JAPAN-QUEBEC:日本・ケベック情報

To Promote Japan-Quebec Relations by Posting Information about Quebec: カナダ・ケベック州の情報を発信して日本・ケベック関係を促進する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Interview with Mr. Cote: コーテ氏のインタビュー

Interview with Mr. Cote: コーテ氏のインタビュー

Interview Series #18 (@Quebec City): インタビュー#18

Mr. Cote 70901Cote02.jpg

Interviewee: Mr. Francois Cote
The Secretary General, The National Assembly of Quebec
(Date: August 31, 2007; Place: Parliament Building, 1045 des Parlementaires, Quebec; Interviewer/Writer: Takahiro Miyao)

It was really nice getting together with Mr. Cote in Quebec, because my “Japan-Quebec Blog” was born out of the idea that I expressed to Mr. Cote and Mr. Michel Bissonnet, President of the National Assembly, who visited Japan about a year ago, and my blog activity has eventually led to my visit to Quebec. In my interview, Mr. Cote explained (with the help of Ms. Dominique Drouin as an interpreter) about some important developments in the National Assembly and also in Quebec-Japan relations, as seen in the following summary.

Summary of Mr. Cote’s Interview

First, I would like to explain about our “Friendship League” with Japanese politicians. When we visited Japan last year, we met a lot of national and local politicians, especially the president and other members of Tokyo Metropolitan Government. As a result, we have agreed to have an exchange program for parliamentarians in order to promote a closer relationship between Quebec and Japan. In fact, we have an agreement between Canada and Japan that every time we send a delegation to Japan, Japan should reciprocate by sending their delegation to Canada. So, for the first time last week, a group of Japanese politicians visited us on that reciprocal basis, and also high-ranking officials will come to join our big celebrations in Quebec City next year.

Second, I wish to mention the application of information technology in our parliamentary system, which may interest some Japanese politicians. Now, we are introducing new technology to help our parliamentarians by making their work easier. Here are some examples. Each committee has its own webpage so that committee members have access to this page from their offices as well as from their committee rooms to see necessary information about bills, amendments, as well as public comments. Also the general public can send their opinions and comments to the parliament by e-mail, or use our videoconference system to discuss with committee members. In the Assembly room, we are now installing a “high-tech table,” where the Chairman can communicate with assembly members who have PCs on their desks, so the Chairman might have a net meeting in the assembly room, if necessary.

In applying IT to the parliamentary process, we are the leader in Canada. This is due to the fact that not only our Assembly but also all of our committees are open to the public, and all the discussions are aired by our parliamentary TV channel. So it is not too difficult to introduce IT into this open system. At any rate, this kind of IT application will improve the degree of public participation in the political process and also contribute to a paperless society for the sake of sustainability in the environment. On the other hand, we need to overcome a lot of challenges associated with new technology. In particular, the new system can be confusing to the public that cannot be sure whom they are sending comments to within the parliament. Also from our viewpoint, some public comments are not so good in quality, at least partly due to the use of IT, where people tend to respond too quickly without thinking much. In any case we need to deal with these challenges by learning from our own experience as well as from other countries like Japan.

Postscript (by T. Miyao)
In response to my question about possible abolition of the Upper House in Japan, where the ruling coalition lost its majority, Mr. Cote only said that it would be too delicate for him to comment on Japanese politics, but clearly pointed out that in the case of Quebec, senators were not elected but appointed by the prime minister when it was abolished in 1968, a situation that might be different from other countries like Japan, where senators are elected by the general public. After the interview, he took me to the Assembly room, where the “high-tech table” was being installed in front of the Chairman’s seat. It was quite an interesting sight, because of a blend of old traditions in the parliament and new technology in communications. Then I realized this must be the Quebec way of survival by absorbing new ideas in an ever-changing world while preserving its long-held traditions to keep its identity.
In the Assembly Room 70901Cote33.jpg

References:
Japan-Quebec Blog: “Mr. Michel Bissonnet’s Visit to Japan” (9/22/06)
http://japanquebec.blog76.fc2.com/blog-entry-2.html
National Assembly of Quebec:
http://www.assnat.qc.ca/eng/

(Written by T. Miyao)
-------------------------------------------------------------
フランソワ・コーテ氏
ケベック州議会事務総長
(2007年8月31日、ケベック州議事堂事務総長室にて;聞き手:宮尾尊弘)

