JAPAN-QUEBEC:日本・ケベック情報

To Promote Japan-Quebec Relations by Posting Information about Quebec: カナダ・ケベック州の情報を発信して日本・ケベック関係を促進する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Interview with Mr. Arsenau:アルセノー氏のインタビュー

Interview with Mr. Arsenau:アルセノー氏のインタビュー

Interview Series #12 (@Montreal):インタビュー#12

Mr. Arseneau (left) 70829PA11.jpg

Interviewees: Mr. Philippe Arseneau (President), Mr. Yuji Obata (Vice-President) & Ms. Genevieve Poirier (MEDIE)
Quebec-Japan Business Forum @Montreal
(Date: August 29, 2007; Place: Ministry of Economic Development, Innovation & Exports, 380 Saint-Antoine West, 5th floor; Interviewer/Writer: Takahiro Miyao)

Quebec-Japan Business Forum President Philippe Arseneau (JAL), along with other members including Mr. Yuji Obata (Brother Int’l Corp.) and Ms. Genevieve Poirier (MEDIE), explained the historical background of the Forum and its current and future roles in revitalizing business relations between Quebec and Japan. Some new ideas were presented to attract more Japanese business to Montreal and the Province as a whole, as summarized below.

Summary of Mr. Arseneau’s Interview

Quebec-Japan Business Forum started about two decades ago, when Japanese financial institutions contributed a substantial amount of money to launch a forum for matching Japanese large companies with their counterparts in Quebec. Since then, many of the Japanese financial institutions and large companies have left Montreal and the Forum has undergone basic change in character from the big business orientation to a more diverse business activity with smaller companies in Quebec.
Now the Forum membership encompasses almost all industries, and 30-40 company representatives regularly attend conferences and seminars organized by the Forum, where Japanese speakers explain their business to Quebec members or vice versa. In this atmosphere, a kind of synergy among small innovative companies seems to be emerging to develop newly expanding business opportunities for both Quebec and Japan. In a sense, this reflects the recent development of the Quebec economy, which is more oriented toward innovative high-tech industries than before.
As for the future of Quebec-Japan business relations, there are many opportunities to explore and, among other things, tourism may seem quite promising. Currently a relatively small number of tourists are visiting Quebec, mainly for viewing autumn colors, but many more can travel all around Montreal, Quebec City and the rest of the Province throughout the year, if more active PR and marketing campaigns are conducted to attract Japanese tourists to Quebec. There should be direct flights connecting Montreal and Japanese cities, and that would benefit the both sides, as Japan would also like to attract more tourists from Quebec.

Summary of Other Members’ Comments

Mr. Yuji Obata: More interactions should be generated between Japanese research institutions and their counterparts in Quebec in order to encourage innovations in business and society both in Quebec and Japan, which could not survive in global competition without innovations. On the both sides there seem to be many excellent researchers and engineers, who are ready to interact with each other in such high-tech fields as optoelectronics, nanotechnology, biotechnology, etc.

Ms. Genevieve Poirier: Creative and Innovative ideas in Quebec are quite visible in design and fashion, and creatively designed products, e.g., furniture, in Quebec are very popular among young people in big cities all over the world, especially in Japanese cities. Quebec should make use of its creative and innovative ideas to develop a closer business relationship with Japan in the future.

Reference:
Quebec-Japan Business Forum website:
http://www.forumquebecjapon.com/indexen.php?section=mandate

(Written by T. Miyao)
--------------------------------------------------------------
フィリップ・アルセノー氏
「日本・ケベック・ビジネスフォーラム」会長
(2007年8月29日、ケベック州経済発展革新貿易省舎にて;聞き手:宮尾尊弘)

フィリップ・アルセノー氏は、他のフォーラム会員であるユージ・オバタ氏(ブラザー)およびジェネヴィーヴ・ポアリエ女史(経済発展革新貿易省)と共にインタビューに応じ、「日本・ケベック・ビジネスフォーラム」のこれまでの歴史的な経緯、および今後日本とケベックの経済関係を活性化していく上で果たすべき役割について説明を行った。また、下に要約するように、モントリオールとケベック州全体に対して日本のビジネスを引き付けるような新しいアイデアもいくつか提示された。

アルセノー氏とのインタビュー・サマリー

ケベック・日本・ビジネスフォーラムは、20年ほど前に日本の金融機関がかなり多額の資金を出して日本の大企業とケベックの企業の橋渡しをするフォーラムを作ったことからスタートした。しかしその後は多くの日本の金融機関や大企業がモントリオールから撤退し、このフォーラムの性格も大きく変わらざるをえず、大企業中心からより規模は小さいが多様なビジネス活動を行うようになった。
今や当フォーラムの会員メンバーは、ほぼあらゆる産業に及んでいる。そして、フォーラム主催の会合やセミナーには、毎回30-40人程度の企業代表が参加しており、日本人の報告者がケベックの会社の会員たちに対して話すこともあれば、その逆の場合もある。そのような雰囲気の中で、小さいながら革新的な企業の間でのシナジーが生まれて、日本とケベックの両方にプラスになる新しいビジネスチャンスを広げることに役立っている。これは革新的なハイテク産業が中心に発展する最近のケベック経済の動向を反映しているといえる。
今後の日本とケベックの関係の見通しについては、いくつかの可能性があるが、特に有望株として注目したいのが観光である。現在、日本からケベックの紅葉見物に多少観光客が訪れているが、日本からの旅行者向きにより積極的なPRのキャンペーンを行えば、もっと多くの観光客が年間を通じてモントリオールとケベック市だけでなくケベック州の他の地域も訪れるようになることが期待される。モントリオールと日本の都市の間を結ぶ直行便も必要になるであろう。それは、ケベックからの観光客を呼びたい日本にとってもまたプラスになることである。

他のメンバーによるコメントのサマリー

ユージ・オバタ氏:日本とケベックの間で、経済社会の革新を生み出すような研究機関どうしの交流を促進すべきである。日本のケベックも革新なしにはグローバルな競争の中で生き残っていることはできない。実際に日本側でもケベック側でも優秀な研究者や技術者がおり、特に光エレクトロニックス、ナノテク、バイオテクノロジーなどのハイテク分野で交流することがお互いにとってプラスになるであろう。

ジェネヴィーヴ・ポアリエ女史:ケベックの創造的で革新的なアイデアは、デザインやファッションの分野で目立っており、創造的なデザインのケベック製品(例えば、家具)は世界中の大都市の若者の間で大人気で、日本の都市でも若者を引き付けている。したがって、ケベックはこの創造的で革新的なアイデアを使って、今後日本とのビジネス関係を強めるように努力すべきである。

参考
「日本・ケベック・ビジネスフォーラム」のHP:
http://www.forumquebecjapon.com/indexjp.php

(文責:宮尾尊弘)
スポンサーサイト
  1. 2007/09/17(月) 18:07:17|
  2. Interviews
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://japanquebec.blog76.fc2.com/tb.php/19-1c4447a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。