JAPAN-QUEBEC:日本・ケベック情報

To Promote Japan-Quebec Relations by Posting Information about Quebec: カナダ・ケベック州の情報を発信して日本・ケベック関係を促進する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Day 5: Visiting Universities: 大学訪問

Day 5: Visiting Universities: 大学訪問

McGill University: マッギル大学
80630m0.jpg

University of Montreal: モントリオール大学
80630m4.jpg

HEC Montreal: HECモントリオール
80630m6.jpg

Student Cafeteria Downstairs: 1階のカフェテリア
80630m8.jpg

Prof. Francois Leroux:
In Charge of Foreign Exchange Program
国際交流プログラム担当のフランソワ・レロー教授
80630o7.jpg

NOTE: My personal thanks to Prof. Leroux for arranging my visit to HEC Montreal and for his stimulating talk about recent developments in his school as well as business management topics.
追記:今回のHEC訪問のアレンジに対してレロー教授に謝意を表したい。
HEC Montreal: http://www.hec.ca/en/
See More Photos (6/30):
http://glocom.blog.so-net.ne.jp/archive/20080630
スポンサーサイト
  1. 2008/06/30(月) 23:59:08|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Day 4: Montreal Jazz Festival: 国際ジャズ祭

Day 4: Montreal Jazz Festival: モントリオール・
ジャズ・フェスティバル

Jazz for Families & Children: 家族向きジャズ
For Kids 80629m1.jpg

Junior Jazz Performace: 若者のジャズ演奏
For Juniors 80629o1.jpg

Jazz for Adults: 大人向きのジャズ
For Adults 80629z1.jpg

Sliding Hammers (Swedish sisters like "JJ & K"):
YouTube Video: http://www.youtube.com/watch?v=pFjFEvAWO90
Note:
A Japanese duo, pianist Satoko Fujii and trumpeter Natsuki Tamura, appeared in a ticketed event on June 29, but it was all sold out. According to a local newpaper, this couple (wife & husband) are very active in Tokyo and New York, and seem very popular in Montreal as well.
http://www.mindyourownmusic.co.uk/cd-catalogue-fujii.htm
See more photos (6/29):
http://glocom.blog.so-net.ne.jp/2008-06-29
  1. 2008/06/29(日) 23:59:44|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Talk With Dr. & Mrs. Charron: シャロン博士夫妻との会話

Dinner with Dr. & Mrs. Charron
シャロン博士夫妻との会食と意見交換

Claude-Yves Charron and Misa Hirai Charron
クロード・イヴ・シャロン博士と平井みさ夫人
80628c1.jpg

On Saturday, June 28, I had dinner with Dr. Claude-Yves Charron and Mrs. Misa Hirai at the "best" Japanese restaurant in Montreal, where we enjoyed good sake and excellent sushi as well as our conversation.
I presented them with a question which was raised during our seminar discussion at L'Institut Franco-Japonais de Tokyo last month, that is; "Why Quebec for Japan?"
In response, Dr. Charron said that Quebec could be a model for Japan as a bridge between different cultures in the international context, while Mrs. Misa Hirai emphasized some commen elements between Japan and Quebec such as sophistication, high-quality and artistic sense.
Dr. Charron also pointed out the fact that Japan, squeezed by the powers of China and the U.S., needs a kind of survival strategy that Quebec has developed to survive between the powers of Europe and the U.S.
In the end, the three of us agreed that a closer relation between Japan and Quebec would benefit each other tremendously, and especially Japan would be able to learn from Quebec in terms of logical thinking, self-expression and open-mindedness, all of which are so essential in survival and prosperity in this globalized world.
Reference:
Interview with Dr. Charron (8/30/2007):
http://japanquebec.blog76.fc2.com/blog-entry-24.html
--------------------------------------------------------
シャロン博士夫妻との会食と意見交換

6月28日の夕方、クロード・イヴ・シャロン博士夫妻と、モントリオールで「ベスト」といわれる日本食レストランで会食し、美味しいお酒とお寿司を楽しみながら意見交換をする機会を持った。
その中で、先月東京日仏学院で開催されたセミナーの討論で提起された問題「日本にとってなぜケベックか?」という質問をお二人にぶつけてみた。
それに対して、シャロン博士は、国際化の中でことなった文化の橋渡しをするという点でケベックが日本のモデルになりうることを指摘。また平井みさ夫人は日本とケベックに共通の洗練され質が高く芸術的センスがある点を強調された。さらに、シャロン博士は、日本がこれから中国と米国に挟まれて生き残るために、ケベックが欧州と米国の間でサバイバルのために展開した戦略から学ぶものが大きいと述べた。
結論として、日本とケベックはより関係を緊密にすることからお互いに多大な利益を得ることができ、特に日本はケベックから、グローバル化した世界で今後とも繁栄していくために基本的に重要な論理的思考、自己表現力および開かれた姿勢を学ぶことができるという点で三人とも意見が一致した。
  1. 2008/06/28(土) 23:59:59|
  2. Interviews
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Day 3: Montreal Events: モントリオールにて

Day 3: Montreal Events: モントリオールにて

Revisiting Botanical Garden: 植物園再訪

Japanese Pavilion & Garden: 日本パビリオン
80628w1.jpg

Reunion with Ms. Sonia Dandaneau on
Japan Program/Exhibitions at the Pavilion
日本館展示担当ソニア・ダンダノー女史と再会
Sonia 80628w2.jpg

Featuring Lacquerware (Called "Japan")
Takashi Maruyama's Works Displayed
漆工芸品の特別展示: 丸山高志氏の作品
80628w3.jpg

