JAPAN-QUEBEC:日本・ケベック情報

To Promote Japan-Quebec Relations by Posting Information about Quebec: カナダ・ケベック州の情報を発信して日本・ケベック関係を促進する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Interview with Mr. Vincent:ヴァンサン氏のインタビュー

Interview with Mr. Vincent:ヴァンサン氏のインタビュー

Interview Series #13 (@Montreal):インタビュー#13

70829Vin12.jpg

Mr. Gilles Vincent and Ms. Sonia Dandaneau
Interviewee: Mr. Gilles Vincent, Director, Montreal Botanic Garden
(Date: August 29, 2007; Place: Montreal Botanic Garden, 4101 Sherbrooke Street East; Interviewer/Writer: Takahiro Miyao)

Mr. Gilles Vincent (Director) and Ms. Sonia Dandaneau (Cultural Agent, Japanese Garden & Pavilion) spent more than two hours showing me around in the Montreal Botanic Garden, including the Courtyard of the Senses, the Rose Garden, the First Nations Garden, the Chinese Garden as well as the Japanese Garden and Pavilion, all of which I enjoyed very much. Especially, the Japanese Garden, designed by master architect Ken Nakajima, was so impressive and the Japanese Pavilion, full of Japanese culture and art, was so delightful, and should be quite useful in promoting mutual understanding of Quebec and Japan in terms of history and culture.

Summary of Mr. Vincent’s Interview

The Montreal Botanic Garden is open to everyone, especially to local citizens, who “own” this garden. Although I am the director of the Garden, I could not change any part of it without approval of local citizens. In return, a majority of our visitors, about a million a year, are repeaters from the greater Montreal area, and this is a remarkable phenomenon in view of increasing alternative attractions for local citizens.
Another important aspect of the Botanic Garden is its emphasis on research and education. A team of experts are conducting scientific research at the Garden as part of the plant biology research institute at the University of Montreal in cooperation with the City of Montreal, trying to contribute to the advancement of scientific knowledge as well as improvements in the urban environment. The Botanic Garden also plays an educational role by offering various opportunities for young people to enjoy and learn about the wonderful world of plants.
One of the advantages that this huge garden has is its variety. One can enjoy both the Japanese Garden and the Chinese Garden, which are located side by side, and also wander around in the First Nations Garden. Or one can walk from the Courtyard of the Senses through various vegetable gardens to the Rose Garden. There are so many to see and so much to enjoy that one would feel like coming back again and again.
Regarding the Japanese Garden and Pavilion, Ms. Sonia Dandaneau is doing a good job in organizing special exhibitions and cultural activities to help visitors enjoy and understand the original spirit of Japanese culture and traditions. An excellent bonsai collection and tea ceremonies are also popular attractions, creating more repeaters to the Japanese Pavilion every day. All these must be contributing much to the public’s understanding of Japanese culture and society.
70829Vin81.jpg

Reference:
Montreal Botanic Garden:
http://www2.ville.montreal.qc.ca/jardin/en/menu.htm

(Written by T. Miyao)
-------------------------------------------------------------
ジル・ヴァンサン氏
モントリオール市立植物園園長
(2007年8月29日、モントリオール市立植物園、聞き手:宮尾尊弘)

ジル・ヴァンサン氏(植物園園長)とソニア・ダンダノー女史(日本庭園・日本館館長)は、2時間以上もかけて植物園の中を色々と案内してくれたが、どこも興味深いものばかりであった。特に日本庭園と日本館は実によく作られており、日本とケベックの間の歴史・文化についての相互理解に役立つことは間違いない。

ヴァンサン氏とのインタビュー・サマリー

モントリオール植物園は誰に対してもオープンで、特にこの植物園を保有しているモントリオール市民に開かれたものである。私はこの植物園の園長であるが、市民の了承なしには何も変えることはできない。その代わりに、年間約100万人の来園者の過半数が地元のリピーターである。これは今のような他のアトラクションが増えている時代には、驚くべきことといえる。
この植物園のもう一つの重要な特色は、研究と教育に力を入れていることである。研究はモントリオール大学とモントリオール市が協力して園内で色々な研究を進めており、科学的知識の進歩とともに都市環境の改善のために役立てようと努力している。また教育上の役割も大きく、若い人たちを植物の世界に導く役割を果たしている。
この巨大な植物園が持つ利点の一つは、その多様性である。日本庭園と中国庭園を比べて、さらに原住民の庭園にも行くことができる。また感性の庭から始まって、様々な野菜畑を通り抜けてバラ園に行くコースもある。とにかく見るものが多く、盛りだくさんなので、何度もリピートしたくなるのも無理はない。
日本庭園と日本館については、ソニア・ダンダノー女史の努力によって素晴らしい特別展示や文化活動が行われており、訪問客が日本の文化と伝統の精神をよく理解できるように工夫されている。盆栽や茶道も人気があり、多くのリピーターを作り出している。これらはすべて、一般市民による日本伝統文化の理解に貢献することが明らかである。

参考
モントリオール市立植物園:
http://www2.ville.montreal.qc.ca/jardin/en/menu.htm

(文責:宮尾尊弘)
スポンサーサイト
  1. 2007/09/18(火) 00:01:01|
  2. Interviews
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://japanquebec.blog76.fc2.com/tb.php/20-6ae95c97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。