JAPAN-QUEBEC:日本・ケベック情報

To Promote Japan-Quebec Relations by Posting Information about Quebec: カナダ・ケベック州の情報を発信して日本・ケベック関係を促進する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Unwarranted Radiation Fears in Japan: 放射線恐怖症について

Unwarranted Radiation Fears in Japan: 放射線恐怖症について

(English)
"Overcoming Unwarranted Radiation Fears in Japan"
Takahiro Miyao, Emeritus Professor, University of Tsukuba
http://www.esuj.gr.jp/jitow/eng/contents/0333.htm

Japan is now in the process of recovering from the natural and nuclear disasters that hit the Tohoku region six months ago. It is apparent that reconstruction efforts are being made everywhere and things are gradually getting back to “normal,” as the damaged nuclear reactors are almost under control and radiation levels are noticeably receding in the atmosphere of major cities in the Tohoku-Kanto regions as well as in the nation as a whole in terms of detected radiation contained in food and other materials.

However, concerns about radiation contamination among many people seem to be increasing rather than decreasing, and are rapidly becoming a serious obstacle to further recovery from the emergency situation in Japanese society. For example, an increasing number of consumers are avoiding eating various vegetables, fish, meat, and even rice, at least of this year’s crop, if there is any trace of radiation detected in such food items, often ignoring the government’s announcement that they are safe enough to eat by any reasonable standard.........Another example is the case of school playgrounds, where many parents are extremely reluctant to let their children play, although the radiation level detected in their school playground is less than the official limit. As a result, the official limit itself has recently been reduced to a lowest possible level to satisfy those concerned parents, but on the other hand, more schools are facing a real dilemma between the merit of physical activities in playgrounds for children and the demerit of radiation exposure as perceived by parents.

Why do such serious concerns and fears persist among so many people? There seem to be a number of reasons. First, people no longer trust the government due to its mishandling of the nuclear power accident, and have become extremely skeptical about the government’s announcements and decisions on nuclear safety issues. Another possible reason is that because there are so many unknowns and, therefore, so many different opinions regarding radiation risks, even among nuclear specialists, people are confused about possible health hazards of radiation exposure and tend to side with the worst case scenario just in case. While some people may be acting “rationally” for these reasons, many others simply seem to be overreacting and overly concerned about nuclear radiation, possibly interfering with Japan’s recovery process and adding to negative publicity about Japan overseas. Then why are such concerns and fears among those people still increasing, rather than decreasing, over time, even though more and more objective information about radiation is becoming available?

One plausible explanation is that according to some recent studies on irrational human behavior, often explained in behavioral economics, people tend to be more afraid of negative effects such as the health hazards of possible radiation in playgrounds than they should be, even though there can be larger positive effects such as physical exercises for school children. Also, people tend to believe that negative events such as cancer risks due to radiation are more likely to happen than they actually do, while they tend to think that positive events such as improved health due to physical exercises are less likely to happen than they actually do. As a result, there is a tendency for the general public to be more and more cautious about radiation risks, and to request more and more rigorous restrictions to be adopted to avoid negative effects of radiation as perceived by themselves, even though objective information seems to imply otherwise.

To overcome such subjective biases among the general public, it is not good enough to have information disclosure about factual matters and public announcements about safety standards. What is urgently needed is to let the public know relevant facts put in the proper context, for example, living in a certain location with a certain level of radiation would be as risky as a certain degree of obesity, lack of exercise or smoking in terms of the probability of cancer and other illnesses. In such proper context, people can make more rational decisions by taking account of various possibilities, rather than being obsessed only with radiation risks out of context, leading to irrational decisions with much worse health hazards than otherwise. After all, rational decisions based on objective information are essential not just on the radiation problem but on broader issues such as the nuclear energy policy for Japan in the future.
----------------------------------------------------------------------
(Japanese)
「放射線への過度な懸念の克服に向けて」
宮尾尊弘(筑波大学名誉教授)
http://www.esuj.gr.jp/jitow/jp/contents/0333.htm

