JAPAN-QUEBEC:日本・ケベック情報

To Promote Japan-Quebec Relations by Posting Information about Quebec: カナダ・ケベック州の情報を発信して日本・ケベック関係を促進する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Interview with Prof. Roberge: ロベルジュ教授インタビュー

Interview with Prof. Roberge: ロベルジュ教授インタビュー

Interview Series #3: インタビュー・シリーズ#3
Prof. Claude Roberge Roberge4.jpg

Interviewee:
Mr. Claude Roberge
Professor Emeritus, Sophia University
(Date: October 24, 2006; Place: SJ House, Sophia University; Interviewer/Writer: Takahiro Miyao)

Summary of Prof. Roberge’s Interview:

About Fifty years ago I came from Montreal to Japan as a French Canadian Jesuit missionary in response to the Jesuit General’s call for missions to Japan. After two years of language training near Yokosuka, in addition to my religious and academic preparation, I became a member of Sophia University in the mid-1950s.
Around that time, many Quebec missionaries came to Japan, partly due to requests by the Jesuit headquarters in Rome looking to resourceful nations like Canada, and partly due to invitations by the Catholic communities in Japan looking for additional help from abroad. In fact, there were already a substantial number of Quebec missionaries living in Japan before WWII, probably around 150 in the late 1930s and the early 1940s.
Among them, a Dominican bishop in Sendai was well known and quite influential, so Sendai was even called “little Quebec” around that time.

Right after the war, Catholic missionaries saw a good opportunity in Japan to convert people who suffered during the war to Christianity. So many Quebec missionaries came over and the total number of them was increasing rapidly, hitting a peak around 400 in the 1960s.
However, their initial experience in Japan was quite challenging, as many of them came from their conservative cultural background to a completely foreign environment. Learning Japanese was difficult enough, and there were no textbooks or patterns to follow for successful missionary activities in Japan. It turned out to be very difficult to convert any Japanese into Christianity, however hard they tried.
While their efforts to influence Japanese people spiritually were not so successful as they originally wished, their contributions to education and charity were outstanding and highly appreciated by native Japanese. For example, Caritas Gakuen in Kawasaki, Kenmei Gakuin in Himeji, LaSalle School in Kagoshima, and many Catholic schools were established by Quebec missionaries, and are still contributing to the quality of education in present-day Japan, although the total number of Quebec missionaries has been gradually declining for the last three decades.

Nowadays, we see different kinds of people coming from Quebec to Japan, mostly tourists and business people, as Japan and Quebec are having good terms without any political or historical problems between them. However, I am a little concerned about the lack of spiritual exchange in our relations, as I observe quite a few young people both in Japan and Quebec with no purpose in life and feeling rather unhappy. We may need a new mission to reestablish ourselves spiritually.
References:
1) Richard Leclerc and Claude Roberge “Footsteps of the Quebec Missionaries in Japan,” The Journal of American and Canadian Studies, No. 15, Spring 1997, Sophia University:
http://www.info.sophia.ac.jp/amecana/Journal/15-4.htm
2)"Bilateral Relations: Japan-Quebec," Consulate General of Japan at Montreal:
http://www.montreal.ca.emb-japan.go.jp/english/relations/quebec-1.htm
"The history of Japan-Quebec relations dates back more than 100 years. In fact, 1998 marked the 100th anniversary of their beginning. Quebec was the first Canadian province to establish permanent contact with Japan and celebrated in 2002 the 30th anniversary of the Délégation générale du Québec à Tokyo. Missionaries from Quebec were the first from the province to establish permanent residency in Japan. Sister Hélène Paradis, from Charlesbourg, a hamlet of Quebec City, was the first to arrive in Japan on October 2nd, 1898."

