JAPAN-QUEBEC:日本・ケベック情報

To Promote Japan-Quebec Relations by Posting Information about Quebec: カナダ・ケベック州の情報を発信して日本・ケベック関係を促進する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Interview with Mr. Mohan Patel:モハン・パテル氏とのインタビュー

Interview with Mr. Mohan Patel:モハン・パテル氏とのインタビュー

Interview Series #8:インタビューシリーズ#8

Mr. Mohan Patel PatelA60.jpg

Interviewee: Mr. Mohan Patel
Representative Director, Investissement Quebec-Japan Office
(Date: June 14, 2007; Place: Delegation Office of Quebec Government; Interviewer/Writer: Takahiro Miyao)

Summary of Mr. Patel’s Interview

My relationship with Japan dates back to my childhood years, as I used to live in Kobe with my parents who came from India to do business in Japan. Then, I moved to the U.S. for education, then to Montreal, Canada, before being hired by a Japanese trading company, which sent me to their Tokyo office. That was in the 1980s and stayed with that company until 2003. Those were exciting years, when I made a lot of personal as well as business connections, some of which I am now trying to reestablish for my current work.

I am now working for “Investissement Quebec” (or "investment Quebec"), which is a government organization with its president-director general originally from the banking industry. In fact, Investment Quebec might be regarded as a combination of an economic development agency and a bank. But it is different from a purely private bank, because inducing foreign investment into Quebec is not a short-term job with profit orientation, but will require long-term efforts and commitment. This is why the government is behind it, and we are trying our best to obtain good results, hopefully satisfying even commercial criteria.

Of course, there is strong competition in attracting Japanese investment to North America. It comes from the U.S. as well as other Canadian provinces. Having lived in Montreal and elsewhere, however, I can clearly present to potential investors a number of merits and advantages that Montreal and other cities in Quebec possess. For one thing, we have low-cost and high-quality electricity available to business. Second, we have a strong IT industry, especially in the multi-media field. A related point is the strength of our universities and research institutions which are producing good human resources with creativity and often multi-language skills. This means that if you come to Quebec to set up your base in North America, you will also be able to explore the European market through Quebec with its people, language, and culture close to Europe. These are some of the specific advantages that Quebec possesses over other regions in North America, I believe.

From the Japanese companies’ viewpoint, I can also see some more advantage in employing people in Quebec, because they generally prefer to stay and enjoy life within Quebec, rather than moving around for better economic opportunities as in America and other Canadian provinces. This means that Japanese companies could develop a long-term relationship with each employee for mutual benefit more easily in Quebec than anywhere else in North America.
Therefore, my task is to let Japanese businesspeople be aware of these advantages by holding a series of lectures and seminars about investment in Quebec. At the same time, an important thing is to find those companies that are actually planning to expand their operations overseas, especially in North America. In any case we need sustained, constant efforts in this regard, and that is why I am here in Tokyo to represent the public organization, Investment Quebec. Having lived on the both sides of the world, I feel this is a very gratifying job for me.
References:
Investment Quebec (English):
http://www.investquebec.com/en/index.aspx?
Investissement Quebec (French):
http://www.investquebec.com/fr/index.aspx

(Interviewer: Takahiro Miyao)
----------------------------------------------------------------
モハン・パテル氏インタビューの要旨

私と日本との関係は、私が子供のころに遡ります。私の両親がビジネスのために日本に来て神戸に住んだので、私はそこで育ちました。その後、私は米国の大学に行き、その後モントリオールに移ってからしばらくして日本の商社の現地法人に雇われて、東京本社に送られることになったのです。それは1980年代のことで、その商社には2003年まで勤めましたが、その間は実にエキサイティングな毎日で、仕事上でも個人的にも多くの人と接することができました。今はその時の関係のいくつかを復活させようとしているところです。
現在、私はInvestment Quebecという政府の組織で仕事をしていますが、これはトップが銀行業界から採用された特別の政府機関といえます。実際にInvest Quebecは、政府の経済開発局と銀行との合体とみなすことができますが、純粋の民間銀行と異なるのは、ケベック州に海外投資を引き込むのは短期の利潤動機の仕事というより、長期にわたる努力とコミットメントが必要な仕事という点です。そのために政府がバックしており、その一方で私たちは良い結果を出すようベストを尽くし、民間のビジネスの基準をも満たすように努力しているのです。
日本の投資を北米に引き付けるということでは、多くの競争相手があることはいうまでもありません。米国と並んでカナダの他の州も競争相手です。しかし私は自分がモントリオールやその他の都市に住んでいたので、モントリオールなどのケベック州の都市の良さや優位性を明確に海外の投資家に示すことができます。まず第1に、ケベックでのビジネスでは安価で良質な電気が利用可能です。第2に、強力なIT産業、特にマルチメディア産業が育っています。それに関連して、大学や研究機関がクリエイティブでしかも多言語に通じる優秀な人材を生み出しています。したがって、もしケベックで北米でのビジネスの基地を作れば、そこで欧州に近い言語や文化を持つ人材を通じて欧州の市場へ打って出ることも可能になるでしょう。これらがケベックの持っている特別の優位性と言えると思います。
さらに日本の企業の立場からすれば、もう一つケベックの人たちを雇う利点があります。それは人々がケベックでの生活を好み定住する傾向があるので、米国やカナダの他の州の人たちのようによりよい経済的機会を求めて動き回るようなことをあまりしません。したがって、日本企業は従業員と長期的な関係を築いてお互いの利益のために努力することが北米の他のどの地域よりも容易にできるのではないでしょうか。
以上のようなケベックの利点を日本のビジネス界に知ってもらうようにすることが私の仕事で、そのために例えば、ケベックへの投資に関する講演やセミナーを開催しています。それとともに重要なのは、日本企業のなかで現在北米にビジネスを拡張しようとしている企業を見つけることです。いずれにしても、そのためには毎日の継続した努力が必要で、したがって私がInvestment Japanを代表して日本に駐在しているわけです。両方の世界に住んだことのある私にとって、これは大変ありがたく、やりがいのある仕事といえます。
参考:
Investment Quebec (英語):
http://www.investquebec.com/en/index.aspx?
Investissement Quebec (仏語):
http://www.investquebec.com/fr/index.aspx

以上(文責:宮尾尊弘)
スポンサーサイト
  1. 2007/07/07(土) 01:49:09|
  2. Interviews
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://japanquebec.blog76.fc2.com/tb.php/14-d77e7bec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。