme Maude Cote (Chief of the Japan, Korea and Oceania Desk), and M. Etienne Baillargeon (Officer at the Japan, Korea and Oceania Desk).
The main purpose of my visit was to exchange opinions and information with the Quebec officials about recent cultural activities concerning both Japan and Quebec.

First, in response to a surprisingly strong interest in Japan’s pop culture and the “Cool Japan” concept on the part of the Quebec officials, I tried to outline the recent strategy of the Japanese government to promote and support Japan’s popular culture such as anime, manga, games, films, fashion, design, cuisine, etc. for the purpose of marketing culture-related goods and services abroad as well as attracting foreign tourists to Japan in connection with the 2016 Summit in Mie Prefecture and the 2020 Olympics in Tokyo.

The timing and location for our discussion on this subject matter seemed perfect, as the National Museum of Fine Arts of Quebec near the Parliament Building (http://www.mnbaq.org/) was featuring the special exhibitions about Japan, “Inspiration Japan" (Japonism) and “Nippon-Fiction" (a Quebec artist’s traditional Japanese-style pop culture), which I enjoyed viewing, prior to my meeting at the Ministry.
Then, we discussed possible ways to encourage the exchange of artists and creators between Japan and Quebec. As pointed out by the officials, a number of Quebec artists such as dance performers have visited Japan for a short stay supported by the Quebec government, but there has not been any such arrangement for Japanese artists to stay in Quebec supported by the Japanese government so far, and it might well be under consideration by the Japanese government in the context of the Cool Japan strategy, especially in some pop culture fields such as anime, manga, games, films, cuisine, etc.

Then our discussion led to a possibility of creating a kind of “matching site” as a platform to introduce artists and creators on one hand and sponsors and business people on the other to facilitate mutual exchange of information and possibly business interaction between Japan and Quebec. However, the important question about this idea is how to meet the “quality” and “legal” requirements for real collaboration between them across national boundaries. Our tentative conclusion was that as a first step professional organizations such as film industries in Japan and Quebec could be interested in creating a platform for more active interactions between Japanese and Quebec film industries. As a result of this kind of step-by-step approach, a more comprehensive, across-the-board matching platform for artists/creators and hosting/business organizations might emerge in the long run.

All this discussion took place within an hour just as scheduled, which implies how efficient the Quebec government, or at least the MRIF, operates, and I truly enjoyed talking with those three officials in such a friendly and productive manner, hoping that Japanese government officials could learn from them in this respect.

References
Quebec Premier’s speech in Japan (August, 2011):
http://japanquebec.blog76.fc2.com/blog-entry-76.html
My visit to Montreal and Quebec city (August, 2007)
http://japanquebec.blog76.fc2.com/blog-date-200709.html
-------------------------------------------------------------------------
ケベック州政府国際関係省での対話(2015年8月31日)

8月31日(月)に、ケベック市の州政府国際関係省(MRIF)の本部を訪れ、アジア・日本担当であるドナルド・ルブラン氏(アジア太平洋、ラテンアメリカ、カリブ諸国担当ディレクター)、モード・コテ女史(日本、韓国、オセアニア担当チーフ)とエティエンヌ・バイヤルジョン氏(日本、韓国、オセアニア担当官)の3名と会うことができた。
州政府の担当者と会見する目的は、日本とケベックにかかわる最近の文化活動についての意見や情報を交換することであった。

最初に驚いたのは、ケベックの担当官たちが日本のポップカルチャーやクールジャパンに対して持つ関心の強さで、その質問に答えて、まず私から日本政府がアニメ、マンガ、ゲーム、映画、ファッション、デザイン、さらには和食などのポピュラーカルチャーを支援してそれに関するグッズやサービスを海外に売り込むとともに、2016年の三重県伊勢志摩サミットや2020の東京オリンピックに向けて外国人の観光客を日本に呼び込もうという最近のクールジャパン戦略について説明した。

実際、ここでこのようなテーマについて議論するのはタイミング的にも場所的にもまさにベストで、ちょうど州政府の庁舎の近くにあるケベック州美術館(http://www.mnbaq.org/)で、日本に関する特別展示が行われていた。それは「ジャポニズム」の時代を取り上げた「Inspiration Japon」とケベックのアーティストによる日本の伝統を題材とするポップアート「Nippon-Fiction」というもので、私は国際関係省を訪れる前にこれらの展示を見て回って大いにエンジョイすることができた。

