JAPAN-QUEBEC:日本・ケベック情報

To Promote Japan-Quebec Relations by Posting Information about Quebec: カナダ・ケベック州の情報を発信して日本・ケベック関係を促進する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Interview with Mr. Dubuc:ドゥブック氏のインタビュー

Interview with Mr. Dubuc:ドゥブック氏のインタビュー

Interview Series #15 (@Montreal):インタビュー#15
Mr. Dubuc 70830Dubuc15.jpg

Interviewee: Mr. Alain Dubuc
Journalist, La Presse
(Date: August 30, 2007; Place: La Presse, 750 St-Laurent; Interviewer/Writer: Takahiro Miyao)

Mr. Alain Dubuc is regarded as one of Quebec’s most prominent journalists, and it was intellectually exciting to talk with him about various issues from Japanese youth culture to Quebec’s economic problems. His wide-ranging interests and deep knowledge were quite impressive, and his frank opinions on key issues facing Quebec were extremely interesting. The following is a summary of his views on the economy and culture in Japan and Quebec.

Summary of Mr. Dubuc’s Interview

I have been to Japan twice, as I was very much interested in the Japanese economy as an economist and a business columnist. It was in the 1980s, when the Japanese management model attracted a lot of attention in North America, and we tried to understand it. Some people even tried to copy it, of course, without success, because we cannot copy it in the first place. Nowadays, trends in technology, fashion and lifestyle are coming from Tokyo, and it is interesting to see the interaction of technology and daily life in Japan, especially among young people, mingling electronics, cell phones, games, videos, etc. It seems that Japanese youth are rejecting the traditional monolithic society in Japan and expressing themselves in their own ways, somewhat like baby-boomers in North America at end of the 1960s.

Speaking about Quebec, there have been a lot of changes since the 1960s, especially since the “Quiet Revolution.” Then, Quebec was socially and economically backward, and an important catch-up process took place in the 60s and 70s. But there were also political developments in Quebec, such as the referendum and the language law in the 70s to achieve social justice. Before, francophones were treated as “second-class citizens,” so it was a kind of revolution, if not a violent one, which helped francophone Quebecois regain confidence.

But there was a cost associated with it. In the 70s, Montreal was bigger than Toronto, but we have lost 200,000 anglophones, who have left Quebec for other provinces or elsewhere. A lot of corporate headquarters and investment money have also been lost. Although the Quebec economy is growing with relatively low unemployment these days, the standard of living in the Quebec Province is still about 18% behind Ontario, and the 54th among all Canadian provinces and all the American states. In fact, Montreal is one of the poorest big cities in North America, although we have achieved social justice and a good quality of life. We have high-tech industries, universities and other tools to create wealth, but the results are less than satisfactory. It seems that we have economic problems as well as cultural problems, as there is still some sentiment that economic success is not the objective that we should achieve. This may be because economic success is often falsely identified with an American way which is not as generous and socially just as we should be.

According to my calculation, if we had the same standard of living in Quebec as in Ontario, we would be able to collect income tax about 5 billion dollars more, which would be enough to solve our budgetary problem for necessary social programs. And I am pleased to see that the three leaders of our three political parties in Quebec agree on this point, and the current debate is on how to change the way we have been doing for the last few decades, where there is a kind of consensus that our main objective is to create wealth. This is totally new in our public debate.

Finally, as a member of the board of the Society of 400th Anniversary of Quebec City, I would like to celebrate this occasion by emphasizing Quebec City as a place for encounters, reflecting the past history of the city with many immigrants as well as native Indians encountering and mixing with each other, and making the city more open to outsiders in the future. The Quebec City does not have to be too conservative in trying to keep its identity, as the Quebec Province as a whole, or at least French-speaking Quebecois, have established a clear identity in terms of language and culture. If you accept the Quebec language and culture, you will be accepted as a Quebecois regardless of your race or national origin.
References:
Wikipedia on Alain Dubuc
http://en.wikipedia.org/wiki/Alain_Dubuc

