JAPAN-QUEBEC:日本・ケベック情報

To Promote Japan-Quebec Relations by Posting Information about Quebec: カナダ・ケベック州の情報を発信して日本・ケベック関係を促進する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Interview with Ms. Brassard & Mr. Gosselin: ブラッサード女史とゴセラン氏のインタビュー

Interview with Ms. Brassard & Mr. Gosselin: ブラッサード女史とゴセラン氏のインタビュー

Interview Series #19 (@Quebec City): インタビュー#19
Mr. Denis Gosselin and Ms. Annie Brassard
70901DGAB02.jpg

Interviewees: Ms. Annie Brassard, Commissioner General, International Relations Commission, Quebec City
Mr. Denis Gosselin, Director, Investment, Prospecting, POLE
(Date: August 31, 2007; Place: Quebec City Building, 2 des Jardins; Interviewer/Writer: Takahiro Miyao)

Ms. Annie Brassard and Mr. Denis Gosselin kindly took time to meet me in spite of their extremely busy schedule due to the sudden death of their mayor about a week before our meeting. In interviewing these two distinguished representatives of the city, I was impressed with their positive thinking, clearly looking into the future of Quebec beyond the unexpected hardship at hand. Especially noteworthy were their international perspectives in performing their duties for Quebec City, as explained in the following summary.

Summary of Ms. Brassard’s Interview

As Commissioner General of Quebec City’s International Relations Commission, I am in charge of international relations, including immigration programs and international protocols for the City of Quebec. It is not very common for a city to have this kind of commission, but Quebec City needs one because it is a provincial capital and also a city to encourage and coordinate its key institutions to develop partnerships with francophone cities in other countries. We also have a responsibility to help immigrants settle down in the city and integrate themselves with Quebec society socially as well as professionally. Of course, we are closely working with the provincial government and the federal government regarding international relations and foreign affairs, for example, on our 400th anniversary of Quebec City for 2008.

We are interested in working with municipalities in foreign countries like Japan, not in general terms such as sister city relations, but in specific terms focusing on business, educational, institutional, and other specific fields. Our specific areas of expertise include heritage strategies and conservation, rehabilitation of old urban areas, water and waste management, as well as a number of engineering fields such as geomatics. We are also good at general urban maintenance services during the winter season such as snow plowing. If there is any Japanese municipality that is interested in these specific fields or services, we would like to work with them.

Summary of Mr. Gosselin’s Interview

I am the Director for Foreign Investment Prospecting at POLE, the Economic Development Agency for the Greater Quebec City Metropolitan Area. The first line of our business is to support the most dynamic sectors in the region, namely, health science, applied technology, and manufacturing as clusters of excellence. The second line of business is to promote investment and attract business into this region, and the third line is to help train local businesses to achieve best practices in terms of productivity, innovation, quality, etc. POLE is financially supported by three levels of government and also by self-generating revenues.

As is widely known by now, Quebec City is one of the fastest growing cities as well as one of the most livable and sustainable cities in North America, according to recent surveys published in international magazines. A major reason for this extraordinary achievement is that we have developed “brain industries,” such as optics, photonics, life science industries, etc., which are clean and environment friendly. The high quality of life in Quebec City is attracting intelligent people and, as a result, Quebec City has the highest concentration of researchers in terms of density in Canada.

Regarding Japanese business, we have not been too active in interacting with Japanese companies, because Japan is a little too far and we are yet to learn how to do business in Japan. But the number of Japanese-affiliated companies in Quebec City is now 17 (including Olympus, Fujitsu and Asahi Glass) out of 140 foreign-affiliated companies in Quebec City, and we are trying to attract more Japanese companies in most advanced fields such as optics, photonics, health science, and security business. Any Japanese business that is interested in these areas would be welcome to Quebec City.
References:
Quebec City: Official Website:
http://www.ville.quebec.qc.ca
POLE, Quebec:
http://www.pole-qca.ca/index_en.php

