JAPAN-QUEBEC:日本・ケベック情報

To Promote Japan-Quebec Relations by Posting Information about Quebec: カナダ・ケベック州の情報を発信して日本・ケベック関係を促進する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Interview with Mr. Clavet:クラヴェ氏とのインタビュー

Interview with Mr. Clavet:クラヴェ氏とのインタビュー

Interview Series #10:インタビュー#10
M Jean Clavet Clavet40.jpg

Interviewee: Mr. Jean Clavet
Representative, Delegation Office of Quebec Government, Tokyo
(Date: August 14, 2007; Place: Delegation Office, Tokyo; Interviewer/Writer: Takahiro Miyao)

Summary of Mr. Clavet’s Interview

About three years ago, I took up the assignment to come to Japan as the representative of the Delegation Office of Quebec Government in Tokyo with great interest in Japan as a leader in Asia, where China and other Asian countries were moving up rapidly in the region. From the viewpoint of Quebec with only 7 million people, Japan posed a challenge as to where Quebec could fit in. Now we have success in finding certain niche markets, which may be small for Japan, but really important for us to maintain our leadership in certain key technologies such as nanotechnology and photonics.

Having spent a few years in Japan now, I can really appreciate the way Japanese people do their business and organize their society. Things are working, clean, and well-organized, and people are polite, disciplined and hard-working. The end product cannot be wrong. Of course, no society is perfect, and Japan is good at achieving certain objectives, while maximizing quality, but may have difficulty in evaluating some uncertain results of basic research or invisible quality of professional services.

In that regard, one area where we should try harder for a closer relationship between Japan and Quebec is the research & innovation field, especially linking each other’s universities and research institutions. Traditionally, universities and research centers in Canada in general and in Quebec in particular have been closely working with their counterparts in Europe and the US, but not with Asia or Japan. Hopefully we will be able to encourage Quebec universities to look toward Japan, at least in certain specific research areas, where our limited resources can be strategically applied. Again, such fields as nanotechnology and photonics may hold a key in this possible connection.

In concluding my stay in Tokyo, I wish to say that I was blessed by the fact that we had many important political visits from Quebec, giving me opportunities of developing and maintaining a very good network of friends, colleagues and partners in Japan. This is very important, because our work at the Tokyo office can only be evaluated in establishing and utilizing our network in Japan for the sake of the Quebec people and business, and also those important events can help increase the visibility and presence of Quebec in Japan and Asia. I sincerely hope that this desirable trend will continue in order to promote a closer relationship between Quebec and Japan in many years to come.
References:
Delegation General: Jean Clavet (in French)
http://www.mri.gouv.qc.ca/Tokyo/fr/delegation/qui_sommes_nous/delegue_general.asp
(Interviewer: Takahiro Miyao)
---------------------------------------------------------------
ジャン・クラヴェ氏とのインタビュー
ケベック州政府在日事務所代表
(2007年8月14日:ケベック州政府在日事務所にて、聞き手:宮尾尊弘)

クラヴェ氏とのインタビュー・サマリー

3年ほど前に、私がケベック州政府の日本代表を引き受けたのは、アジアのリーダーとしての日本に非常に興味があったことと、中国やアジア諸国が急速に成長していることにも関心があったからです。その際のチャレンジは、700万の人口のケベック州が日本にどう向き合うかということでしたが、今は日本におけるニッチ市場を開拓してうまくやっているといえます。特にナノテクやフォトニックスなどの技術分野は、日本にとっては小さく見えますが、ケベックがこれらの技術のリーダーとしての地位を維持する上で非常に重要な役割を果たしています。
日本で数年を過ごして改めて気づくことは、日本における独自の仕事のやり方や社会のあり方で、それはうまくきれいに組織化されており、人々も礼儀や規律が正しくよく働くことです。したがってその結果が悪いはずがありません。もちろん完璧な社会はありません。日本はあることをやり遂げるとともに仕事の質を最大にすることは得意ですが、結果が不確実な基礎研究および質がよく見えない専門家のサービスなどを評価するのはあまり得意ではないようです。
それに関連して、今後日本とケベックの協力関係を築くために一層の努力が必要な分野として、「研究・イノベーション」の分野があり、特にお互いの大学や研究機関をリンクすることが課題といえます。これまではカナダや特にケベックの大学や研究センターは、欧州や米国の大学などとの連携を強めてきましたが、日本やアジアとの協力関係の構築はこれからです。できればケベックの大学が、特定の分野に限定してでも日本の大学との協力関係を築くべきと思います。その際のカギとなるのは、すでに触れたナノテクやフォトニックスの分野になるでしょう。
在日事務所代表の仕事を終えるに当たり、特に特筆したいことは、私の日本滞在中にケベックから多くの政治家の訪日があったことです。それは日本における友人や仲間やパートナーのよきネットワークを構築し維持する機会を提供してくれたといえます。これはとても大切なことで、私たちの東京事務所での仕事はそのようなネットワークを構築して、ケベックの人々やビジネスのために利用することで評価されるとともに、そのような訪問は、日本やアジアにおけるケベックの存在感を高める上でも役立つからです。このように日本とケベックの間の協力関係が深まる流れが今後とも末永く続くことを心から希望したいと思います。
参考:
ジャン・クラヴェ氏の略歴(日本語):
http://www.mri.gouv.qc.ca/Tokyo/jp/delegation/qui_sommes_nous/delegue_general.asp
以上(文責:宮尾尊弘)
スポンサーサイト
  1. 2007/08/16(木) 11:11:17|
  2. Interviews
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。