それから州政府担当者たちと、日本とケベックの間でどのようにアーティストやクリエーターの交流を促進することができるかを議論したが、すでにダンスパフォーマーについてはケベックから何人かが州政府の支援を得て日本に短期間滞在し交流を深めているが、逆に日本のアーティストやパフォーマーが日本政府の支援でケベックに滞在するプログラムはこれまでなかったのではないかという点が、州政府担当者から指摘された。それについては、アニメ、マンガ、ゲーム、映画、日本食料理などの分野で、現在日本政府が「クールジャパン戦略」の一環として考えているのではないかという期待も表明された。

さらに、日本とケベックのアーティストやクリエーターとスポンサーやビジネスの間を取り持って、情報交換やビジネス交流を促進するようなプラットフォームのウェブサイトを立ち上げる可能性などが議論されたが、重要な問題は、どうやって質的および法律的な要件をクリアーして、国境を越えた真の協力を促進することができるかということであった。暫定的な結論は、まず第一歩として、例えば日本とケベックの映画産業の協会などが相互の交流を促進するためのプラットフォームづくりに興味を示すべきで、そのような段階を踏んで、やがて長期的により包括的で横断的な形でアーティストやクリエーターと受け入れ機関やビジネス組織とを引き合わせるプラットフォームが生まれてくるであろうという展望が示された。

指摘されるべきは、以上のような議論がすべて予定通り1時間以内に行われたということで、それはケベック政府ないし国際関係省がいかに物事を効率的に処理しているかを示しているものと思われる。その間、3名の担当官は非常に友好的かつ生産的な態度で接してくれたことが印象的であった。そのような態度から日本の政府関係者も大いに学んでほしいものである。

参考
日本でのケベック州首相の講演(2011年8月)
http://japanquebec.blog76.fc2.com/blog-entry-76.html
モンレアル・ケベック訪問(2007年8月)
http://japanquebec.blog76.fc2.com/blog-date-200709.html
------------------------------------------------------------------------
  1. 2015/09/08(火) 03:38:52|
  2. Report

Conversation with Prof. Marcel Martel マルセル・マルテル教授との対話

Conversation with Prof. Marcel Martel @York University
マルセル・マルテル教授との対話 @ヨーク大学(2015年9月2日)

Prof. Marcel Martel & His Most Recent Book マルテル教授と最新著書
150902Martel177.jpg150902MGood9.jpg

On Wednesday, September 2, I visited York University in Toronto, where I met Professor Marcel Martel and asked him about his current research interest. Since it was just before the fall semester starts, the campus was very quiet and we had a leisurely conversation over lunch at a nice faculty dining room.

First, Prof. Martel referred to his new book, “Canada the Good: A Short History of Vice since 1500” (2014), which was a basis for some of the speeches that he gave in Japan last year. Then, in response to my question about his current research agenda, he said he is now working on the issue of the “Canadian identity,” which is yet to be defined and shared by all citizens in a society, where most of the English-speaking Canadians celebrate Queen Victoria’s Birthday, French-speaking Canadians honor St Jean-Baptiste Day, etc.

That sounded like an ever-lingering problem in what might be called a “mosaic” society, rather than a “melting pot” like the United States of America. So, I am anxious to know a conclusion, however tentative, of his ambitious research to deal with this problem.

Then, our conversation turned to the topic of Japanese popular culture such as anime, manga and sushi, which are attracting more and more attention from Torontonians these days, according to Prof. Martel. He pointed out that, especially in the case of Japanese food, it has become so popular, because it is healthy to each fish and vegetables, which are the main ingredient of Japanese cuisine. This “high culture” aspect might also apply to other genres of Japanese pop culture such as anime, where Hayao Miyazaki’s artistic works have made Japanese amine a kind of fine art, rather than children’s comics, leading to the wide popularity among the young and the old all over the world.

Prof. Martel and I agreed that it would be quite interesting to study the history and strategy of a country’s popular culture to penetrate into other countries with different cultural backgrounds from the comparative viewpoint, such as Japanese vs. Korean pop culture accepted in North America in somewhat different ways.

