JAPAN-QUEBEC:日本・ケベック情報

To Promote Japan-Quebec Relations by Posting Information about Quebec: カナダ・ケベック州の情報を発信して日本・ケベック関係を促進する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Visit to Consul General Nishioka:西岡総領事訪問

Visit to Consul General Nishioka:西岡総領事訪問

Mr. Nishioka 70830Nishi15.jpg

Consul General Atsushi Nishioka
Consulate General of Japan
(Date: August 30, 2007; Place: Consulate General of Japan, 600 de la Gauchetiere West; Interviewer/Writer: Takahiro Miyao)

Mr. Atsushi Nishioka, who arrived in Montreal as Consul General of Japan in March this year, greeted me at his office and explained his views on Quebec-Japan relations to me. He particularly emphasized the importance of promoting a closer economic relationship between Quebec and Tokyo, especially in the era when other Asian countries such as China and India are rising rapidly, because it would be in the interest of both Quebec and Japan to create a synergistic relationship among Asian countries. For example, Quebec government representatives should visit both China and Japan at the same time, rather than going to Beijing without stopping over in Tokyo.
Mr. Nishioka also pointed out the key role that can be played by exchange programs for researchers and students in promoting Quebec-Japan relations, especially for the purpose of creating new innovative ideas to benefit the both sides in the long run. In this regard, Quebec has definite advantages in terms of quality of research and education as well as safety of the society at large for Japanese researchers and students to visit and stay. Furthermore, various scholarships are now provided by the Governments of Japanese and Quebec/Canada, according to Mr. Nishioka. It was a very pleasant and productive meeting, and Mr. Nishioka’s sincere desire to promote Quebec-Japan relations was strongly felt during the meeting.
Reference:
Consulate General of Japan at Montreal:
http://www.montreal.ca.emb-japan.go.jp/
Japanese Consulate General Office 70830Nishi03.jpg

(Written by T. Miyao)
-------------------------------------------------------------
西岡淳総領事
在モントリオール日本国総領事館
(2007年8月30日、総領事のオフィスにて;聞き手:宮尾尊弘)

西岡総領事は今年3月にモントリオールに赴任されたばかりであるが、日本とケベックとの関係の振興に力を入れられており、その点について色々とご意見をうかがった。総領事は、特にアジアで中国やインドなどが急成長しているこの時代にこそ、ケベックと日本の経済関係をより緊密にすべきで、日本を含めたアジア諸国が協力してシナジー効果を発揮することが日本にとってもケベックにとってもプラスになることを強調された。したがって、例えばケベックの政府高官が中国を訪問する場合は、単に北京とケベック間を往復するのでなく、東京にも立ち寄って交流を深めることが重要と主張された。
さらに総領事は、研究者や学生の交換プログラムが果たす役割が長期的に大切で、特に日本にとってもケベックにとって新しい革新的アイデアを創造するために重要であることを指摘。この点で、ケベックは研究教育の質の高さと社会が安全であるという優位性を持っていること、また日本政府およびカナダやケベック政府が奨学金制度を充実されていることを強調された。
短い時間ではあったが、大変興味深く有益なお話しがうかがえるとともに、総領事が日本とケベックの関係振興のため真剣に努力されていることが強く感じられる訪問であった。
参考:
在モントリオール日本国総領事館:
http://www.montreal.ca.emb-japan.go.jp/

(文責:宮尾尊弘)
スポンサーサイト
  1. 2007/09/24(月) 10:42:59|
  2. Interviews
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://japanquebec.blog76.fc2.com/tb.php/23-165257a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。