(Written by Takahiro Miyao)
-----------------------------------------------------------------
クロード・ロベルジュ名誉教授とのインタビュー
クロード・ロベルジュ氏:上智大学名誉教授
(2006年10月24 日、上智大学SJハウスにて、聞き手・文責は宮尾尊弘)

ロベルジュ氏インタビューの要旨:

私は50年ほど前に、イエズス会のフレンチ・カナディアン宣教師としてモントリオールから日本に来たが、それは当時のイエズス会本部の上司から日本に宣教に行くようにという呼びかけに応えたものであった。もともとの宗教的および学問的な準備に加えて、日本の横須賀に近い訓練所で日本語を2年間学んだ後、1950年代中頃に上智大学に赴任した。
その頃、多くのケベックの宣教師が日本に来たが、それはローマの本部がカナダのような豊かな国に期待して指示を与えたことと、日本にすでにあったカトリックのグループが海外に援軍を頼んだことが理由である。実際に、日本には戦前からかなりの数のケベック宣教師たちがいて、1930年代後半から40年代前半には150人ほどだったといわれている。なかでも仙台のドミニコ会の司教が有名で影響力もあり、そのため当時、仙台は「リトル・ケベック」と呼ばれていた。

終戦直後、カトリックの宣教師たちは、戦争で苦しんだ日本人をキリスト教に改宗するよいチャンスと感じたのである。そこで多くのケベック宣教師たちがやって来て、1960年代には400人ほどになり、ピークを打った。ただし、彼らの日本での初期の経験は実に厳しいもので、もともと保守的な故郷からまったく違った土地にきて、日本語を習うだけでやっとで、しかも布教活動を導く教科書や慣行も何もなかったのである。実際に日本人をキリスト教に改宗するのは非常に難しかった。
そこで彼らは教育や慈善事業に力を入れるようになり、それらの分野では多大な貢献を行い、日本人にも高く評価された。例えば、川崎のカリタス学園、姫路の賢明学院、鹿児島のラサール学校などがケベック宣教師によって開設され、その努力は今日でも日本の教育の質を高めることに貢献しているといえる。ただし、日本におけるケベック宣教師の数は過去30年ほど徐々に減少し続けている。

最近ではケベックから日本に、宣教師ではなく色々な人が来るようになったが、それは主として観光目的やビジネス関係の人たちである。それは日本とケベックの間に政治的あるいは歴史的な問題がなく、良好な関係にあることを反映している。しかしながら、私が心配するのは、我々の関係に精神的な交流が欠けていることである。日本でもケベックでも多くの若者が人生において何らの目的を持たず、幸福になれない状況をみると、精神面での自己を確立し再確認する新たな運動の必要性を感じざるをえない。
参考:
1)リチャード・レクラーク、クロード・ロベルジュ「日本におけるケベック宣教団の足跡」
Richard Leclerc and Claude Roberge "Footsteps of the Quebec Missionaries in Japan," The Journal of American and Canadian Studies, No. 15, Spring 1997, Sophia University:
http://www.info.sophia.ac.jp/amecana/Journal/15-4.htm
2)「日本・ケベック関係」在モントリオール・日本領事館
"Bilateral Relations: Japan-Quebec," Consulate General of Japan at Montreal:
http://www.montreal.ca.emb-japan.go.jp/english/relations/quebec-1.htm
「日本とケベックの関係の歴史は100年以上も前にさかのぼる。事実、1998年に関係の始まりから100周年を迎えた。またケベック州は日本と永続的な関係を確立したカナダで最初の州であり、2002年にケベック州政府東京事務所で30周年を祝う事業を行なった。ケベック修道女エレーヌ・パラディがケベック・シティから日本に1898年10月2日に渡ったのが日本とケベックの関係の始まりであった」

以上(文責:宮尾尊弘)
スポンサーサイト
  1. 2006/11/21(火) 22:37:40|
  2. Interviews
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Interview with Prof. Obata: 小畑教授とのインタビュー

Interview with Prof. Obata: 小畑教授とのインタビュー

Interview Series #2: インタビュー・シリーズ#2

Prof. Obata in Quebec Obata1A.jpg

Interviewee:
Mr. Yoshikazu Obata
Professor, Meiji University
(Date: October 12, 2006; Place: Center for International Programs, Meiji University; Interviewer/Writer: Takahiro Miyao)

Summary of Mr. Obata’s Interview:

I originally majored in French literature as a student at Kyoto University, especially focusing on “Nouveau Roman,” which has influenced Japanese as well as Quebec literature. That is how and why I got interested in Quebec, but at that time Quebec literature was virtually unknown and no books about it were available at all in Japan.
Then, I became a faculty member at Meiji University in Tokyo in the mid-1980s, and under the influence of Meiji University Professor Hiroshi Tajima, well known in the field of French literature, I started collecting information and material about Quebec literature, which I became fond of, even better than native French literature.
I particularly was interested in the Quiet Revolution in Quebec in the 1960s, when the rapid secularization of society took place and Quebecois were set free to express themselves in the literature. This fact, along with such social change as trends toward the nuclear family, seems to correspond to Japan’s post-war social development, which made me motivated to study more about Quebec literature.
Reference: http://en.wikipedia.org/wiki/Quiet_Revolution

Then I visited Quebec for the first time in 1987-88, and studied the literature by reading and collecting various materials at the University of Montreal and Laval University. On that occasion, I noticed that there were many immigrants influencing various aspects of Quebec society including Quebec literature. That led me to the study of “migrant literature,” which has given me good insight into Quebec culture in general.
What is Quebec culture? There seems to be no simple answer, because it is “time dependent.” The society has been undergoing radical change from conservatism under the strong influence of the Catholic Church to liberalism and individualism in the 1960s, to be followed by a wave of new immigrants transforming Quebec and Canada as a whole into a multicultural society.

More recently, during my sabbatical years for 1992-94, I revisited Quebec to be a visiting scholar at the University of Montreal, where I was also enrolled in a doctorate program to do research on Quebec literature. I benefited from this visit so much that, based on my research during this period, I have been productive in publishing a number of books, articles, translations, etc. on Quebec up until today. As a result, upon recommendation of the Director of the Quebec Government Tokyo Office, I have received such special awards from the Quebec Government as the “Order of French-speaking America" in 1998 and the “Special Award of the Jury of Canadian Prime Minister's Awards for Publishing" in 2003, where the latter is to acknowledge the contribution of my book “Study on Quebec Literature”
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4275019601.html

Currently I am studying performing arts in Quebec, which is quite interesting from various viewpoint including arts and management. It should be also noted that, thanks to the financial support of the Quebec Government Tokyo Office, I have been offering a general public open course “Quebec Today” in the Department of Political Science and Economics at Meiji University:
http://www.meiji.ac.jp/seikei/infomation/quebec.html

Finally, I have some suggestions to further improve Japan-Quebec relations. One direction is to promote a deeper understanding of Quebec culture and literature on the part of Japanese intellectuals. For this purpose, more efforts should be made to convey directly the true spirit of Quebec literature in French to the Japanese audience, preferably without using English translation or interpretation of the original content.
Another direction is to introduce Quebec to a wider audience in Japan by writing introductory books and articles on Quebec in general. For example, we might write a Japanese book to be entitled “60 Chapters to Know About Quebec,” following the already published book “60 Chapters to Know About Canada” in Japan.
References:
Prof. Obata’s Homepage:
http://www.meiji.ac.jp/seikei/teacher/culture.html#obata
Obata Room:
http://www.geocities.jp/profobata/

(Written by Takahiro Miya)
----------------------------------------------------------------
小畑精和教授とのインタビュー
小畑精和氏:明治大学政治経済学部教授、国際交流センター副所長
(2006年10月12日、明治大学国際交流センターにて、聞き手・文責は宮尾尊弘)

