JAPAN-QUEBEC:日本・ケベック情報

To Promote Japan-Quebec Relations by Posting Information about Quebec: カナダ・ケベック州の情報を発信して日本・ケベック関係を促進する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Int'l Media Forum in Tokyo: メディア・フォーラム@東京・六本木

International Media Forum in Roppongi,Tokyo:
メディア・フォーラム@東京・六本木


Reporting Japan's Earthquake:
Japanese & Western Media Coverage

「東日本大震災の報道:日本と欧米メディアの報道姿勢」

Date/Time: April 26, 2011, 7pm: 日時:4月26日午後7時より
Place: Diya Indian Restaurant, Roppongi Hills, Tokyo:
場所:東京・六本木ヒルズ Diya レストラン

Organizer Marc Beliveau: オーガナイザー・マルク・ベリボー氏
110426FA12.jpg
Guest Speakers:
Mr Okada Takashi-Kyodo & Mr William Sposato-Dow Jones/WSJ
岡田充(共同通信社)とウィリアム・スポサト(Dow Jones Newswires)
110426FB12.jpg

Mr. Sposato pointed out that it was quite difficult for foreign correspondents to make objective reporting on Japan's nuclear crisis, because relevant information was scarce while numbers and jargons were released by the government and TEPCO without much context. The peer pressure to write sensational reports, sometimes coming from the headquarters, was also strong. Nevertheless, he said he tried not to overdo it as much as possible.
スポサト氏は、日本の原発危機について、適切な情報が少なく、政府や東電からは数字や専門用語が脈絡なしに発表されていたために、外国人記者が客観的な報道をするのは容易ではなかったこと。またセンセーショナルな報道をするように、仲間のプレッシャーが強く、時折本社からのプレッシャーもあったこと。それにもかかわらず、彼自身はできるだけやりすぎないよう一線を守る努力をしたと述べた。

Lively Q&A Session with Forum Participants: 参加者との質疑応答
110426FC12.jpg

Indian Buffet-style Dinner Followed: インド料理で締めくくる
スポンサーサイト
  1. 2011/04/26(火) 23:37:32|
  2. Special Events

Crossroads between Pro- & Anti-Nuclear Paths: 原発推進か反対か

Crossroads between Pro & Anti-Nuclear Paths: 原発推進か反対か

(English):
Standing at the Crossroads between Pro-Nuclear and Anti-Nuclear Paths
http://www.esuj.gr.jp/jitow/eng/contents/0322.htm
Takahiro Miyao, Emeritus Professor, University of Tsukuba
"There have long been pros and cons regarding the safety of nuclear power at home and abroad. Now it is apparent that Japan’s nuclear crisis is seriously impacting nuclear energy policies all around the world, as the Fukushima nuclear accident has raised concerns over the safety of nuclear power plants and invigorated “anti-nuclear power” movements not only in Japan but also in other major countries.......... Given all these developments in the aftermath of the Fukushima nuclear accident, we are now at a crucial crossroads to choose between the pro-nuclear and the anti-nuclear paths, where the former is to develop much safer nuclear reactors with stronger safety systems while maintaining reasonable scientific attitudes toward the effects of radiation, and the latter is not only to accept the first basis premise of the anti-nuclear argument about accident-prone nuclear power plants but also to buy at their face value the other key premises about the “serious” effects of radiation in the case of a nuclear accident. Hopefully, Japan can find strong leadership to lead us in the right direction at this critical juncture."
(April 22, 2011)
---------------------------------------------------------------------------
(Japanese):
原発推進か反対かの岐路に立って
http://www.esuj.gr.jp/jitow/jp/contents/0322.htm
宮尾尊弘 筑波大学名誉教授
「原子力発電の安全性に関しては、国内外で長い間賛否の論戦が交わされてきた。今回の福島原発事故は、日本ばかりでなく世界の主要国において原子力発電の安全性に対する懸念を高め、「反原発運動」を活発化させており、そのため世界中で原子力エネルギー政策に深刻な影響を与えている・・・・・・・ 福島原発事故後のこのような展開を経て、今我々は原発推進か反対かの重要な岐路に立たされている。前者の推進の立場であれば、より強力な安全装置を備えたより安全度の高い原子力発電設備を開発するとともに、放射能の影響については合理的な科学的態度を持つことがポイントとなる。他方、後者の反対の立場であれば、原発は事故を起こすという反原発派の基本的な主張を受け入れるだけでなく、事故が起こった場合の放射能汚染の「深刻」な影響についての主張も額面通りに受け取ることになる。今このように決定的に重要な時を迎え、日本で強力なリーダーシップによって正しい方向が選択されることを望むものである。」
(2011年4月22日)
---------------------------------------------------------------------------
  1. 2011/04/22(金) 23:59:59|
  2. Announcement

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。