JAPAN-QUEBEC:日本・ケベック情報

To Promote Japan-Quebec Relations by Posting Information about Quebec: カナダ・ケベック州の情報を発信して日本・ケベック関係を促進する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Interview with Mr. Simon Chabot: シモン・シャボウト氏のインタビュー

Interview with Mr. Simon Chabot: シモン・シャボウト氏のインタビュー

Interview Series #20 (@Quebec City): インタビュー#20

Mr. Simon Chabot
Chabot15.jpg

Interviewee: Mr. Simon Chabot, Manager, Centre de valorization internationale de l’expertise publique quebecoise (Center for International Promotion of Quebec Public Expertise), Quebec
(Date: January 22, 2008; Place: Restaurant La Vie, Yamanoue Hotel, Kanda, Tokyo; Interviewer/Writer: Takahiro Miyao)

I met and interviewed Mr. Simon Chabot, who was a manager of the Center for International Promotion of Quebec Public Expertise, accompanying Ms. Christine Lavoie-Gagnon of CLAGA as an interpreter, at a nice restaurant in Tokyo. It was a fruitful interview to find out about his current mission in Japan as well as the objectives of his center, which is a result of the partnership among ENAP (The Public Administration University), the Ministry of International Relation and the Ministry of Economic Development, Innovation and Exports in Quebec.

Summary of Mr. Chabot’s Interview

I am visiting Japan for the first time as a manager of CVI (Centre de valorization internationale de l’expertise publique quebecoise), whose mission is to export Quebec government knowhow to other countries. Here in Tokyo I am contacting such universities as the United Nations University and Meiji University, and some public organizations for information exchange and sharing this time. After learning about each other’s issues and problems in the public sector, we will work out some effective measures to be implemented by applying our knowhow in Quebec.

There seem to be many areas for cooperation between us for the purpose of providing public services more effectively and efficiently. For example, IT (information technology) has been applied extensively in the Quebec government, and the results so far have been quite encouraging (in this regard, we should acknowledge Mr. Francoise Cote’s efforts and contributions at the Quebec government). So we wish to share our knowhow in this area with Japan’s central and local governments.

Another area is how to train public sector personnel and utilize them in the government sector effectively. A key point is to provide stimulating opportunities and challenges for public sector personnel in order for the public sector to compete with the private sector, which can generally offer a better pay. For that purpose, we would like to have more international cooperation and exchange so that students and personnel in the pubic sector field can look forward to international experiences as their future challenges. This is one of the reasons why we are contacting Japanese universities to promote cooperation and exchange with CVI and ENAP. In fact, ENAP could be a good model for Japan to establish a public administration university in the future.

This time our mission is to exchange information and identify areas for cooperation in Japan, and we will continue working to achieve our objectives in this country as well as in other Asian countries, especially Vietnam and Laos, where French is widely used. These days we need global perspectives to improve the quality and performance of our activities in society in general and in the public sector in particular.
References:
CVI: http://www.cvi.enap.ca/
ENAP (in English):
http://www.enap.ca/enap/en/school.aspx?sortcode=2.16.16.16
ENAP’s Partnerships including CVI (in English):
http://www.enap.ca/enap/en/school.aspx?sortcode=2.16.16.21

(Written by T. Miyao)
-------------------------------------------------------
シモン・シャボウト氏
ケベック州国際公共経験促進センター・マネージャー
(2008年1月22日、東京神田駿河台の山の上ホテル・レストランにて;聞き手:宮尾尊弘)


サイモン・シャボウト氏とは、通訳のクリスティン・ラヴォア・ガニオン女史(CLAGA社)とともに、駿河台のホテルのレストランで食事をしながら、楽しく有益な会話を交わした。このインタビューで、シャボウト氏は今回の訪日の目的とともに、彼の所属するセンターの目指すものについて説明を行った。なお、ケベック州国際公共経験促進センターは、ENAP(国立公共管理学院)とケベック州の国際関係省および経済開発・イノベーション・輸出省という3つの組織のパートナーシップによって生み出されたものとのことである。

シャボウト氏とのインタビュー・サマリー

今回は私にとって初めての訪日であるが、ケベック州の政府のノウハウを海外に広めるという目的を持つCVI(ケベック州国際公共経験促進センター)のマネージャーとして、日本の大学や公的な団体とコンタクトしている。例えば、国連大学や明治大学、さらに政府関係の組織と、まずは情報の交換と共有をはかることを目指している。そうすることでお互いの公的部門での問題を理解し特定してから、次のステップとしてケベックの政府のノウハウを応用して問題解決策を考えたい。

公的なサービスをより有効かつ効率的に提供するという目的でわれわれが協力できる分野は非常に多いと思われる。例えば、ケベック州政府においては、IT(情報技術)が幅広く応用されており、その効果にはみるべきものがある(この点について州政府でフランソワ・コーテ氏が果たした役割は特筆に値する)。そこでこのわれわれのノウハウを、日本の中央政府や地方政府と共有することが望ましいと考えている。

もう一つの分野は、公共部門で働く人材の育成と有効な利用についてである。重要な点は、公共部門の人材に刺激となるような機会とチャレンジを提供して、公共部門が一般にサラリー面で勝っている私的企業部門と肩を並べられるようにすることである。そのためにも、もっと国際的な協力と交流を推進する必要があり、公共部門の学生と公務員に将来のチャレンジとして国際的な活動経験があることを示すべきであろう。そのためもあって、われわれは日本の大学とコンタクトして、CVIやENAPとの協力や交流を促進しようとしているのである。実際に、ENAPは日本が将来「公共管理経営大学」を作る際のモデルとして考えられるであろう。

今回は、日本で情報交換を行い、協力分野を特定するのが目的であるが、今後とも日本での協力を続けるとともに、アジア諸国、特にフランス語が通じるベトナムやラオスなどの国々でも交流と協力を行うつもりである。現代は社会一般の活動、特に公共部門の活動の質とパフォーマンスを高めるためには、国内的な視点ではなく、グローバルなアプローチを取る必要があるといえよう。
参考:
CVI: http://www.cvi.enap.ca/
ENAP(英語):
http://www.enap.ca/enap/en/school.aspx?sortcode=2.16.16.16
ENAPのパートナーシップとしてのCVI(英語):
http://www.enap.ca/enap/en/school.aspx?sortcode=2.16.16.21

(文責:宮尾尊弘)
スポンサーサイト
  1. 2008/02/14(木) 11:29:35|
  2. Interviews
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。