References:
Marcel Martel, Canada the Good: A Short History of Vice since 1500 (2014, WLU Press)
http://www.wlupress.wlu.ca/Catalog/martel-m.shtml
Reports on Prof. Marcel Martel’s lectures in Japan (October/November 2014):
http://ajeq14.blog.fc2.com/blog-entry-19.html
-------------------------------------------------------------------------
マルセル・マルテル教授との対話 @ヨーク大学

9月2日(火)にトロントのヨーク大学を訪れ、マルセル・マルテル教授に会って、現在進めている研究についてお聞きした。ちょうと秋学期が始まる直前だったため、キャンパスはとても静かで、居心地のよい教員用のダイニングルームでランチを取りながらゆっくり話をすることができた。

まずマルテル教授は、最新の著書『Canada the Good』(2014年)に言及し、昨年日本で行った講演のいくつかはこの著書の内容に基づいていたことを指摘した。さらに現在行っている研究テーマは何かという質問に対しては、「カナダ人のアイデンティティ」というテーマに取り組んでいるとのことであった。実際に、英語を母国語とするカナダ人の多くはヴィクトリア王女の誕生日を祝い、フランス語を母国語とするカナダ人はセントジョン・バプティストの日を祝うといったような社会で、カナダ人のアイデンティティがどう定義され、どう共有されるのかはまだ不明である。

それは、アメリカ合衆国のような「メルティング・ポット(るつぼ)社会」と異なり、カナダのような「モザイク社会」では、いつまでも引きずっていく問題ともいえる。したがって、マルテル教授の野心的な研究の成果が、いかに暫定的なものであっても、今から期待されるところである。

その後、話題は日本のポップカルチャーのトピックに移り、マルテル教授によれば、このところアニメ、マンガ、寿司などがトロントで大いに注目を集めているとのことであった。日本食については、その主な食材である魚や野菜が健康食として認識されたことが人気に火をつけたといえるが、この「ハイカルチャー」という性格は日本のポップカルチャーの他のジャンルにも当てはまり、例えばアニメでは、宮崎駿の芸術的なアニメが日本のアニメを、子供用のコミックというよりは、一種の芸術作品にしたことが、広く世界中の老若男女を引き付ける結果になったといえる。

マルテル教授との話の結論として、ある国のポピュラーカルチャーが他国に浸透する歴史と戦略について比較研究することは、例えば日本と韓国のポップカルチャーが北アメリカで受け入れられる過程の違いを研究するといったように非常に興味深いものではないかということであった。

参考:
マルセル・マルテル著『Canada the Good: A Short History of Vice since 1500』(2014年、WLU Press)
http://www.wlupress.wlu.ca/Catalog/martel-m.shtml
マルセル・マルテル教授の日本での講演(2014年10~11月)
http://ajeq14.blog.fc2.com/blog-entry-19.html
  1. 2015/09/06(日) 22:05:59|
  2. Report

What Japan Can Learn from Quebec: ケベックから日本が学ぶもlの

What Japan Can Learn from Quebec

現代ケベック講座の講義ノート:於明治大学(2012年1月17日)
Lecture Note in Modern Quebec Course at Meiji University (1/17/2012)

講師:宮尾尊弘(筑波大学名誉教授)
Speaker: Takahiro Miyao (Emeritus Professor, University of Tsukuba)
--------------------------------------------------------------------------------------
ケベックから日本が学ぶもの
What Japan Can Learn from Quebec

歴史的な背景: ダイナミックな社会の変化
Historical background: dynamic social change

ケベック: 
伝統社会(カトリック)⇒「静かな革命」後の模索⇒社会経済の活性化
Quebec:
Traditional (Catholic) society ⇒ Soul-searching after the “Quiet Revolution” ⇒ Vigorous development of society and eonomy
日本
戦前・戦時中(軍国主義)⇒戦後社会経済の発展⇒社会経済の低迷
Japan:
Prewar & wartime militarism ⇒ Postwar socioeconomic development ⇒ Stagnation of society and economy

問1:この二つの社会の変化の違いはどこにあるのか
問2:日本はケベックの社会の変化とあり方から何を学ぶか
Q1: Why have the two societies differed from each other?
Q2: What can Japan learn from Quebec society and its change?
--------------------------------------------------------------------------------------
1. 政治
1. Politics

ケベック
政府・首相のリーダーシップ
政治主導(リーダーシップ)による社会の変容
→ 文化・言語・教育政策、開かれた制度と政策の追求
ジャン・シャレ首相による「北部開発」(世代プロジェクト)
Quebec:
Leadership of the government and the premier
Social change by political leadership
→ Culture, language, education policies, toward more open institutions and policies
“Plan Nord” (generation project) by Premier Jean Charest
日本
経済主導の社会変化
政治による「後追い」の政策
Japan:
Social change led by economic development
“Follower’s policies” by politicians
--------------------------------------------------------------------------------------
2. 経済
2. Economy

