JAPAN-QUEBEC:日本・ケベック情報

To Promote Japan-Quebec Relations by Posting Information about Quebec: カナダ・ケベック州の情報を発信して日本・ケベック関係を促進する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Interview with Mr. Legare: レガレ氏のインタビュー

Interview with Mr. Legare: レガレ氏のインタビュー

Interview Series #17 (@Quebec City): インタビュー#17

Mr. Legare 70901AM22.jpg

Interviewee: Mr. Denys Legare
Principal Director, Communication & Marketing
Society of 400th Anniversary of Quebec City
(Date: August 31, 2007; Place: 952 Grande Allee West, Quebec; Interviewer/Writer: Takahiro Miyao)

After about two hours of a comfortable train ride from Montreal, I arrived in Quebec City, the provincial capital, which is a much smaller and more congenial place than Montreal. This was my first visit to Quebec City since 1976, and I found some things never changed, while some other things completely changed compared to 30 years ago. Its Old Town, surrounded by walls and symbolized by Chateau Frontenac, looked exactly the same as before, but business and tourist activities seemed really booming this time around. In fact, Quebec City is now busy preparing itself for 10 month-long events to commemorate its 400th anniversary to start at the end of this year. So, I first visited the office of the Society of 400th Anniversary of Quebec City to find out about the celebrations.

Summary of Mr. Legare’s Interview

There is going to be a “big party” to celebrate our 400th anniversary. There are two ways to celebrate. One way is to have a lot of protocols and a lot of VIPs coming to hold official ceremonies. But we will do it our way, that is to offer to the general public 10 months of festivities from December 31 this year through October 19 next year. During that period, we will offer about 130 activities, including a memorable closing show on October 19 to be performed by Cirque de Soleil, which was born in this city twenty some years ago and has continually been supported by its citizens since then.

The key events include “the Image Mill,” the biggest multi-media architectural projection onto the huge surface of a six-kilometer-long grain mill, about the city’s past, present and future in playful animation to be produced by one and the only Robert Lepage, from June 20 until July 29. Another important thing is, of course, our main celebrations for Quebec City’s founding by Samuel de Champlain, who is believed to have settled in the city on July 3, 1608. So, we will have a series of major events from July 3 for the day’s big shows to be attended by many dignitaries from around the world, July 4 for simultaneous celebrations for Quebec and the U.S., July 5 for “Urban Opera” with the world’s greatest street artists and performers (some from Japan) paying tribute to the city, through July 6 for great family gathering by picnicking in the Plains of Abraham.

This July 6 event is important, because the Plains of Abraham was given to Quebec City as a gift to commemorate its 300th anniversary back in 1908, when this park was only made accessible to rich people from high society and not to low come class in the city. In order to signify a hundred years of democratization in Quebec society, we will have a picnic in the Plains of Abraham by inviting people from all classes. That is the point of having this event, and the family gathering will be immortalized by an aerial photograph that will be our legacy to the city’s 500th anniversary in 2108. This way Quebec City, a World Heritage Site, will be a place of encounters for all kinds of people with different historical and cultural backgrounds. So we welcome Japanese visitors to join the celebrations.
References:
400th Anniversary of Quebec City:
http://www.ville.quebec.qc.ca/en/400_anniversaire/
Quebec 1608-2008; Calendar of Events:
http://www.monquebec2008.com/MonQuebec2008/?lang=en-ca

(Written by T. Miyao)
-------------------------------------------------------------
デニ・レガレ氏
ケベック市200周年記念協会・事務総長
(2007年8月31日、ケベック市記念協会事務所にて;聞き手:宮尾尊弘)

モントリオールから電車に乗り2時間ほどで、州都であるケベック市に到着。ここはモントリオールよりもはるかに小規模で共同体的な町である。今回は1976年以来2度目の訪問であったが、30年前と比べて変わらないところと変わったところがあった。城壁で囲まれ、シャトーフロントナックがシンボルの旧市街はまったく変わっていないように見えたが、ビジネスや観光が様変わりで今回は大きく盛り上がっていた。それというのも、ケベック市は今年の大晦日から始まって10ヶ月続く400周年記念のイベントに向けて準備を開始しているからである。それについてよく知るために、まずケベック市400周年記念協会を訪れた。

レガレ氏とのインタビュー・サマリー

間もなくケベック市400周年記念を祝う一大パーティーが開催されるが、二つの違った祝い方がある。一つは多くのVIPを招いて公式の祝賀行事を行う方法である。しかし我々はもう一つの自分のやり方を選び、一般の人たちのために10ヶ月間のお祭りを開催することにして、今年の12月31日から来年の10月19日まで130以上のイベントを企画している。例えば最大のイベントの一つは、ケベック市で20数年前に生まれて以来、市民から支持されて育ったシルク・ド・ソレイユによる最終日の特別な閉幕パフォーマンスである。
その他の重要イベントには、「イメージ・ミル」があり、これはあのロベルト・ルパージュがプロデュースするケベック市の過去・現在・未来をアニメ化した内容のマルチメディア映像を、6キロメートル幅の巨大な穀物サイロの側面に投影する壮大な試みで、6月20日から7月29日まで開催される。さらに重要なのは、もちろんサミュエル・ド・シャンプランがこの地に到着した1608年の7月3日を記念するメインイベントが4日間にわたって行われることで、世界各国からの来賓が参加するビッグなショーが行われる7月3日から始まり、ケベックと米国の両方にとって共通の祝日である7月4日、世界からベストのストリート・パフォーマー(日本からも何人か)が集まる「アーバン・オペラ」が開催される7月5日、さらにはアブラハム平原広場で一般民衆のピクニックがある7月6日まで続く。
この7月6日の市民参加のイベントが重要なのは、このアブラハム平原広場が300周年を祝う1908年に贈り物としてケベック市に寄贈されたが、当時はこの広場に富裕な上流階級の人間しか入ることができず、貧困な下層階級の人間は排除されていたからである。そこで過去100年のケベック社会の民主化を象徴するために、今回はあらゆる階層の人たちをこの広場に招いてピクニックを行おうというものである。それがこのイベントを開催するポイントで、その人々の集まりを航空写真に収めて今回の「遺産」として残し、2108年の500周年記念まで伝えるつもりである。このように、世界遺産であるケベック市は、色々と異なる歴史的・文化的な背景をもつ人々がお互いに遭遇する場所となるであろう。したがって、日本からの参加も大いに歓迎するものである。.
参考:
ケベック州政府観光局公式サイト:
http://wcs.ne.jp/bonjourquebec/
トラベルビジョン:ケベック・シティ、誕生から400周年:
http://www.travelvision.jp/modules/news1/article.php?storyid=30279&cid=23
400周年記念イベント・カレンダー(英語):
http://www.monquebec2008.com/MonQuebec2008/?lang=en-ca

(文責:宮尾尊弘)
スポンサーサイト
  1. 2007/09/29(土) 23:59:59|
  2. Interviews
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://japanquebec.blog76.fc2.com/tb.php/26-cb54c678
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。