Interview with Mr. Takashi Maruyama
丸山高志漆工協会理事長のインタビュー
Maruyama 80628w4.jpg

(English):
It happened that Mr. Takashi Maruyama, executive director of the Japan Urushi Art and Craft Asssociation, gave a lecture on the art of lacquerware as well as offered a "Maki-e" workshop (gold sprinkle lacquer painting) during the weekend when I visited the Japanese pavilion, where I came across Sonia-san with Mr. Maruyama, and she was kind enough to introduce me to him. Then, he was interviewed by a reporter of the Nikka Times about his life with lacquerware, and I was allowed to sit beside them and listen to his interview.
In the interview Mr. Maruyama said that he picked up a necessary skill for lacquer craft work from his father, who was also a lacquer craftman. It was interesting to hear that Mr. Maruyama has found the "goodness" and versatility of lacquer, and has been applying it not only to traditional Japanese woodworks, but also to artcrafts and daily items in Asia and Europe. He is so open-minded!
In response to the interviewer's question of how to revive Japan's lacquerware industry, Mr. Maruyama clearly said that we must go back to "square one," where there should be no extablishment or professional ladder to rank lacquerware only according to conventional standards, which tend to deviate from the original spirit of lacquer and lacquerware.
He surely sounded like a great master in this field, as his points are relevant not only in this particular field but also in other fields of traditional Japanese arts and crafts.
Finally, Mr. Maruyama was really appreciative of Sonia-san for her hard work in organizing this exellent project and inviting him to give presentations about lacquerware.
Reference: 参考: See More Photos (6/28):
http://glocom.blog.so-net.ne.jp/archive/20080628

(日本語):
私が日本パビリオンを訪れたこの週末に、日本漆工協会専務理事の丸山高志氏が、漆器のアートについての講演と「蒔絵」(金粉を蒔いて描く絵)のワークショップを行った。私はたまたま丸山氏がソニア・ダンダノーさんと一緒にいたところに遭遇して、丸山氏に紹介され、さらにその直後、カナダの日系の新聞「日加タイムズ」の記者が丸山氏をインタビューするというので、そのやりとりを部屋で聞かせていただいた。
丸山氏が漆工芸に興味を持ち必要な技術を学んだのは、父親が漆職人だったことが大きく、漆が持つ「良さ」と「可能性」に引きつけられ、それを日本の伝統的な木工品にだけでなく、アジアや欧州の芸術品や日常品にも適用しようとしてきたとのこと。
日本で漆器の産業を再生させるにはどうしたらいいかという記者の質問に対しては、丸山氏は「ゼロ」に戻って最初からやり直し、もともとの漆および漆器が持つ精神から離れてしまった「常識的」な基準で漆器のランク付けをするような既成の組織やプロの階層をなくすことが必要という意見であった。
丸山氏の指摘した点は、単に漆器の分野だけなく、日本の伝統的な芸術や工芸の他の分野にも当てはまるもので、丸山氏がこの分野のマスターであることを感じさせるのに十分なものであった。
最後に、丸山氏はこの漆器に関する素晴らしい展示を実現させて、さらに自分を招待してくれたソニアさんに感謝の言葉を述べた。
  1. 2008/06/28(土) 23:36:21|
  2. Special Events
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Day 2: Quebec under Sun: 晴天のケベック市

Day 2: Quebec under Sun: 晴天のケベック市

Celebrating 400th Anniversary: 400周年祭

Old Port of Quebec with Image Mill in Daylight:
ウォーターフロントに見る昼間のイメージ・ミル
80627T.jpg

Passengers: Exhibition@Espace 400 Pavilion:
旅行客がテーマのEspace 400 パビリオン展示
80627V.jpg

My Name Appeared on Arrival Board@Espace:
Espace 400 の到着板に表示される自分の名前
Miyao 80627W.jpg

I Was Interviewed As Tourist in CBC Radio Booth:
CBC Radioブースで旅行者としてインタビュー受ける
(Radio Canada Interviewer: Alice Musabende)
@CBC 80627X.jpg

See More Photos (6/27):
http://glocom.blog.so-net.ne.jp/archive/20080627
  1. 2008/06/27(金) 23:14:01|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Revisit to Quebec & Montreal:ケベック・モントリオール再訪

Revisit to Quebec & Montreal:ケベック・モントリオール再訪

To Celebrate "Quebec 400":ケベック市400周年記念祝い
Stop over 80626c.jpg

I am now revisiting Quebec to join the City's celebration on its 400th anniversary this year, and also traveling to Montreal to see some friends on this occasion.
It was a long flight from Los Angeles to Quebec City, which took about 10 hours with a long stop-over break (plus a flight delay) at O'Hare Airport in Chicago. But as soon as I arrived at the Quebec Airport, I felt at home, greeted by friendly staff members at the airport as well as at the hotel.
Now I am looking forward to visiting various places and getting together with my friends here in Quebec and also in Montreal.
References:
Previous Visit to Montreal and Quebec (2007/8/29-31):
http://japanquebec.blog76.fc2.com/blog-entry-17.html
Quebec City's 400th Anniversary Homepage:
http://www.quebec400.gc.ca/bienvenue-welcome-eng.cfm
@Hotel 80626e.jpg

ケベック市・モントリオール再訪
今年はケベック市制400周年で、記念行事やイベントが色々とあるので、それに参加するためにケベックを訪れた。この機会にモントリオールにも行って友人たちに会う予定。
ロスからケベックまでは長い空の旅で、シカゴ空港でのストップオーバーとフライトの遅れも含めて計10時間もかかった。しかしケベックに着くやいなや、空港やホテルの親切でフレンドリーなスタッフの態度に触れてほっとしているところ。
明日からのケベックとモントリオールでの観光や友人との再会が今から楽しみである。
  1. 2008/06/26(木) 23:59:12|
  2. Special Events
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。