JAPAN-QUEBEC:日本・ケベック情報

To Promote Japan-Quebec Relations by Posting Information about Quebec: カナダ・ケベック州の情報を発信して日本・ケベック関係を促進する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Interview with Ms. Bougie:ブジー女史のインタビュー

Interview with Ms. Bougie:ブジー女史のインタビュー

Interview Series #14 (@Montreal):インタビュー#14
Ms. Bougie 70830BB03.jpg

Interviewee: Ms. Brigitte Bougie
Journalist, Radio-Canada,
2007 “Quebec-Japan Prize” Winner
(Date: August 30, 2007; Place: CBC, Radio-Canada, 1400 Rene-Levesque East; Interviewer/Writer: Takahiro Miyao)

It was quite an experience to visit the CBC, Radio-Canada studio and meet Ms. Brigitte Bougie, journalist and newscaster, who has won the 2007 Quebec-Japan Prize (see Footnote). She showed me around in the TV studio and led me to a meeting room, where she told me about her proposed project, “Nagoya, greener than tea,” for which she was awarded the Quebec-Japan Prize. Ms. Bougie will visit Nagoya in October, 2007, to carry out her project, which should help develop a better understanding between Japan and Quebec in general, and between Nagoya and Montreal regarding environmental issues in particular. Currently, Ms. Bougie is very active as a newscaster for Radio-Canada, offering 24 hour news programs in French and English from coast to coast.

Summary of Ms. Bougie’s Interview

I am excited about my visit to Nagota in late October for my project on environmental issues that really interest me these days. I chose Nagoya, not Tokyo, because Nagoya with a little more than 2 million people is more appropriate for the purpose of comparison with the city of Montreal in terms of population size (Tokyo is just too big), and also because Nagoya is well known for its ambitious program to clean up the environment by involving everybody in the city including the mayor.
Nagoya’s program is ambitious, since it aims at reducing greenhouse gas emissions by 10%, much higher than the national reduction target of 6%, by 2010, compared with 1990, hoping to make Nagoya the greenest city in Japan, even “greener than tea.” What interests me is how people in Nagoya are trying to achieve this goal, and what their experience can suggest to residents in Montreal on environmental issues. For example, I would like to see how they handle garbage, recycle materials, and make houses, buildings and factories more energy efficient and environment friendly to build a sustainable community for themselves.
Transportation is of particular interest and importance, because the Nagoya region is home to Toyota, which is probably one of the most environmentally conscious companies in the world. But still using private automobiles, whether hybrid or not, are not helpful in reducing CO2, and use of public transportation should hold a key in solving urban pollution problems. Nagoya also seems interesting in this regard, because of its extensive public transportation system in and around the city.
In any case, I look forward to going to Nagoya, meeting the mayor and residents, and reporting the “Nagoya way” of solving environmental problems. And I plan to make my report public in the form of radio programs and magazine publications upon my return to Montreal this winter. I feel that it is important to inform the public, especially French speaking Quebecois, of what is happening in Japan regarding the environment, because there is so little information about Japan available in French over here. I hope every resident in Montreal will become aware of the problem and get involved in its solution by learning from Japan.

Footnote:
The Quebec-Japan Prize, created in 2003 to mark the 30th anniversary of Quebec’s presence in Japan, is a joint initiative by the Ministry of International Relations, the Federation of Professional Journalists of Quebec and the Foreign Press Center of Japan (from Reference 1)
References:
1. Ministry of International Relations: Information/News
“Québec-Japan Prize goes to Brigitte Bougie”
http://www.mri.gouv.qc.ca/en/_scripts/Actualites/ViewNew.asp?NewID=4567&lang=en
2. Radio-Canada Website: http://www.radio-canada.ca/

(Written by T. Miyao)
---------------------------------------------------------------
ブリジッド・ブジー女史
ジャーナリスト・ニュースキャスター、ラジオ・カナダ
2007年度「日本ケベック賞」受賞者
(2007年8月30日、CBC、ラジオカナダ・スタジオにて;聞き手:宮尾尊弘)

CBC・ラジオカナダのスタジオを訪問し、ジャーナリストでニュースキャスターのブリジッド・ブジー女史にインタビューしたのは実に得がたい経験であった。2007年度の「日本ケベック賞」を受賞したブジー女史のプロジェクトは、「名古屋を緑茶より緑に」というテーマで、名古屋市民の環境問題への取り組みをレポートしようとするもので、今年10月に訪日し、その結果をモントリオール市民に伝えることで、日本とケベックの間の理解、特に環境問題を中心に名古屋とモントリオールとの間の理解を深めることが目的という。現在、ブジー女史はラジオカナダの24時間ニュース番組のキャスターとして活躍中。

ブジー女史とのインタビュー・サマリー

私は非常に興味深いテーマである環境問題についてのプロジェクトで、10月後半に名古屋市を訪問することを楽しみにしているが、そもそも東京でなく名古屋を選んだ理由は、まずモントリオールと比較するのに巨大すぎる東京でなく、人口200万人程度の名古屋が分かりやすいことと、名古屋が市長を含む市民全員を巻き込む思い切った環境対策を打ち出しているからである。
名古屋市の環境対策プログラムは実に思い切ったもので、1990年に比べて2010年までに温暖化ガス排出量を国の6%削減以上の10%削減することを目指し、名古屋を「緑茶よりも緑」にして日本でもっとも「緑色」の都市にしようとするもの。特に私が興味の持っているのは、名古屋市民がこの目標をどうやって達成しようとしているか、そしてその経験からモントリオール市民が環境対策として何を学べるかという点である。例えば、ゴミの分別などの処理方法、資源のリサイクル方法、住宅・ビル・工場などの省エネ化対策などから学んで、いかに持続可能なコミュニティを築くかということが焦点となる。
また、名古屋地域は世界でもっとも環境意識の高い企業の一つであるトヨタのホームグラウンドなので、交通問題は特に重要で興味深いテーマである。しかし、自動車はそれがハイブリッドあろうとなかろうと二酸化炭素を排出するので、むしろ公共交通機関の利用が都市の環境汚染問題の解決にとってはカギとなる。その点でも、幅広く多様な公共交通網が完備した名古屋市を取り上げるのは意味があるといえる。
いずれにしても名古屋に行って、市長や市民と会い、環境問題の「名古屋式」解決方法をレポートすることが今から楽しみで、それを帰国後にレポートにまとめて、ラジオプログラムや雑誌の論文などの形で、特に日本についての情報が少ないフランス語でケベック州の住民に伝えたい。それによって住民皆が環境問題の深刻さに気付き、問題解決に向けて参加し協力するようになることを期待したい。
付記:
「日本ケベック賞」は、日本でのケベック州政府事務所開設30周年を記念して2003年に創設された賞で、ケベック州国際関係省、ケベック・ジャーナリスト協会および日本フォーリン・プレスセンターが共同で提供する賞である。

(文責:宮尾尊弘)
スポンサーサイト
  1. 2007/09/21(金) 23:37:57|
  2. Interviews
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://japanquebec.blog76.fc2.com/tb.php/21-3be495d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。