JAPAN-QUEBEC:日本・ケベック情報

To Promote Japan-Quebec Relations by Posting Information about Quebec: カナダ・ケベック州の情報を発信して日本・ケベック関係を促進する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Interview with Ms. Suzanne Ethier:スザンヌ・エティエ代表とのインタビュー

Interview with Ms. Suzanne Ethier:スザンヌ・エティエ代表とのインタビュー

Interview Series #21:インタビュー#21

Ms. Ethier 80314E9.jpg

Interviewee: Ms. Suzanne Ethier
Representative, Delegation Office of Quebec Government, Tokyo
(Date: March 14, 2008; Place: Delegation Office, Tokyo; Interviewer/Writer: Takahiro Miyao)

I was recently invited to meet Madame Suzanne Ethier, new representative of Quebec Delegation Office in Tokyo, who had arrived in Japan a few days before. It was a very nice, friendly meeting, where she expressed her interest in working for developing closer relations between Quebec and Japan, especially among young students and scholars at universities and research institutes. While emphasizing the importance of exchange in education and research, she touched on wide-ranging topics, from design/brand marketing to environmental problems, where Japan and Quebec (and Canada as a whole) could work together in a fruitful way.

Summary of Ms. Ethier’s Interview

I came to Japan for the first time in 1997, as a member of the Quebec government's mission to the Asia-Pacific region, and have visited Japan 7-8 times since then. I like Japan very much and, as the Quebec government representative in Tokyo this time, wish to help develop a closer relationship between Quebec and Japan, especially in the field of education and research. It is important to interact with young students and researchers in Japan so that they may become aware of important academic and scientific resources in Quebec for establishing mutually beneficial relations in the long run.

Although it may be “fashionable” to focus on China in the Asia-Pacific region these days, I strongly feel that Japan has a lot to offer to the outside world. For one thing, Japan has a very strong manufacturing activity with excellent managerial practices and technological knowhow, which Quebec businesses can learn from. In return, Quebec can provide Japan with expertise in strategically selected sectors such as aerospace, digital graphics, health and life sciences, etc. Branding and design may be another area where Quebec and Japan can work together to compete with developing countries in the global economy.

I also feel strongly about environmental problems facing us, and hope that Japan and Quebec (and Canada as a whole) can together make a contribution in this field. This year is particularly important for Japan, as the Summit meeting with focus on global warming will be held in Hokkaido this summer, and discussions seem to be at a crossroads as to whether a new global framework can be agreed upon by all the major countries including China and India. Here, Japan’s initiative seems crucial, and we will do our best to help Japan achieve a success in this regard.

Finally, I sincerely hope that Quebec can possibly offer a helpful model for Japan in such areas as immigration, language education, multi-cultural management as well as gender issues, as Japan is bound to face, if not already facing, these social problems in a rapidly globalizing world. We have so many things to share and learn from each other, and I am looking forward to my task to facilitate the process of sharing and learning between Quebec and Japan.
References:
Delegation General: Suzanne Ethier (in French)
http://www.gouv.qc.ca/portail/quebec/international/japon/delegations/tokyo/chefposte/?lang=fr

(Interviewer: Takahiro Miyao)
---------------------------------------------------------------
スザンヌ・エティエ代表とのインタビュー
ケベック州政府在日事務所代表
(2008年3月14日:ケベック州政府在日事務所にて、聞き手:宮尾尊弘)

来日したばかりの新しいケベック州政府在日事務所代表のスザンヌ・エティエ女史にお会いして、代表としての今後の抱負についてうかがうことができた。特に力を入れたい点としては、教育や研究分野における学生や研究者の交流で、大学や研究所レベルの交流の重要性を強調された。またそれ以外でも、ブランド・デザインといった分野やグローバルな環境問題についても関心を示し、それらの分野でケベックと日本が協力していきたいという希望を述べられた。

エティエ代表とのインタビュー・サマリー

私が初めて訪日したのはケベック州政府の代表団の一員としてアジア太平洋地域を視察した1997年であったが、それ以来これで7、8回目の訪日となる。日本はとても好きな国で、今回は在日事務所代表としてケベックと日本の関係をさらに緊密なものになるよう努力するつもりである。特に教育・研究分野における関係が重要で、若い学生や研究者どうしの交流を促進することで、ケベックの大学教育や科学研究上のリソースが豊富なことを日本で認識してもらい、長期的にお互いが利益になるような関係を築きたい。
最近のアジア太平洋地域においては中国を取り上げるのが「はやり」になっているようであるが、私としては日本が世界に対してオファーできるものがたくさんあると信じている。例えば、日本は非常に競争力のある製造業を持っており、優秀な経営や技術のノウハウがあり、その点でケベックが学ぶものは大きい。それに対してケベックは、航空、デジタルグラフィックス、健康・生命科学などの戦略的な部門で日本に提供するものが多いのではないか。さらに、ブランドやデザインなどについても、ケベックは日本と協力してグローバル経済の中で発展途上国と競争していくことが重要であろう。
また環境問題について、ぜひケベック(またカナダ全体)と日本は手をたずさえて貢献していきたい。特に今年は北海道で地球温暖化に焦点を当てたサミット会議が開催され、そこでの議論が中国やインドのような途上国を含めてすべての国が合意して新しいグローバルな枠組みを構築できるかの分岐点になると思われるので非常に重要である。したがって、日本のイニシアティブがカギを握っており、我々としては会議の成功のために全面的に協力するつもりである。
最後に、移民、言語教育、異文化経営、ジェンダーなど日本が直面している諸問題に関してケベックがそれらの解決のモデルを提供できれば幸いである。世界が急速にグローバル化する中で、ケベックも日本もますます多くの共通の問題に取り組まなければならない。その点でお互いの意見交流と相互学習を促進するために私としてできるだけのことをやっていきたい。.
参考:
スザンヌ・エティエ代表の略歴(日本語):
http://www.mri.gouv.qc.ca/portail/_scripts/Actualites/ViewNew.asp?strIdSite=JPN&NewID=5163&lang=jp

以上(文責:宮尾尊弘)
スポンサーサイト
  1. 2008/03/18(火) 16:54:45|
  2. Interviews
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://japanquebec.blog76.fc2.com/tb.php/34-86de14e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。