ケベック
政治主導の経済への影響
80年代までの低迷: アイデンティティと自信の確立を優先
90年以降の成長: 積極的な国際化と先端産業の推進
→ 2001-09: GDP 実質成長率13.4% (日本:実質3.0%)
Quebec:
Effects of political leadership on the economy
Stagnation until the 80s: Priority given to establishment of identity & self-confidence
Growth since the 90s: Promotion of globalization with frontier industries
→ 2001-09: GDP real growth rate 13.4% (Japan: real growth 3.0%)
日本
80年代までの成長: 国際貿易と産業高度化の推進
90年以降の低迷: 政治・政策の失敗と「失われた20年」
Japan:
Growth until the 80s: Promotion of int’l trade and industrial structural change
Stagnation since 1990: Political/policy failures and the “lost decades”
--------------------------------------------------------------------------------------
3. 先端技術
3. Frontier technology

ケベック
グローバルな視点と人材中心の先端知識産業政策
→ 航空宇宙、情報、マルチメディア、ゲーム、医薬品、バイオ、環境
ITの広範な活用、デジタル・デバイドの克服
→ 政治・社会・文化分野への積極的な応用
Quebec:
Policies for frontier knowledge industries with human resources & global perspectives
→ Aerospace, information, multimedia, pharmaceutical, biotech, environment, etc.
Efforts to utilize IT widely and overcome digital divide
→ Active application of IT to political, social & cultural fields
日本
国内の大企業主導の既存技術産業政策
技術・産業の「ガラパゴス化」
Japan:
Policies for existing technology industries led by domestic big businesses
“Galapagos”-like development of Japan’s technologies and industries.
--------------------------------------------------------------------------------------
4. 外交
4. Diplomacy

ケベック
州の積極的な経済「外交」
→ 自由貿易協定・NAFTAの推進役(他州の消極論を克服)
州としての海外広報戦略
→ 広報・文化外交の展開(「ケベック講座」支援など)
Quebec:
Active “economic diplomacy” by Quebec government
→ Promotion of FTA such as NAFTA (in contrast to other provinces)
Overseas PR strategy by Quebec government
→ Public/cultural diplomacy (ex; support for “Quebec course” at Meiji Univ.)
日本
自由貿易協定への消極的姿勢(意見対立)
対外的な広報政策の不十分さ
Japan:
Indecision (division in public opinions) over FTAs
Insufficient public relations diplomacy
--------------------------------------------------------------------------------------
5.社会
5. Society

ケベック
「インター・カルチュラリズム」の模索
→ 独自の文化社会と異なる文化社会の「共生」追求
生活の質(QOL)・男女共同参画社会の推進
→ 寛大な育児休暇制度の制定と普及、事実婚の認定
Quebec:
Searching for “interculturalism”
→ “Coexistence” of Quebec’s unique culture and other cultures
Promotion of QOL, and gender equality in society
→ Generous maternity/childcare leave and common-law marriage system
日本
企業文化の硬直化、文化的格差の固定化
生活の質の低下、男女格差の拡大
Japan:
Rigidity in corporate culture and cultural differences in society
Declining QOL and increasing gender inequality
--------------------------------------------------------------------------------------
6.文化・芸術
6. Culture/arts

ケベック
文化・芸術の戦略的推進
→ 現代舞台芸術(演劇・ダンス・サーカス)の国際展開の支援
アーティスト・クリエーターの優遇
→ アーティストの公的認定と優遇・支援体制の整備
Quebec:
Strategic promotion of culture/arts
→ International promotion of contemporary performing arts (drama, dance, circus, etc.)
Support for artists and creators
→ Public recognition of artists and public support programs
日本
現代文化芸術政策の戦略性の欠如(サブカルチャー化)
アーティスト・クリエーター冷遇とビジネス組織優先
Japan:
Lack of strategy for contemporary art promotion (resulting in “subculturalization”)
Disadvantages for artists and creators, controlled by business organizations
--------------------------------------------------------------------------------------
7.言語
7. Language

