JAPAN-QUEBEC:日本・ケベック情報

To Promote Japan-Quebec Relations by Posting Information about Quebec: カナダ・ケベック州の情報を発信して日本・ケベック関係を促進する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Interview with Mr. Carpentier:カーポンティエ氏とのインタビュー

Interview with Mr. Carpentier:カーポンティエ氏とのインタビュー

Interview Series #7:インタビューシリーズ#7
Mr. Carpentier Carpentier45.jpg

Interviewee: Mr. Marc Carpentier
Broadcast Media Specialist, NHK, Freelancer
(Date: April 17, 2007; Place: NHK, Shibuya, Tokyo; Interviewer/Writer: Takahiro Miyao)

Summary of Mr. Carpentier’s Interview

(The following is a summary of my interview with Mr. Carpentier about his documentary, “From Quebec to Tokyo,” regarding Quebec and Japanese performing arts)

I got interested in Japan as I took up such Japanese martial arts as Judo and Karate in Quebec when I was young, and also practiced Shiatsu while I was living in Vancouver before coming to Japan as a journalist. I was intrigued and fascinated by Tokyo. It seemed perplexing and full of paradoxes, but soon I began to realize that there is something common between Quebec and Japan, especially in the arts field, where Quebec artists and their Japanese counterparts attract each other strongly. On the surface, they look very different as Quebec arts are young and spontaneous, whereas Japanese arts are old and formal, but underneath there is definite commonality in spirit and sensitivity, particularly in contemporary performing arts.

In fact, Quebec artists have been interacting with Japanese artists for over 30 years now, giving and taking the “power” of cultural interaction and transformation. Such artistic power exchanged between Quebec and Japan is the main theme of my documentary, “From Quebec to Tokyo,” which I have been working on for the last four years. It consists of two parts, where in Part 1, I focus on Robert Lepage, world-renowned playwright from Quebec, who has been attracted to Japanese culture and language since his early childhood years, and interacting with various performing arts communities in Japan for the last few decades. For example, his collaboration with famous Kyogen master Mansai Nomura is well known. In part 2, I take up various interactive activities by Quebec and Japanese performing arts communities with a focus on Seiji Takaya, Artistic Director of Aoyama Theater, who has been quite active in arranging international events for Quebec and Japanese artists, producing very high standard performances for many years.
Through this documentary I would like to convey my feeling that Quebec and Japan share many cultural and social challenges and, therefore, should interact more, not just in the performing arts, but also in broader cultural and social fields, for the sake of each other as well as the world at large. I am now negotiating with major broadcasters in Canada to air this documentary, and plan to edit a version for Japanese audiences. I hope that material of this kind will inspire and facilitate better mutual understanding between the people of Quebec and Japan in the future.
References:
Marc Carpentier, Broadcast Specialist:
http://www.marccarpentier.net/index.html
Marc Carpentier “De Quebec a Tokyo,” The Canada-Japan Society, Newsletter No.50, March 2007

(Interviewer: Takahiro Miyao)
-------------------------------------------------------------
カーポンティエ氏インタビューの要旨

(以下は、ケベックと日本の舞台芸術に関するドキュメンタリー「ケベックから東京へ」を作成したマーク・カーポンティエ氏のインタビューの要旨である)

私の日本への興味は、ケベック州で育った子どもの頃に柔道や空手を習っていたことに始まり、その後バンクーバーで指圧師として活動した後に、ジャーナリストとして訪日した。東京に引きつけられ、魅せられたのが訪日の理由であるが、来てみると東京は混沌として矛盾だらけの街に見えた。しかし間もなくケベックと東京の間には何か共通点があり、特にケベックと日本の舞台芸術家がお互いに引かれる何かがあることに気づいたのである。表面的にはケベックの芸術は若く自発的であるのに対して、日本の芸術は伝統的で形式を重んじる点で、まったく違って見えるが、深い精神や感性のレベルで共通点があり、特にそれが舞台芸術の分野では明らかであるといえる。

実際に、ケベックと日本の芸術家は過去30年間にもわたって交わりを続けており、文化的な交流と転換の「パワー」をやりとりしている。そのような交流の文化的パワーこそ、私がここ4年ほどかけて作成中のドキュメンタリー「ケベックから東京へ」の主要テーマなのである。それは2つのパートから成っており、パート1では、世界的に有名なケベックの脚本家であるロベルト・ルパージュに焦点を当てて、彼が子どもの頃から日本の文化や言語に興味を持ち、その後何十年にもわたって日本の舞台芸術社会と交流を続けていることを取り上げている。例えば、彼と狂言で有名な野村萬斎とのコラボレーションはよく知られている。またパート2では、ケベックと日本の舞台芸術家どうしの色々な交流を取り上げるが、特に青山劇場の事業部長である高谷静治氏に焦点を当てて、彼が何年にもわたってケベックと日本の芸術家のために高い水準の国際的なイベントを実施してきたことを描いている。

このドキュメンタリーを通じて伝えたいことは、ケベックと日本が多くの文化的・社会的な課題を共有していること、またそれゆえに舞台芸術だけでなくより広い文化・社会的分野でもっと交流を深めて、お互いのため世界のために協力していくべきということである。現在、このドキュメンタリーがまずカナダで放映されるように主要なテレビ局と交渉中であり、また日本でも見てもらえるように編集する予定である。このような作品が、今後のケベックと日本の相互理解を高め深めることを期待したい。
参考:References
マーク・カーポンティエ(Marc Carpentier, Broadcast Specialist)
http://www.marccarpentier.net/index.html
Marc Carpentier “De Quebec a Tokyo,” The Canada-Japan Society, Newsletter No.50, March 2007

以上(文責:宮尾尊弘)
スポンサーサイト
  1. 2007/04/23(月) 17:26:41|
  2. Interviews
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://japanquebec.blog76.fc2.com/tb.php/13-fac4aaff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。