(Written by T. Miyao)
-------------------------------------------------------------
アニー・ブラッサード女史とデニ・ゴセラン氏
ブラッサード女史:ケベック市国際関係委員会・委員長
ゴセラン氏:POLEディレクター
(2007年8月31日、ケベック市庁舎にて;聞き手:宮尾尊弘)

ブラッサード女史とゴセラン氏が、一週間前に突然起こった市長の死去によって非常に多忙になったにもかかわらず、時間を割いて予定通りインタビューに応じてくれのは大変幸いであった。実際に会ってみると、この2人のケベック市の代表は、当面の足元の問題を乗り越えてケベックの将来を見据えるというプラス志向が印象的で、特にケベック市の問題を扱う上で国際的な視点を忘れない点が特徴的であったといえる。

ブラッサード女史とのインタビュー・サマリー

ケベック市の国際関係委員会・委員長として、私はケベック市のための国際関係、移民プログラム、国際的プロトコールなどを担当している。一つの市がこのような国際関係委員会を持つことはあまり一般的でないが、ケベック市の場合は州都であると同時に、世界中のフランス語中心の都市とパートナーシップを結ぶよう色々な団体に呼びかけ組織化に努めている都市でもあるので、このような委員会が必要なのである。さらに我々は、移民がケベック市に住んで社会的にも職業的にもケベック社会と融合することを助ける責任を負っている。もちろんこれらの点で、州政府や連邦政府と緊密な協力関係にあり、例えば来年のケベック市400周年の行事では協力して当っている。
我々は日本のような外国の都市と協力関係を築きたいが、それは姉妹都市のような一般的な関係でなく、ビジネス、教育、政府などの特定分野での協力を目指したい。特に、我々が得意な分野としては、遺産戦略と建造物維持、旧市街地の再生、水道や下水の管理、および空間情報科学のような特殊な技術分野も含まれる。さらに冬季における雪かきなどの公共サービスも得意とする。もし日本の都市でこのような分野に興味のある都市とはぜひ協力してみたい。

ゴセラン氏とのインタビュー・サマリー

私はケベック市の創設したPOLEという組織のディレクターとして、広域ケベック市地域の経済開発を担当している。やるべきことの第1は、地域でもっとも元気な部門、例えば健康科学、応用技術、および製造業を、特別クラスターとして支援することである。第2にやるべきことは、この地域への投資を促進し、ビジネスを誘致すること、また第3は、地域のビジネスが生産性、革新、品質といった点でベストな成果を出すような訓練を支援することである。POLEは連邦、州、市という3つのレベルの政府から資金的援助を受けるとともに、自ら生み出す収入で運営されている。
すでに広く知られているように、最近の国際的な雑誌に発表された調査結果によれば、ケベック市は北米でもっとも成長率が高い都市の一つであるとともに、もっとも住みよい持続可能な都市の一つである。この素晴らしい成果の理由は、ケベック市がクリーンで環境にやさしい光工学や生命科学などの「頭脳産業」を育てたからである。ケベック市の高い生活の質は、インテリ層を引き付け、その結果ケベック市はカナダの中でもっとも研究者の密度が高い集積を持つ都市となったのである。
日本とのビジネスについては、これまで日本が遠すぎたことと、日本的なビジネスのやり方に慣れていなかったために、あまり活発な交流がなかったが、しかしすでにケベック市にある140の外資系企業のうち17社(オリンパス、富士通、旭硝子を含む)は日系の会社である。今後、特に光工学、生命科学、セキュリティなどの分野でもっと日本の企業を誘致したい。これらの分野に興味を持つ日本企業があったら大いに歓迎したい。
参考:
ケベック市公式サイト(英語):
http://www.ville.quebec.qc.ca
POLE, ケベック(英語):
http://www.pole-qca.ca/index_en.php

(文責:宮尾尊弘)
スポンサーサイト
  1. 2007/10/01(月) 23:45:32|
  2. Interviews
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://japanquebec.blog76.fc2.com/tb.php/28-5359dd69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。