(Written by T. Miyao)
-------------------------------------------------------------
アラン・ドゥブック氏
ジャーナリスト、ラ・プレス
(2007年8月30日、ラ・プレス社にて;聞き手:宮尾尊弘)

アラン・ドゥブック氏はケベックで最も著名なジャーナリストの1人であるといわれているが、確かにドゥブック氏との対話は非常に知的な刺激に満ちたもので、日本の若者文化からケベックの経済問題までさまざまなテーマについての話しがあった。氏の幅広い興味と深い知識はとても印象的で、またケベックが直面する重要問題に対する氏の率直な意見は本当に興味深いものであった。以下がそのインタビューの要旨である。

ドゥブック氏とのインタビュー・サマリー

私はエコノミストおよびビジネス・コラムニストとして日本の経済に興味を持ち、これまで二度ほど日本を訪問した。それは1980年代のことで、日本の経営モデルが北米で注目されており、それを何とか理解しようとした。ただし、それをコピーすることはもともとできないことであった。今日では技術、ファッション、ライフスタイルのトレンドは東京から生まれており、特に日本の若者の間で電子機器、携帯、ゲーム、ビデオなどをまとめて楽しむといった技術と生活の交わりを見ることは興味深い。日本の若者は一枚岩の伝統的な日本社会のあり方を否定して、それぞれ自分を自由に表現するようになっているが、それは北米では1960年代末にベビーブーマーの間で見られた状況に似ているともいえる。
ケベックについて見ると、1960年代の「静かな革命」以来多くの変化があり、ケベックは社会的・経済的に後進地域だった状態から、60-70年代を通じて追い上げを図った。その一方で政治的な展開もあり、70年代の州民投票と言語法は社会的公正を達成することに役立った。それまで「二流市民」として扱われていたフランス語を話すケベック人が、自信を取り戻したといえる。
しかしその反面、コストも無視できないものであった。1970年代にはモントリオールはトロントより大きな都市であったが、その後20万人の英語を話す人材が失われ、また多くの企業本社や投資資金もトロントやその他の地域に流出してしまった。最近はケベックの経済は順調に成長しており、失業率も比較的低いが、それでもケベック州の生活水準はオンタリオ州と比べると18%も低く、米国とカナダのすべての州の中で54番目という低さにとどまっている。実際、モントリオールは、社会的公正と高い生活の質を達成しているが、北米でもっとも貧しい大都市の一つである。モントリオールにはハイテク産業も大学もその他の手段は豊富にあるが、それを利用して富を生み出す点ではまだ不十分である。それは、経済的成功は自分たちの追及すべき目標ではなく、そうすることは好ましくない米国流のやり方であると誤って考えられているためである。
もしケベックの生活水準がオンタリオ並みであったとすれば、ケベックは所得税だけでも約50億ドルの増収が可能で、それだけあれば必要な社会政策のための財源問題が解決されるであろう。実際に、ケベックの3つの政党のリーダーは、この点で意見が一致しており、富の創造を主な目的として、過去数十年続けてきたやり方をどう変えるかが討論の対象になっている。これはまったく新しい展開といえる。
最後に、私はケベック市400周年記念委員会の委員として、この機会に「遭遇の場」としてのケベック市を強調し、過去にここで多くの移民および原住民が遭遇し交流した歴史を反映するとともに、将来ケベック市がより外に対して開かれた場になるように希望したい。ケベック市は自分のアイデンティティを守るためにあまり保守的になる必要はない。なぜならケベック州全体としては、あるいは少なくともフランス語を話すケベック人は言語と文化の面で明確なアイデンティティを確立しているからである。ケベックの言語と文化を受け入れる者は、その人種や出身地を問わずケベック人として受け入れられるであろう。

(文責:宮尾尊弘)
スポンサーサイト
  1. 2007/09/23(日) 23:59:12|
  2. Interviews
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://japanquebec.blog76.fc2.com/tb.php/22-bda8a64d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。