JAPAN-QUEBEC:日本・ケベック情報

To Promote Japan-Quebec Relations by Posting Information about Quebec: カナダ・ケベック州の情報を発信して日本・ケベック関係を促進する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Interview with LA Representative:ロス代表とのインタビュー

Interview with LA Representative:ロス代表とのインタビュー

Interview Series #9: インタビュー#9
@Los Angeles LAQuebec2.jpg

Interviewees: Mr. Denis Turcotte, Quebec Gov't LA Represenative
together with Ms. Caroline Normandin, Director, Economic Affairs
(Date: July 6, 2007; Place: Westwood, Los Angeles, California; Interviewer/Writer: Takahiro Miyao)

Summary of Mr. Turcotte's Interview

Our mission here in California is diverse, ranging from economic and investment purposes to cultural and public affairs. As far as economc matters are concerned, our main objectives are (1) to develop markets for Quebec products, such as Trader Joe's chain stores handling a lot of maple syrup, cheese and other products from Quebec, for example, and (2) to encourage US investments in Quebec, especially in such advanced fields as multimedia, energy, aerospace, defense, etc. From the Californian viewpoint, currently the hottest areas include optoelectronics and gaming.

In competing with other regions, Quebec has an advantage because of its excellent work force as well as safe and comfortable living conditions, especially in and around Montreal, with multi-cultural backgrounds. Nowadays, high quality labor force has become a more and more imporant factor for business decisions rather than simply low cost labor availability. In this respect, Quebec has been improving its competitive position in terms of education, research and immigration policies.

Here at the LA office with few staff members covering so many fields and so wide geographical areas, we must focus our efforts as pointed out above, while always keeping in mind that we in the public sector are working for the private sector to succeed by promoting a cooperative relationship between the public and the private sectors for the sake of Quebec citizens.

Finally, we often use the example of products "made in Japan" to illustrate the importance of branding and perception in promoting our own products. The meaning of the word "made in Japan" has completely been changed since the 50s and 60s, due to the high quality of Toyota and Honda automobiles these days. We are trying to change our perception in the US, following Japan in this regard.
Reference:
Quebec Government Office Los Angeles:
http://www.quebec-losangeles.org/

(Interviewer: Takahiro Miyao)
----------------------------------------------------
トゥルコット氏インタビューの要旨

ここカリフォルニアでの私どもの役割りは、経済、投資、文化、外交など多岐にわたっていますが、経済関係では主に2つの目的があります。(1)ケベックの商品に対する市場を開拓することで、例えばトレーダージョーなどのチェインストアがケベックのメープルシロップはチーズなどを扱っていますが、そのような市場を拡大すること、また(2)ケベックへの米国からの投資を促進することで、特にマルチメディア、エネルギー、航空、防衛産業などの先端分野に焦点を当てています。現在カリフォルニアで注目されているのは、オプトエレクトロニックスとゲームの分野などといえます。
ケベックは他の地域と比べると、優秀な労働力があることと安全で快適な生活が営めることが強みで、特に多文化のバックグランドを持つモントリオール周辺はその典型です。今日では高い質の人材という要因が、単に労働コストが安いという要因よりもビジネスの決定においてますます重要性を増しており、この点でケベックは、教育、研究、移民政策などを通じて競争力を強めています。
ここロスのオフィスでは数少ないスタッフで多くの分野や広い地域をカバーしているので、私たちの努力を上に述べたような分野に集中するよう心がけています。それと同時に私たち公的部門のメンバーは、民間部門と協力関係を促進し、民間部門が成功するように努力すべきで、それがケベック市民のためになることを常に忘れないようにしています。
最後に私どもはよく日本の製品の例を使って、自国の製品を海外で宣伝する場合にブランドやイメージがいかに大切かを説明しています。「メイドインジャパン」という言葉の意味は、1950年代や60年代に比べると今日はトヨタやホンダの自動車の例を引くまでもなく大きく様変わりしました。この例にならって、私どもも米国におけるケベック製品のイメージを一変するように努力しているのです。
参考:
ケベック政府ロサンゼルスオフィス:
http://www.quebec-losangeles.org/

以上(文責:宮尾尊弘)
スポンサーサイト
  1. 2007/07/15(日) 06:39:32|
  2. Interviews
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://japanquebec.blog76.fc2.com/tb.php/15-1343ef6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。