小畑氏とのインタビューの要旨

私はもともと京都大学の学生時代はフランス文学専攻で、50~60年代の仏文学の「ヌーボーロマン」に興味を持ち、それが日本文学にも、またケベック文学にも影響を与えたことを知り、大学院で詳しく研究する過程でケベック文学に接するようになった。しかし当時、ケベック文学は日本では全く知られておらず、それに関する本も全くなかった。
その後80年代半ばに東京に出てきて明治大学の教員になり、文学部教授で日本フランス語フランス文学会会長だった田島宏先生と出会い、「これからはフランス本国だけでなく、フランス語圏の文学や言語を研究することが重要になってくる」と助言を受けたこともあり、徐々にケベック文学のほうが仏文学よりも面白くなり、ケベックに関する色々な文献や資料の収集を積極的に行なうようになった。
私がケベックについて特に興味を持ったのは、60年代の「静かな革命」によって、保守的なカトリック教会の影響から社会全体が脱して近代化していった過程で、文学も小説などでも、それまで教会による検閲などで抑圧されていたものが自由な市民社会になって噴出し開花していった事実であった。それが戦後の日本文学の変遷と似ており、さらにカトリック教会の「産めよ増やせよ」政策から、60年代の急速な核家族化へといった社会的な変化も含めて、それが日本の戦前から戦後の変化とも重なる部分が大きいことも、私がケベック文学をさらに深く研究してみようと思うようになった理由であった。
この時代のケベックの歴史については以下を参照:
参考:カナダ文化研究「ケベック問題」
http://ohcanadajapan.com/Quebec2.htm

そこで87~88年に ケベックを初めて訪問し、モントリオール大学やラバール大学でケベック文学を研究し、資料収集を行った。その際に、カナダの社会に移民が多く、ケベックの文学も移民や亡命者による影響が大きいことに気づき、それを調べて「移民文学」(あるいは「移動文学」)についても理解を深めていった。
そこから学んだのは、ケベックの特色は一言では言えず、「時代性」があるということである。例えば、以前のカトリック教会の支配下での保守的な社会から、60年代にその影響から脱却して個人主義や自由主義の支配する社会になり、文学についてもケベコアたちが、大陸フランスの偉大さよりも、ありのままの自分たちの姿を描くようになった。さらに60年代の移民の自由化の影響により70~80年代には移民文学や移動文学が開花し、社会がまた変容していった。そのようにケベックもカナダ全体も激動の変化を遂げてきたのである。
その後、大学のサバティカルを利用して、92~94年の2年間、モントリオール大学客員研究員としてケベックに滞在し、同大学博士課程に籍を置きケベック文学について研究を深めた。帰国後ケベックについて、著書や論文や翻訳の出版を精力的に行なったこともあり(例えば、ジャック・ゴドブー著『やぁ、ガラルノー』の翻訳)、1998年にケベック州政府在日事務所代表の推薦を得て、ケベック州の「北米フランス語普及功労章」(勲章)をアジア人として初めて授与された。
さらに2003年に、自分のこれまでのケベック文学に関する研究活動をまとめ、さらに時代背景なども含めて書き下した著書『ケベック文学研究』を出版し、それに対して「カナダ首相出版賞審査員特別賞」を受賞。
参考:小畑精和著『ケベック文学研究』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4275019601.html
さらに最近では、ケベックの演劇の研究を行なっている。その一方で、ここ3年ほどケベック州政府在日事務所からの助成金により、明治大学政経学部で一般公開講座「現代のケベック」を開設している。
参考:一般公開講座「現代のケベック」
http://www.meiji.ac.jp/seikei/infomation/quebec.html

今後、日本とケベックの関係をさらに緊密にするための提案としては、2つの方向が考えられる。一つは、ケベックの文学などの文化面のよさはフランス語なので、英語を通じて伝えられるとそのよさが消えてしまう恐れがある。もちろん英語で発信しないと多くの人には伝わらないが、フランス語でのよさを何とか日本に伝える工夫が必要である。
他方、日本の一般の人にもっとケベックを知ってもらう努力も大切で、ケベックに関する入門書をもっと書いて出版すべきであろう。例えば、「カナダを知るための60章」という入門書があるので、それに倣って「ケベックを知るためにXX章」という本の出版を提案したい。
参考:
小畑精和教授のホームページ:
http://www.meiji.ac.jp/seikei/teacher/culture.html#obata
小畑精和教授の部屋
http://www.geocities.jp/profobata/

以上(文責:宮尾尊弘)
  1. 2006/11/02(木) 16:14:26|
  2. Interviews
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。