JAPAN-QUEBEC:日本・ケベック情報

To Promote Japan-Quebec Relations by Posting Information about Quebec: カナダ・ケベック州の情報を発信して日本・ケベック関係を促進する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Interview with Prof. Tachibana: 立花英裕教授のインタビュー

Interview with Prof Tachibana: 立花英裕教授のインタビュー

Interview Series #22: インタビューシリーズ#22

Prof Tachibana 80428u.jpg

Interviewee: Prof. Hidehiro Tachibana, Waseda University, President of SJDF (Societe japonaise de didactique du français; Japanese Society of French Education)
(Date: April 28, 2008; Place: Waseda University, Tokyo; Interviewer/Writer: Takahiro Miyao)

On April 28, I visited Prof. Hidehiro Tachibana and asked him about his thoughts on Quebec at his Waseda University office, filled with books on French language, literature and culture in Japanese as well as in French. Since I know little about France or French, I felt somewhat awkward at the beginning of my interview, but then I found Prof. Tachibana’s messages quite clear and straightforward, and became relaxed as the interview went on.

Summary of Prof. Tachibana’s Interview

The first message of Prof. Tachibana was that, for understanding the importance of the French language, we should focus not only on France alone, but also on a variety of countries and regions in the world, where French is being spoken, as represented at the annual Francophonie Festival. In this regard, Quebec is a very interesting region, where some traditional expressions of French (original French in the 16-17th centries) are still alive, and the language has been playing a crucial role in forming their identity in the isolated environment without going through the revolution as in their mother country. To study this further, Prof. Tachibana recommended a recent book on “Comparisons of Nations and Cultures of the New World,” written by Quebec historian Gerard Bouchard and translated into Japanese by Prof. Tachibana and his colleagues (http://www.hanmoto.com/bd/isbn978-4-7791-1241-6.html/).

His second message was about lessons that Japan can learn from Quebec. He said he was very impressed with the recent revival of Quebec Province, which has shown its vitality in economic, cultural and other fields, after achieving social stability within Quebec for the last couple of decades. Unlike their turmoil years in the 60s and 70s, the Province has recently been attracting and educating a variety of excellent French speaking individuals in arts, science, high-technology, etc., and also adopting and succeeding in its controversial language policy, resulting in the establishment of Quebec, especially the city of Montreal, as one of the main economic and cultural centers in Canada as well as in North America. What Japan can learn from Quebec is exactly the spirit of independence and determination shown in adopting their unique language-culture policy, which has enabled Quebec to be open to the surrounding English-speaking world, however strong they seem, for coexistence and mutual prosperity, whereas Japan has been somewhat stagnant not only economically , but also mentally, and becoming inward-looking for the last couple of decades. In order to reverse these trends, there may be some lessons in the Quebec experience for Japan, according to Prof. Tachibana.

His last message in response to my question of what we should do to promote Quebec-Japan relations was that we need to interact with each other more often, if possible, on a daily basis to discover something similar or different in each others’ daily lives for mutual understanding. For that purpose, we should encourage “online communication” in addition to regular tourism among the general public and regular exchange programs among students and scholars between Quebec and Japan. Hopefully, this kind of blog activity can contribute to that end.
References:
SJDF (Societe japonaise de didactique du français) in French:
http://wwwsoc.nii.ac.jp/sjdf/index-e.html
Gerarld Bouchard (Wikipedia) in English:
http://en.wikipedia.org/wiki/G%C3%A9rard_Bouchard/

(Interviewer: Takahiro Miyao)
----------------------------------------------------------------
立花英裕教授とのインタビュー
早稲田大学教授、日本フランス語教育学会会長
(2008年4月28日:早稲田大学・立花研究室にて、聞き手:宮尾尊弘)

4月28日に、立花英裕早大教授にケベックのお話しをうかがうために、大学キャンパスの研究室を訪れた。研究室にはフランスの言語や文学や文化に関する日本語と仏語の本が天井から床まで並べられていて、フランスや仏語についてあまり知識のない私としては、少し緊張してインタビューを開始した。しかし、こちらの質問に対する立花教授のお話しは非常に単刀直入かつ明快で理解しやすかったので、すぐにリラックスしてインタビューを進めることができた。

立花教授とのインタビュー・サマリー

立花教授の第1のメッセージは、仏語の重要性を理解するためには、フランスだけでなく、フランス語を使っている世界中の国々や地域に目を向ける必要があるということであった。それらの国々や地域が、まさに毎年開催される「フランコフォニー祭」に参加しているメンバーに他ならない。この点において、ケベックは非常に興味深い地域で、仏語の伝統的な表現や発音を受け継いでおり(独特な仏語ばかりが強調されがちであるが、実は17-18世紀の表現や発音を受け継いでいる面があることを忘れてはならない)、また革命を経験した本国とは別の道を歩み、孤立の中で生き延びなければならなかったことから、言語がアイデンティティの形成に決定的に重要な役割を果たした稀な地域である。この点をさらに勉強するには、立花教授が同僚と一緒に最近翻訳したケベックの歴史学者ジェラール・ブシャール著『ケベックの生成と「新世界」』を推薦するとのことであった(http://www.hanmoto.com/bd/isbn978-4-7791-1241-6.html/)。

次に第2のメッセージとして、日本がケベックから学ぶものを立花教授は指摘した。それは、ケベック州の近年の復権についてで、ケベックが社会的な安定を達成した後、これまで20年ほどの間に、経済や文化やその他の分野で示した活力は非常に印象的であった。混乱の60-70年代とは対照的に、ケベック州は特にモントリオールを中心に、文化、科学、技術などの分野において仏語圏の多様な人材を引き寄せ育てることによって、また経済的に不利と思われた言語政策を断行し成功させることによって、カナダあるいは北米の中で経済的にも文化的にもしっかりした自分の地位を築いた。日本がケベックから学ぶべきは、まさにこの自立と決断の精神で、過去20年ほど日本は経済的にも心理的にも落ち込んで閉鎖的になりつつあるといわれているが、ケベックは周囲を圧倒的な経済力をもった地域に囲まれながら、独自の言語・文化政策によって、かえって閉鎖的にならずに、英語圏世界との共存と繁栄の道を切り開いたわけで、その経験は日本にとって参考になるのではないかというのが立花教授の指摘であった。

さらに日本とケベックの関係を促進するために何ができるかという質問に対して、立花教授の結論としてのメッセージは、日常的な生活レベルで、もっと頻繁に、できれば毎日のように日本とケベックが交流すべきというものであった。つまり、日常生活レベルで同じ習慣や違った習慣を知ること自体が、何よりの相互理解につながる。そして、そのためには、通常の旅行や交流を深めることに加えて、オンライン上で対話や情報交換を行うことをもっと奨励したらいいのではないかというのが立花教授の提案であった。本ブログがそのような目的に少しでも役立つことを希望する次第である。
参考:
早稲田大学教員紹介「教授 立花英裕」:
http://www.waseda.jp/hougakubu/main/faculty/f_tachibana_hidehiro.html
SJDF(日本フランス語教育学会):
http://wwwsoc.nii.ac.jp/sjdf/

以上(文責:宮尾尊弘)
スポンサーサイト
  1. 2008/05/03(土) 20:09:51|
  2. Interviews
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://japanquebec.blog76.fc2.com/tb.php/38-d715d9ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。