JAPAN-QUEBEC:日本・ケベック情報

To Promote Japan-Quebec Relations by Posting Information about Quebec: カナダ・ケベック州の情報を発信して日本・ケベック関係を促進する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Interview with Dr. Charron: シャロン博士のインタビュー

Interview with Dr. Charron: シャロン博士のインタビュー

Interview Series #16 (@Montreal): インタビュー#16
70830Party16.jpg

Dr. Claude-Yves Charron and Mrs. Charron, Misa Hirai
Interviewee: Dr. Claude-Yves Charron
Vice-Rector, University of Quebec at Montreal
(Date: August 30, 2007; Place: Dr. Charron's Residence, Fontainebleau, Blainville; Interviewer/Writer: Takahiro Miyao)

I am fortunate to have been acquainted with Dr. and Mrs. Charron for several years now, and once worked with them to organize a joint symposium on Quebec-Japan relations at UQAM in 2003. This time I enjoyed joining them at their new home in a beautiful community just outside the city, and interviewing Dr. Sharron to learn from his insight into challenges for Quebec business in Japan.

Summary of Dr. Charron’s Interview

There seem to be a couple of reasons why Quebec companies are not doing business with their Japanese counterparts, at least as much as they should. Aside from really large global businesses, relatively small companies in Quebec are not interested in a far distant region like Asia in the first place, and could only be attracted to rapidly growing economies such as China and India. Furthermore, if they ever get interested in doing business in Asia, they would prefer to engage in a highly profitable project, however risky it might be, to overcome costly entry barriers. Then, China or India might look much more promising than Japan. In other words, Japan is just not in the radar of small business in Quebec.

Yet another reason why there is not much business as it should be between Quebec and Japan is a big difference in negotiation style. It is customary on the part of Quebec companies to take tough stance with strong demands at the beginning of their negotiations, whereas the almost opposite stance is normally taken by Japanese companies. Therefore, Japanese negotiators, who are not accustomed to the Quebec style of negotiation, tend to think that their initial difference with their counterpart would be too big to overcome and thus give up their negotiations.

All this is very unfortunate, because Japan should be a place where Quebec companies could do business well, at least in the long run. Japan is a well developed society with a very large domestic market, where consumers are similar to their counterparts in Quebec in terms of income and taste. Therefore, we need to collect, disseminate, and exchange as much information as possible to inform each other of business opportunities as well as risks.
References:
Curriculum Vitae: Claude-Yves Charron:
http://www.mic.unisi.ch/charron_cv_en_edited.pdf
"2003 GLOCOM Montreal Forum Summary"
Jointly organized by Claude-Yves Charron & Takahiro Miyao
http://www.glocom.org/special_topics/activity_rep/20031215_miyao_mf/
(Written by T. Miyao)
-------------------------------------------------------------
クロード・イヴ・シャロン博士
ケベック大学モントリオール校副学長
(2007年8月30日、シャロン博士夫妻宅にて;聞き手:宮尾尊弘)

シャロン博士夫妻とは数年前から親しく交流させていただいており、2003年には一緒にケベック大学モントリオール校で日本ケベック関係についてのシンポジウムを共催した間柄である。今回は素晴らしい郊外のコミュニティにあるご夫妻の新居にお招きいただき、おもてなしいただいた。その上、シャロン博士にはインタビューで、日本とのビジネスでケベックの企業が直面する問題について非常に示唆に富むお話しをうかがうことができた。

シャロン博士とのインタビュー・サマリー

ケベックの企業が日本の企業とビジネス関係を築くことがなぜ難しいかについては、いつかの理由があるように見える。グローバルな大企業を除けば、ケベックの中小企業は遠くはなれたアジア地域にはあまり興味はなく、仮に興味を持つとすれば急成長している中国やインドに限られよう。さらにアジアでビジネスをやりたい企業でも、初期投資のコストをカバーするために、リスクにかかわらず利益率の高いプロジェクトを求める傾向があり、その場合は中国やインドのほうが日本よりも魅力的に見えるであろう。つまりケベックの企業の視界の中に日本は入っていないのである。
さらにケベックと日本との間のビジネスが進展しないもう一つの理由は、両者の交渉スタイルがかなり違うからである。ケベックの企業は交渉の最初には強い態度に出て高い要求を突きつけることが多いが、日本企業の交渉スタイルはまったくそれとは正反対なものである。したがって、ケベックの交渉の仕方に慣れていない日本側の交渉者は、最初の要求のあまりの違いに、交渉することをあきらめてしまう傾向がある。
しかしこれは非常に不幸なことである。なぜなら日本はケベックの企業が長期的にビジネスを成功させることができる場所だからである。日本は巨大な市場を持つ先進社会で、その消費者はケベックの消費者と同じような所得と嗜好を持っている。したがって、我々はお互いに情報の収集、発信、交流を行うことによって、ビジネスのチャンスとリスクについてよく知る必要があるといえよう。
参考:
クロード・イヴ・シャロン博士の略歴:
http://ca.linkedin.com/pub/claude-yves-charron/8/577/349
2003年GLOCOMモントリオール・フォーラムの要旨:
Jointly organized by Claude-Yves Charron & Takahiro Miyao
http://www.glocom.org/special_topics/activity_rep/20031215_miyao_mf/
(文責:宮尾尊弘)
スポンサーサイト
  1. 2007/09/27(木) 23:27:06|
  2. Interviews
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://japanquebec.blog76.fc2.com/tb.php/24-25ca9dc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。