ケベック
母国語(フランコフォーン)の維持と推進
→ アイデンティティとしての言語と国内外での推進活動
バイリンガリズム(英語その他の言語)の採用
→ カナダおよび国際社会の一員としての自覚
Quebec:
Maintenance and promotion of mother tongue (francophone)
→ Language as identity and its domestic and international promotion
Adoption of bilingualism (with English and other languages)
→ Self-recognition as a member of the Confederation and International community
日本
日本語教育の問題点(作文力・会話力・論理の衰退)
バイリンガル政策・教育の問題点(誤った二者択一論)
Japan:
Problems in Japanese language education (decline in skills in composition, conversation and logic)
Problems in bilingual policy/education (wrong alternative approach)
--------------------------------------------------------------------------------------
ケベックから学ぶもの:結論
What to learn from Quebec: Conclusion

社会の推進力の違い: ケベックの活性化と日本の低迷
Difference in social dynamism: Quebec’s vitality and Japan’s stagnation

ケベック
目的:母国語(フランコフォーン)と独自文化の確立・維持・発展
→ 目的達成への制度・政策の展開(米国・欧州との関係強化)
Quebec:
Purpose: establishment, maintenance and development of its language (francophone) and unique culture
→ Adoption of institutions and policies to achieve this goal (by strengthening its relations with the US and Europe)
日本
目的:「経済成長による先進国の仲間入り」の達成と目的の喪失
→ 目的・価値の多様化および制度・政策についての意見対立
学ぶもの: リーダーシップによる目的・価値・制度・政策の再構築
Japan:
Purpose: Achievement of its goal “to join the advanced nations club by economic growth” and sense of loss in national purpose
→ Diversification of goals and values, and lack of consensus for institutional and policy changes
Lessons to learn from Quebec:
Reconstruction of values, institutions & policies by political leadership
-------------------------------------------------------------------------------------
  1. 2012/02/21(火) 15:34:36|
  2. Report

Phil Wood "Intercultural City": フィル・ウッド「インターカルチュラル・シティ」

“Intercultural City: Planning for Diversity Advantage at the City Level”
JRIPEC Lecture Series at Aoyama Gakuin University

Lecturer: Mr. Phil Wood, Urban Therapist, Comedia, UK
Day/Time: January 20, 2012; 2:00-4:00pm
Place: So Ken Building, Aoyama Gakuin University, Tokyo
Organizer: JRIPEC (Joint Research Institute for International Peace and Culture), Aoyama Gakuin University
Moderator: Dr. Sayoko Iizasa, JRIPEC, Aoyama Gakuin University

120120W20.jpg

Mr. Phil Wood, as a leading proponent of “interculturalism,” gave a talk about the benefits of diverse people interacting with each other in city development.

After emphasizing the importance of a change in mindset about diversity, not as a threat but as an opportunity for creativity and innovation, Mr. Wood critically reviewed the past city policies for immigrants in Europe, namely, “guest worker policy” in the UK, “assimilation city policy” in France, and “multicultural city policy” in Scandinavian countries. Rather than adopting such policies that fail to encourage the interaction of diverse people including immigrants, cities should take the “intercultural cities” approach to give reasons and incentives for diverse people to interact, along with places, institutions, agents and tools of interaction. In other words, the city might be regarded not as a static machine but as a dynamic ecosystem, where social conflicts are managed rather than suppressed in order to achieve the diversity advantage of human interaction, according to Mr. Wood.

Finally, he gave his reflections on Japan regarding interculturalism, and pointed out the existence of fears and barriers which are preventing accommodation of diverse people including foreigners in many Japanese cities. At the same time, however, Mr. Wood took note of many city administrators and community leaders who are capable of dealing with potential conflicts and creating diverse advantage for their cities and regions, such as Hamamatsu City with emphasis on public education for all children including foreigners living in the city.

Throughout his talk and Q&A session, Mr. Wood’s positive and optimistic attitude toward interculturalism was quite impressive and persuasive, making the audience feel a little better about the future of city life in the globalized world.

References:
Phil Wood Home:
http://philwood.eu/
Phil Wood and Charles Landry “Intercultural City”
http://philwood.eu/#/books-for-sale/4538051660

-----------------------------------------------------------------------------
「インターカルチュラル・シティ:文化の多様性を活かす都市政策の実践」
青山学院大学国際交流共同研究センター講演会

講師:フィル・ウッド氏
日時:2012年1月20日(金)14:00-16:00
場所:青山学院大学・総研ビル3階第11会議室
主催:青山学院大学国際交流共同研究センター
司会:飯笹佐代子博士・青山学院大学国際交流研究センター

「インターカルチャリズム」の先駆的な提唱者であるフィル・ウッド氏は「インターカルチュラル・シティ」のテーマを取り上げ、都市の発展において多様な人々の交流が生み出す利益について講演を行った。

