JAPAN-QUEBEC:日本・ケベック情報

To Promote Japan-Quebec Relations by Posting Information about Quebec: カナダ・ケベック州の情報を発信して日本・ケベック関係を促進する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Interview with Ms. Frangioni:フランギオニ氏のインタビュー

Interview with Ms. Frangioni:フランギオニ氏のインタビュー

Interview Series #11 (@Montreal):インタビュー#11
Marina Frangioni 70829MF2A.jpg

Interviewee: Ms. Marina Frangioni
Team Coordinator, Marketing & Promotion, Strategic and Tactical Task Force, City of Montreal
(Date: August 29, 2007; Place: City of Montreal, 303 Notre-Dame East, 6th floor; Interviewer/Writer: Takahiro Miyao)

In response to the interviewer’s questions about various issues surrounding Montreal such as recent economic development, cultural policies, public transportation, social housing, relations with higher levels of government, etc., Mr. Frangioni explained the present condition of the city as well as the main pillars of the city’s plan, “Montreal 2025,” concerning the future of Montreal with respect to these issues. It seems that there is much for Japanese cities to learn from the experience and planning of the City of Montreal as explained below.

Summary of Ms. Frangioni’s Interview

First, regarding economic development, Montreal has recently been improving its economic performance and is expected to be one of the fastest growing cities east of the Prairies for 2007. This is mainly due to the success in developing and attracting “knowledge-based” creative industries on the part of the City of Montreal. We wish to continue this desirable economic trend and, therefore, have included our agenda to transform Montreal into a city of knowledge, creativity and innovation in our long-term planning, “Montreal 2025” (see the reference below), where special emphasis is placed on the promotion of growth sectors by creating centers for health science, biotechnology, film and TV industries, and various trade-related activities.
Regarding cultural and artistic strategies, Montreal has already developed the “entertainment” district, which is a center for movies, theaters, gaming and other digital content industries. It is also emphasized in “Montreal 2025” that various boundaries between culture and technology should be broken down in order to make the city an avant-garde cultural metropolis.
Montreal has also been making substantial progress in social policies and infrastructure investment in recent years such as provision of “social housing” for those who could not otherwise afford decent housing and improvements in public transportation in order to reduce reliance on private automobiles. Developing an efficient network of public transportation as well as wireless broadband communications connection is one of the important pillars of “Montreal 2025.”
For the purpose of funding these social policies and infrastructure projects to improve the quality of city life without heavily depending on subsidies by higher levels of government, the City of Montreal is taking initiative in forming a national forum of major cities in Canada (see the reference below) to work together for strengthening the health of municipal finances and for improving the quality of life for city residents.
Finally, the key to success in achieving all these objectives is open dialogue and close cooperation in the spirit of equal partnership with other municipalities as well as higher levels of government, and this is a real challenge facing the City of Montreal in the years to come.
References:
1. Montreal’s Official Site: http://ville.montreal.qc.ca/
2.“Montreal 2025":
http://ville.montreal.qc.ca/portal/page?_pageid=3276,4001900&_dad=portal&_schema=PORTAL/
3. Metropolitan Montreal: Regional Version of 2025:
http://www.cmm.qc.ca/index.php?id=3D309/
4. National Forum of Big Cities in Canada: http://www.cmm.qc.ca/bc22/

(Written by T. Miyao)
---------------------------------------------------
マリナ・フランギオニ女史
モントリオール市・戦略戦術チー・コーディネーター
(2007年8月29日、モントリオール市庁舎にて;聞き手:宮尾尊弘)

モントリオールをめぐる様々な問題、例えば最近の経済成長、文化政策、交通や住宅などの社会政策、州や連邦政府との関係などについての聞き手の質問に対して、フランギオニ女史は、これらの問題に関するモントリオール市の現状と将来計画「モントリオール2025年」の主要な柱を詳しく説明した。以下でその説明の要点を示すが、モントリオールの経験と計画から日本の都市が学ぶものは大きいといえる。

フランギオニ女史とのインタビュー・サマリー

第1に経済成長の面で、モントリオールは最近経済のパフォーマンスの改善が著しく、2007年は東部で最も成長率の高い都市になると予測されている。これは主に、モントリオール市が創造的な知識産業を自ら開発し、また外からも引き付けたことによる。このような望ましいトレンドを保つために、市の長期計画「モントリオール2025年」(上のReference参照)において、医療科学、バイオテクノロジー、映画テレビ産業、貿易関連などのビジネスのセンターを創出して、成長分野の振興に力を入れることにより、モントリオールを「知識・創造・革新の都市」にすることを目標の一つに位置づけている。
第2に文化・芸術戦略としては、 モントリオールはすでに映画、劇場、ゲーム、その他のデジタルコンテンツ産業のセンターとして「エンタテインメント地区」を作り出している。このような流れは「モントリオール2025年」の計画でも強調されており、特に文化と技術の間の垣根を取り払い、モントリオールを前衛的な文化都市にすることが謳われている。
さらにモントリオールは、公共住宅や公共交通機関に対する社会政策やインフラ整備についても近年著しい進展を遂げている。その上で、将来に向けて公共交通および無線高速情報網のネットワーク整備が、「モントリオール2025年」計画の重要な柱の一つになっている。そして、これらの都市生活の質を高めるための社会政策やインフラ整備を、州や中央政府の補助金に大きく依存することなく進めるために、モントリオールはカナダの主要都市のフォーラムの形成にイニシアティブを発揮しており(上のReference参照)、これによって都市の財政を健全化し、市民の生活の質を改善するために都市間の協力を推進しつつある。
最後に、これらの目的を達成するためのカギは、他の都市や州政府や連邦政府とイコール・パートナーシップの精神でオープンな対話と緊密な協力関係を築くことで、これが今後何年にもわたってモントリオール市が直面する大きな課題であるといえるであろう。

(文責:宮尾尊弘)
スポンサーサイト
  1. 2007/09/10(月) 11:52:53|
  2. Interviews
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://japanquebec.blog76.fc2.com/tb.php/18-bad58bc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。