日本は、6カ月前に東北地方を襲った自然災害と原発事故からようやく回復しつつある。明らかに復旧・復興の努力はいたるところで見られ、事態は徐々に正常化に向かっているといえる。事故を起こした原発はほぼ抑制が可能となり、東北・関東地域の主要都市における大気中の放射線レベルや、日本の食品やその他のものから検出される放射性のレベルは目に見えて低下してきている。

しかしそれでも、多くの人が抱いている放射線汚染についての懸念は高まりこそすれ鎮まることはなく、日本社会が震災後の状態から今後とも回復していく上で深刻な障害として立ちはだかっている。例えば、もしほんの僅かでも放射線が検出されれば、それを政府が適切な基準からみて食して安全という声明を出したとしても、色々な野菜や魚や肉や米(少なくとも新米)を食べることを避ける消費者が増えてきている。・・・・・もう一つの例としては、校庭で生徒が遊ぶことに対する親の反対がある。これも、校庭で検出される放射線のレベルが政府の暫定基準値より低い場合でも起こっている。その結果として最近、政府の暫定基準値そのものが最も低い水準まで引き下げられることになったが、他方それは生徒が外で運動するメリットと親が心配するような子供の被曝可能性のデメリットの板挟みというジレンマに多くの学校を陥れることになった。

なぜこれほど多くの人が、いまだに懸念と恐怖を感じているのだろうか。それにはいくつかの理由が考えられる。まず何よりも、人々が政府を信用しなくなっていることがある。これは政府の原発事故への対応のまずさのために、原発の安全性に関する政府の声明や決定に対して、人々が大きな懐疑心を持ってしまったためである。もう一つの理由は、放射線のリスクについて原子力の専門家の間でも分からないことが多く、意見も極端に分かれているために、人々は被曝の健康への影響について確信が持てず、大事をとって最悪のシナリオに従うという傾向があるからである。このような理由で、「合理的」に行動する人々もいるのに対して、他の多くの人は単に原子力の放射線と聞くだけで過剰な反応を起こし、過度に心配しているだけであり、それが日本の復興を妨げ、海外での日本のイメージにマイナスに働いている可能性が高い。それではなぜ、時間とともに放射線に関するより多くの客観的情報が得られるようになってきているにもかかわらず、そのような人々の間での懸念や恐怖は収まらないどころか増大しているのだろうか。

一つのありえそうな理由は、よく行動経済学で説明されるような非合理な人間行動に関する最近の研究結果によると、人々は校庭での放射線被曝による健康への影響の可能性というマイナスの効果については、実際の影響より以上に恐れる傾向があり、たとえ校庭で生徒が運動することで被曝による健康被害以上のプラスの効果がある可能性があっても、マイナス面をより強く恐れる傾向があるという。また、人々は被曝による癌発症のリスクというマイナスの事態の可能性は実際の確率よりもより起こりやすいと信じるのに対して、運動することでさらに健康になり癌などにかからなくなるというプラスの事態の可能性は実際に起こるよりも低い確率であると信じる傾向がある。その結果、人々は放射線被曝のリスクについてますます懸念をいだくようになり、客観的情報とは異なっても、自分たちが信じ込んだ放射線によるマイナスの影響を避けようとますます厳しい規制を求めるようになるのである。

一般の人々の間にあるそのような主観的な偏向を克服するためには、単に事実の情報の公開や、安全基準についての政府の発表だけではまったく不十分である。緊急に必要なのは、人々に適切な情報を適切なコンテキスト(文脈)に位置付けて知らせることである。例えば、ある一定レベルの放射線が検出されたある地点で生活することは、癌やその他の疾病の発症率から見て、ある一定レベルの肥満や運動不足や喫煙と同じ程度のリスクであるといったような情報の提供である。そのような適切なコンテキストが与えられれば、人々は色々な可能性を考慮に入れて合理的な決定を行うことができるようになり、もっぱら被曝のリスクだけにとらわれて非合理な行動を起こして、それがかえってより悪い健康被害をもたらすといったことを避けることができる。そのように客観的な情報に基づいて合理的に行動することが、当面の放射線被曝の問題だけでなく、将来の日本の原子力エネルギー政策といったより幅広い問題に対しても基本的に重要であるといえよう。
以上
スポンサーサイト
  1. 2011/09/11(日) 23:24:01|
  2. Commentary

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。