JAPAN-QUEBEC:日本・ケベック情報

To Promote Japan-Quebec Relations by Posting Information about Quebec: カナダ・ケベック州の情報を発信して日本・ケベック関係を促進する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Interview with Mr Tremblay@LA: トランブレー氏のインタビュー@ロス

Interview with Mr Tremblay@LA: トランブレー氏のインタビュー@ロス

110728a.jpg
LA Office
110728b.jpg

Interviewee: Mr. Frederic Temblay, Advisor-Government Relations and Public Affairs
(Date: July 22, 2011; Quebec Government Office, Westwood, Los Angeles, California; Interviewer/Writer: Takahiro Miyao)

Summary of Mr. Frederic Tremlay’s Interview

I am mainly in charge of education, research and other public affairs at the Los Angeles Office of the Quebec Government, and currently working on the exchange of university faculty, researchers and students as well as research activities between Quebec and the US in general and the western states in particular. There are a number of important fields and topics for joint research and study in this context.
First of all, the Plan Nord should be pointed out, as this is called the “project of a generation” in Quebec to focus on Northern Quebec for economic, social, environmental as well as energy development. This project, leading to more than $80 billion over a period of 25 years, is so huge that it requires extensive collaborations among government, business, academia and local communities within as well as across regional and national boundaries.
This project is closely related to Quebec’s development strategy of environmental and green technology, aiming at the achievement of sustainable development by fostering environmental and green technology industries. For example, the Quebec government and industry are working with their counterparts in California and other western states in the US regarding environmental policies such as cap-and-trade programs on greenhouse gas emissions as well as industrial policies to promote electric cars. Needless to say, joint research activities in this field are actively taking place between Quebec and US research institutions.
There are many other fields in which Quebec and the US, especially California, are working together for mutual benefit in terms of research and business, from the life science field, particularly the biopharmaceutical industry, to high-tech entertainment businesses such as the movie and gaming industries. Here, our challenge is to attract skilled workers and professionals to prosper in these key industries. For that purpose, we emphasize not only education and training for new immigrants, but also mutual recognition of skilled workers’ competencies with France to facilitate the mobility of skilled workers.
As a result of these public and private efforts, Quebec’s business, research and academic activities have recently been advancing faster than anyone expected just a few years ago, and the people in Quebec have gained enough confidence in themselves to become open-minded in promoting closer relationship with the US and other countries and also to play an important role in the nation as a leader, not as a separatist any longer, as clearly shown in the last general election.
References:
Plan Nord (French): http://plannord.gouv.qc.ca/
Plan Nord (English): http://plannord.gouv.qc.ca/english/
Environmental and green technology:
http://www.mdeie.gouv.qc.ca/ministere/english/about-us/strategies/departmental-strategy/a-development-strategy-for-quebecs-environmental-and-green-technology-industry/
Interview with LA Representative (2007):
http://japanquebec.blog76.fc2.com/blog-date-200707.html
Interview with LA (Interim) Representative (2010):
http://japanquebec.blog76.fc2.com/blog-entry-65.html

(Interviewer: Takahiro Miyao)
------------------------------------------------------------
フレデリック・トランブレー氏のインタビュー
(Frederic Temblay, Advisor-Government Relations and Public Affairs)
日時:2011年7月22日
場所:米国カリフォルニア州ロサンゼルス、ケベック州政府ロサンゼルスオフィス

私はケベック政府のロサンゼルスオフィスで、主に教育、リサーチなどの公共政策を担当しており、現在は米国、特に西部地区の州とケベックとの間での大学の教授、研究者、学生の交流や共同研究のプログラムの推進に努めています。ここで共同研究の対象となる分野やテーマは多岐にわたっています。
何よりもまず、「北部計画」というケベック州にとっては一世一代のプロジェクトで、北部ケベックにおいて経済、社会、環境およびエネルギーの開発を進める計画です。このプロジェクトは、今後25年にわたって800億ドル以上を投じるという巨大なもので、地域や国の中だけでなくそれを超えた産官学と地域コミュニティ間の幅広い共同作業を必要としています。
このプロジェクトと密接に関係するのが、ケベックのグリーンテクノロジー、つまり環境技術の開発戦略です。例えば、ケベック州の政府とビジネスはカリフォルニアはじめ米国西部の州の政府やビジネスと協力して、温室効果ガスのキャップ・アンド・トレード・プログラムのような環境政策、および電気自動車の普及のような産業政策を行っています。このような分野での共同研究の活動も、ケベックと米国の研究機関の間で進められていることはいうまでもありません。
その他多くの分野でお互いの利益のために、ケベックと米国、特にカリフォルニアとの間で研究やビジネスが共同で行われています。代表的な例としては、生物薬品産業のような生命科学の分野や、映画やゲームのようなハイテク・エンタテイメント産業があります。ここで我々が直面する課題は、このような主要産業を成功させるような高度な技術を持つ労働者やプロフェッショナルをケベックに引き付けることです。そのために、新しい移民に対する教育や訓練を強調しているだけでなく、高度な技術者の移動を促進するためにフランスのような国と技術者の能力を共同認定する取り決めを行っています。
このような官民挙げての努力の結果として、最近ではケベック州のビジネス、研究、学術活動が何年か前には予想できないほど急速に発展し、ケベック州の人々が自分たちに自信を深めたために、オープンなマインドを持ち、米国やその他の国との関係を密接にするとともに、最近の総選挙の結果が示しているように、カナダの中での分離主義者ではなく、むしろリーダーとして重要な役割を果たすようになったのです。
参考
ロスオフィス代表とのインタビュー(2007年):
http://japanquebec.blog76.fc2.com/blog-date-200707.html
ロスオフィス臨時代表とのインタビュー(2010年):
http://japanquebec.blog76.fc2.com/blog-entry-65.html

以上(文責:宮尾尊弘)
-------------------------------------------------------------
スポンサーサイト
  1. 2011/07/31(日) 23:31:35|
  2. Interviews

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。