コーテ氏とケベックで再開できたのは大変幸いで、それは1年前にコーテ氏と州議会議長ビソネ氏が訪日した際に私が提案したアイデアから「日本ケベック・ブログ」が始まり、それがきっかけとなって私の今回のケベック訪問が実現したからである。私とのインタビューでは、コーテ氏より(ドミニク・ドロウアン女史の通訳を介して)州議会および日本ケベック関係における最近の展開について以下のような説明があった。

コーテ氏とのインタビュー・サマリー

第1に、日本の政治家との「フレンドシップ・リーグ」について、これは昨年日本を訪問した際に多くの政治家と会い、特に東京都議会の議員と交流した結果として生まれたもので、日本とケベックとの関係をより緊密にするために議員間で合意した交流プログラムである。実際に、カナダの議員が日本を訪問する度に、日本の議員がカナダを訪問するような相互的な取り決めが日本とカナダの間にあり、その合意に基づいて先週初めて日本から議員団がケベックを訪れた。また来年のケベック市の400周年記念行事には日本から高官が参加する予定である。
第2に、議会運営におけるITの活用についてであるが、これは日本の政治家も興味を持つテーマと思われる。現在、我々は議会での議員の仕事を助けるためにITの利用を進めている。いくつかの例があるが、例えばすべての委員会がそれぞれのウェブサイトを持っており、それに委員が自分のオフィスからも委員会室からもアクセスして、法案や修正案について必要な情報を得たり、一般からの意見を聞いたりすることができる。また一般市民は自分の意見をメールで議会に送ったり、ビデオ会議室に入って委員たちと議論したりすることも可能である。本会議場では現在議長の前に「ハイテク・テーブル」を備えつつあり、それを使って議長は、それぞれの机の上にPCを持つ議員とネット上の会議を必要に応じて行うことができる。
議会の運営にITを活用する点で、我々はカナダの中ではリーダーであるが、その背景には、ケベックの議会や委員会での議論のすべてが一般に公開されており、議会用のテレビチャンネルで放映されているという事実がある。このようなオープンなシステムにITを導入することはそれほど難しくないといえる。いずれにしても、ITの活用は政治過程に対する市民参加のレベルを向上させ、しかも環境的な持続可能性へ向けてペーパーレス社会の構築にも貢献するであろうただしその一方で、克服すべき課題も多く、まず一般市民にとってITを使ったシステムは分かりにくく、議会内の誰に意見を言ったらよいか分からないという状態になる可能性がある。また受け取る側としては、ITを使っているため十分考えずに急いで送られる質の低いメッセージが送られてくることにどう対処するかという課題もある。いずれにしてもこれらの課題は、自分たちでいろいろと試行錯誤したり、また日本のような他の国のやり方から学んだりして克服していく必要があろう。

追記(宮尾)
日本で連立与党が少数派になった参議院を例にとって、参議院廃止論の是非をコーテ氏にたずねたところ、日本の政治についてコメントすることはデリケートすぎるので差し控えたいが、ただしケベックの場合は上院が廃止された1968年まで上院議員は一般の選挙で選ばれたのではなく、首相によって任命されたという点で、日本のように一般選挙で選ばれた議員から構成される参議院の場合とは事情が異なるという答えをコーテ氏から得た。さらにインタビュー後に、コーテ氏に導かれて本会議場を訪れ、話しに出た「ハイテク・テーブル」が議長席の前に備えらつつある現場を目撃した。そこで見たものは、州議会の古い伝統と新しい情報技術の融合という不思議な世界であった。もっとも考えてみると、これこそケベックが自分たちの長年の伝統を維持してアイデンティティを守るために、常に変わっていく世界の中で新しいアイデアを吸収して生き残るというケベック式やり方ではないだろうか。
参考:
日本・ケベック・ブログ:「ミシェル・ビソネ氏訪日」(9/22/06):
http://japanquebec.blog76.fc2.com/blog-entry-2.html
ケベック州議会のHP(英語):
http://www.assnat.qc.ca/eng/

(文責:宮尾尊弘)
スポンサーサイト
  1. 2007/09/30(日) 23:21:22|
  2. Interviews
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://japanquebec.blog76.fc2.com/tb.php/27-da3542e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。