JAPAN-QUEBEC:日本・ケベック情報

To Promote Japan-Quebec Relations by Posting Information about Quebec: カナダ・ケベック州の情報を発信して日本・ケベック関係を促進する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Phil Wood "Intercultural City": フィル・ウッド「インターカルチュラル・シティ」

“Intercultural City: Planning for Diversity Advantage at the City Level”
JRIPEC Lecture Series at Aoyama Gakuin University

Lecturer: Mr. Phil Wood, Urban Therapist, Comedia, UK
Day/Time: January 20, 2012; 2:00-4:00pm
Place: So Ken Building, Aoyama Gakuin University, Tokyo
Organizer: JRIPEC (Joint Research Institute for International Peace and Culture), Aoyama Gakuin University
Moderator: Dr. Sayoko Iizasa, JRIPEC, Aoyama Gakuin University

120120W20.jpg

Mr. Phil Wood, as a leading proponent of “interculturalism,” gave a talk about the benefits of diverse people interacting with each other in city development.

After emphasizing the importance of a change in mindset about diversity, not as a threat but as an opportunity for creativity and innovation, Mr. Wood critically reviewed the past city policies for immigrants in Europe, namely, “guest worker policy” in the UK, “assimilation city policy” in France, and “multicultural city policy” in Scandinavian countries. Rather than adopting such policies that fail to encourage the interaction of diverse people including immigrants, cities should take the “intercultural cities” approach to give reasons and incentives for diverse people to interact, along with places, institutions, agents and tools of interaction. In other words, the city might be regarded not as a static machine but as a dynamic ecosystem, where social conflicts are managed rather than suppressed in order to achieve the diversity advantage of human interaction, according to Mr. Wood.

Finally, he gave his reflections on Japan regarding interculturalism, and pointed out the existence of fears and barriers which are preventing accommodation of diverse people including foreigners in many Japanese cities. At the same time, however, Mr. Wood took note of many city administrators and community leaders who are capable of dealing with potential conflicts and creating diverse advantage for their cities and regions, such as Hamamatsu City with emphasis on public education for all children including foreigners living in the city.

Throughout his talk and Q&A session, Mr. Wood’s positive and optimistic attitude toward interculturalism was quite impressive and persuasive, making the audience feel a little better about the future of city life in the globalized world.

References:
Phil Wood Home:
http://philwood.eu/
Phil Wood and Charles Landry “Intercultural City”
http://philwood.eu/#/books-for-sale/4538051660

-----------------------------------------------------------------------------
「インターカルチュラル・シティ:文化の多様性を活かす都市政策の実践」
青山学院大学国際交流共同研究センター講演会

講師:フィル・ウッド氏
日時:2012年1月20日(金)14:00-16:00
場所:青山学院大学・総研ビル3階第11会議室
主催:青山学院大学国際交流共同研究センター
司会:飯笹佐代子博士・青山学院大学国際交流研究センター

「インターカルチャリズム」の先駆的な提唱者であるフィル・ウッド氏は「インターカルチュラル・シティ」のテーマを取り上げ、都市の発展において多様な人々の交流が生み出す利益について講演を行った。

ウッド氏は、多様性を脅威としてではなくチャンスとして捉えるような意識改革の重要性を強調するとともに、ヨーロッパでこれまで取られてきた移民のための都市政策、具体的にはイギリスの「ゲストワーカー政策」、フランスの「同化都市政策」、北欧諸国の「多文化都市(マルチカルチュラル・シティ)政策」などを批判的に取り上げた。そのような移民を含む多様な人々の交流を阻害する政策を取るのではなく、都市は「インターカルチュラル・シティ」のアプローチを取るべきで、多様な人々が交流するための目的や誘因を与え、また交流の場所、制度、支援者、手段も提供する必要がある。つまり、都市は静的な機械ではなく、動的なエコシステムとしてみなされるべきで、多様な人々の交流の優位性を達成するためには、対立を抑制するのではなく明らかにしてマネージすることが望ましいというのがウッド氏の主張であった。

最後に、日本のインターカルチャリズムについての印象として、多くの日本の都市において外国人を含む多様な人々を受け入れることを阻む障害や恐怖感があることを指摘した。しかしその一方でウッド氏は、日本では多様性から生じる対立をうまく処理し、逆に多様な交流の優位性を生み出す能力をもつ都市の行政担当者や地域のリーダーたちが多くいるようであると述べ、外国人を含むすべての住民の子供たちに公的な教育を保証する宣言を行った浜松市の例を取り上げた。

講演でも質疑応答でもウッド氏が示したインターカルチャリズムに対する常にポジティブで楽観的な見方は、非常に印象的で説得力のあるものであった。それはグローバル化した世界における都市生活の将来についての希望を参加者に与えたといえよう。

参考:
フィル・ウッド氏のホームページ:
http://philwood.eu/
フィル・ウッド氏の著書「インターカルチュラル・シティ」:
http://philwood.eu/#/books-for-sale/4538051660
スポンサーサイト
  1. 2012/01/21(土) 23:04:46|
  2. Report

Miyao Lecture: "What Japan Can Learn from Quebec"

Miyao Lecture: "What Japan Can Learn from Quebec"

Contemporary Quebec Course at Meiji University:
“What Japan Can Learn from Quebec”
Takahiro Miyao (Emeritus Professor, University of Tsukuba)

Date/Time: January 17, 2012; 1:00-2:30pm
Place: Liberty Tower Room 1143, Meiji University, Tokyo
Coordinator: Professor Yoshikazu Obata

Based on students’ responses to a questionnaire on what Japan can learn most from Quebec, Prof. Miyao lectured on the strengths of Quebec compared to Japan in each of the following areas: political leadership, economic vitality, frontier technology, public relations diplomacy, social reform, cultural strategy, and language policy.
It was concluded that in all of these areas, especially the political initiative for the project of a generation “Plan Nord”, Japan could learn a lot from Quebec in order to overcome the two decades of stagnation and revitalize its economy and society.
After the lecture, the students’ interests in Quebec seem to be broadened from culture and languages to include political, economic and social aspects, according to their revised responses to the same questions given before the lecture.

For the English translation of the presentation material, see the following:
http://japanquebec.blog76.fc2.com/blog-entry-80.html
For a Japanese version of this report with some photos, see the following AJEQ Blog:
http://ajeq.blog.so-net.ne.jp/2012-01-18

宮尾教授は日本がケベックから何も学べるかについて、講義の前に受講生に向けて行ったアンケートの結果に基づき、以下のそれぞれの分野で日本が学ぶべきケベックの強みについて講義した:政治リーダーシップ、経済のバイタリティ、先端技術、広報外交、社会改革、文化戦略、および言語政策。
結論は、以上のすべての分野で、特に世代プロジェクトである「北部開発」を打ち出す政治的なイニシアチブなどについて、日本がケベックから学べば、過去20年におよぶ停滞を克服し、経済社会を再活性化できるであろうというもの。
講義の後で受講生に前と同じアンケートの質問をしたところ、学生たちの興味が、文化や言語だけから政治・経済・社会の側面をも含むものに広がったようであった。
なお、プレゼンの資料の英語版は以下を参照:
http://japanquebec.blog76.fc2.com/blog-entry-80.html
また、より詳細なレポートと写真は、以下の日本ケベック学会・資料集ブログを参照:
http://ajeq.blog.so-net.ne.jp/2012-01-18

(文責:宮尾尊弘)
------------------------------------------------------------
  1. 2012/01/19(木) 09:45:01|
  2. Report

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。