ウッド氏は、多様性を脅威としてではなくチャンスとして捉えるような意識改革の重要性を強調するとともに、ヨーロッパでこれまで取られてきた移民のための都市政策、具体的にはイギリスの「ゲストワーカー政策」、フランスの「同化都市政策」、北欧諸国の「多文化都市(マルチカルチュラル・シティ)政策」などを批判的に取り上げた。そのような移民を含む多様な人々の交流を阻害する政策を取るのではなく、都市は「インターカルチュラル・シティ」のアプローチを取るべきで、多様な人々が交流するための目的や誘因を与え、また交流の場所、制度、支援者、手段も提供する必要がある。つまり、都市は静的な機械ではなく、動的なエコシステムとしてみなされるべきで、多様な人々の交流の優位性を達成するためには、対立を抑制するのではなく明らかにしてマネージすることが望ましいというのがウッド氏の主張であった。

最後に、日本のインターカルチャリズムについての印象として、多くの日本の都市において外国人を含む多様な人々を受け入れることを阻む障害や恐怖感があることを指摘した。しかしその一方でウッド氏は、日本では多様性から生じる対立をうまく処理し、逆に多様な交流の優位性を生み出す能力をもつ都市の行政担当者や地域のリーダーたちが多くいるようであると述べ、外国人を含むすべての住民の子供たちに公的な教育を保証する宣言を行った浜松市の例を取り上げた。

講演でも質疑応答でもウッド氏が示したインターカルチャリズムに対する常にポジティブで楽観的な見方は、非常に印象的で説得力のあるものであった。それはグローバル化した世界における都市生活の将来についての希望を参加者に与えたといえよう。

参考:
フィル・ウッド氏のホームページ:
http://philwood.eu/
フィル・ウッド氏の著書「インターカルチュラル・シティ」:
http://philwood.eu/#/books-for-sale/4538051660
  1. 2012/01/21(土) 23:04:46|
  2. Report

Miyao Lecture: "What Japan Can Learn from Quebec"

Miyao Lecture: "What Japan Can Learn from Quebec"

Contemporary Quebec Course at Meiji University:
“What Japan Can Learn from Quebec”
Takahiro Miyao (Emeritus Professor, University of Tsukuba)

Date/Time: January 17, 2012; 1:00-2:30pm
Place: Liberty Tower Room 1143, Meiji University, Tokyo
Coordinator: Professor Yoshikazu Obata

Based on students’ responses to a questionnaire on what Japan can learn most from Quebec, Prof. Miyao lectured on the strengths of Quebec compared to Japan in each of the following areas: political leadership, economic vitality, frontier technology, public relations diplomacy, social reform, cultural strategy, and language policy.
It was concluded that in all of these areas, especially the political initiative for the project of a generation “Plan Nord”, Japan could learn a lot from Quebec in order to overcome the two decades of stagnation and revitalize its economy and society.
After the lecture, the students’ interests in Quebec seem to be broadened from culture and languages to include political, economic and social aspects, according to their revised responses to the same questions given before the lecture.

For the English translation of the presentation material, see the following:
http://japanquebec.blog76.fc2.com/blog-entry-80.html
For a Japanese version of this report with some photos, see the following AJEQ Blog:
http://ajeq.blog.so-net.ne.jp/2012-01-18

宮尾教授は日本がケベックから何も学べるかについて、講義の前に受講生に向けて行ったアンケートの結果に基づき、以下のそれぞれの分野で日本が学ぶべきケベックの強みについて講義した:政治リーダーシップ、経済のバイタリティ、先端技術、広報外交、社会改革、文化戦略、および言語政策。
結論は、以上のすべての分野で、特に世代プロジェクトである「北部開発」を打ち出す政治的なイニシアチブなどについて、日本がケベックから学べば、過去20年におよぶ停滞を克服し、経済社会を再活性化できるであろうというもの。
講義の後で受講生に前と同じアンケートの質問をしたところ、学生たちの興味が、文化や言語だけから政治・経済・社会の側面をも含むものに広がったようであった。
なお、プレゼンの資料の英語版は以下を参照:
http://japanquebec.blog76.fc2.com/blog-entry-80.html
また、より詳細なレポートと写真は、以下の日本ケベック学会・資料集ブログを参照:
http://ajeq.blog.so-net.ne.jp/2012-01-18

(文責:宮尾尊弘)
------------------------------------------------------------
  1. 2012/01/19(木) 09:45:01|
  2. Report

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。