JAPAN-QUEBEC:日本・ケベック情報

To Promote Japan-Quebec Relations by Posting Information about Quebec: カナダ・ケベック州の情報を発信して日本・ケベック関係を促進する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Quebec Blog Seminar:ケベック・ブログ・セミナー

Quebec Blog Seminar:ケベック・ブログ・セミナー

@L’Institut on May 12:日仏会館で5月12日開催

Introductory Address by Mr. Marc Beliveau on behalf of the Tokyo Office of Quebec Government
マルク・ベリボー氏 80512Q.jpg

Moderated by Blog Writer, Takahiro Miyao
ブログの筆者が司会 80512R7.jpg

Panelists, Mr. Obata, Mr. Sota and Mr. Ikeuchi
パネリストの小畑精和氏、曽田修司氏、池内光久氏
80512S11.jpg

Quebec Blog Seminar
Sponsored by the Delegation Office of Quebec Government, Tokyo
(Date: May 12, 2008; Place: L’Institut Franco-Japonais de Tokyo; Writer: Takahiro Miyao)

On May 12, 7-9pm, a special seminar was held at L’Institut Franco-Japonais de Tokyo, sponsored by the Delegation Office of Quebec Government to discuss what Japan can learn from Quebec for the purpose of promoting Japan-Quebec relations.

After a brief introductory address was given by Mr. Marc Beliveau on behalf of Representative Suzanne Ethier of the Delegation Office of Quebec Government, Tokyo, interesting presentations were made by three specialists on Quebec, Prof. Yoshikazu Obata (Meiji University) in literature and culture, Prof. Shuji Sota (Atomi Gakuen University) in art management, and Mr. Mitsuhisa Ikeuchi (Corporate Advisor and College Lecturer) in economic affairs, moderated by Takahiro Miyao, who is the author of the Japan-Quebec Blog (http://japanquebec.blog76.fc2.com/).

First, Prof. Obata explained the historical and spiritual background of people in Quebec with special reference to the song, entitled “Gens du Pays” (meaning “people of the nation”). This song has been widely sung by people in Quebec on festive occasions and helping their search for “national” identity for the last few decades, according to Prof. Obata.

Second, Prof. Sota pointed out the unique characteristics of Quebec-style performing arts, as represented by La la la Human Steps and Cirque du Soleil, where not only their artistic quality is first-rate, but also their management system, including production and distribution, is excellent from the business point of view. This is something that Japan can learn from Quebec for acquiring a more open and global perspective in artistic activities including management aspects, according to Prof. Sota.

Third, Mr. Ikeuchi talked about the economic development of Quebec with special emphasis on the effects of its language-cultural policies. He concluded that Quebec’s language policy has benefited its economy after all, because it helped Quebecois obtain their identity and self-confidence so that many French-speaking professionals have been attracted to Quebec, especially Montreal and Quebec City, to work for internationally competitive industries.

Finally, a free discussion involving the audience took place, and many questions were asked about Japan-Quebec relations. Also there was an announcement that an introductory book about Quebec in Japanese will be published by the end of this year. Hopefully, another seminar like this one will be organized in the near future, so that we can discuss further how to improve Japan-Quebec relations.
References:
Prof. Obata’s Interview:
http://japanquebec.blog76.fc2.com/blog-entry-5.html
Prof. Sota’s Interview:
http://japanquebec.blog76.fc2.com/blog-entry-7.html
Mr. Ikeuchi’s Interview:
http://japanquebec.blog76.fc2.com/blog-entry-8.html

(Writer: Takahiro Miyao)
----------------------------------------------------
ケベック・ブログ・セミナー
ケベック州政府在日事務所主催
(2008年5月12日:東京日仏学院にて開催)

5月12日午後7-9時に、東京日仏学院においてケベック州政府在日事務所主催の「ケベック・ブログ・セミナー」が開催され、日本がケベックから何を学ぶべきか、また日本とケベックの関係をより緊密にするために何ができるかについて議論が行われた。

まずケベック州政府在日事務所のスザンヌ・エティエ代表の代理としてマルク・ベリボー氏が簡単な開会の辞を述べた後に、以下の3人のパネリストから興味深いプレゼンが行われた。文学・文化について小畑精和氏(明治大学教授)、アートマネジメントについて曽田修司氏(跡見学園女子大学教授)、経済問題について池内光久氏(会社顧問、大学講師)、および司会は、宮尾尊弘(国際大学教授)で「ケベック・ブログ」の筆者:
http://japanquebec.blog76.fc2.com/

最初に、小畑教授より、ケベックの歴史的背景や精神的支柱についての説明があり、特にケベックの人々がよく歌う「Gens du Pays」(国の人々)という歌が披露された。これはケベックの人々が何かを祝うときに皆で集まって歌うことが多く、これまで何十年にもわたってケベックの「国」としてのアイデンティティの形成に貢献してきたとのことであった。

次に、曽田教授より、ケベックの舞台芸術の特徴についての説明があり、例えば有名な「ラララ・ヒューマンステップス」や「シルク・ド・ソレイユ」などに見られるように、芸術的にも一流であるとともに、ビジネス的に見ても、制作だけでなく流通まで考慮したマネジメントのシステムがうまく機能していることが指摘された。この点で日本がケベックから学ぶものが多く、日本の芸術活動をマネジメントの側面も含めて、よりオープンでグローバルなものにしていくべきという結論であった。

3番目に池内氏がケベックの経済発展を概観し、特にケベックの言語・文化政策の影響に焦点を当てた。池内氏によると、ケベックの言語政策は結局のところ経済にプラスの効果を持ったと結論づけられるが、その理由はそのような政策がケベック人にアイデンティティと自信をもたらし、そのためにフランス語を話す専門家たちがモントリオールやケベック市を中心とするケベック州に集まることで国際競争力のある産業の創出に貢献したからであるという。

最後に、参加者を含む自由な討論が行われ、日本とケベックの関係について色々な質問が出された。また今年の末までに、日本語のケベック入門書が発行予定というアナウンスもあり、実り多い会合となった。日本とケベックとの関係についてさらに議論を深めるために、このようなセミナーがまた近い将来開かれることを期待したい。

(文責:宮尾尊弘)
スポンサーサイト
  1. 2008/05/20(火) 17:43:41|
  2. Special Events
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://japanquebec.blog76.fc2.com/tb.php/39-0d991a74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。