JAPAN-QUEBEC:日本・ケベック情報

To Promote Japan-Quebec Relations by Posting Information about Quebec: カナダ・ケベック州の情報を発信して日本・ケベック関係を促進する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Interview with Mr. Nishikawa: 西川氏とのインタビュー

Interview with Mr. Nishikawa: 西川氏とのインタビュー

Interview Series #1: インタビュー・シリーズ#1

Mr. Megumi Nishikawa 20061016113059.jpg

Interviewee:
Mr. Megumi Nishikawa
Senior Editorial Staff Writer, Mainichi Newspapers
(Date: October 3, 2006; Place: Mainichi Newspapers-Tokyo Office; Interviewer: Takahiro Miyao)

Summary of Mr. Nishikawa’s Interview

As a journalist, I have stationed as a correspondent in Teheran, Paris and Rome, in particular, having spent seven years in France. Then, I came back to Japan in 1998, and have been in touch with the Quebec government Tokyo office since then.
In that connection, I was invited to visit Quebec and stayed over there for about a week in February 2003, when I interviewed a number of specialists on politics, business, culture and languages in Quebec. The following are the impressions and thoughts that I had on my visit.

First, Quebec is a testbed for globalism, where Quebec has a definite advantage in maintaining its identity, especially in North America. This is because the French language serves as a buffer for cultural identity in Quebec, whereas English-speaking regions are facing an identity crisis in U.S.-led globalization.
Second, the Quebec culture is a mixture of French passion and Anglo-Saxon pragmatism. One example is the Montreal-based Cirque de Soleil, famous for its performance, Saltimbanco, which is a combination of French-style pure art and American-style sport.
At the same time, Quebec signifies the founding principle for Canada, that is to succeed the tradition of Europe, in contrast to the American principle to build a new nation after a clean break from Europe.
Finally, Quebec may serve as a model for some local regions in Europe in terms of language policy, as those regions are trying to maintain or revive their own local languages and cultures when their nation is losing its power within the EU framework.

As for Japan-Quebec relations, Japan can learn from Quebec regarding language and cultural policies. Japan should realize how important cultural identity is and how effective the role of the language is in maintaining it in the process of globalization. This will become crucial as Japan is going to accept more immigrants in the near future.
Another point is business relations. In recent years, some business collaboration between Japan and Quebec is taking place in exporting industries, looking to the expanding Asian market. But there is much more room for business cooperation, especially in high-tech fields such as the aerospace industry, where excellent Canadian companies like Bombardier would benefit the Japanese industries.

On the other hand, Japan can help Quebec understand East Asia better, as Quebec is beginning to realize how important its relationship with East Asia is. For that purpose, it may be a good idea to hold regular meetings or conferences for intellectual exchange at various levels of policymakers, academia and journalism.

(Written by Takahiro Miyao)
----------------------------------------------------------------
西川恵氏とのインタビュー
西川恵氏:毎日新聞社 専門編集委員
(2006年10月3日、毎日新聞社東京本社にて、聞き手は宮尾尊弘)

西川氏とのインタビューの要旨

私はジャーナリストとしてこれまでテヘラン、パリ、ローマに駐在し、特にフランスには7年間滞在したことがある。その後、1998年に帰国してから、ケベック州政府東京事務所の方々とコンタクトする機会を持った。
その関係で2003年2月にケベックに招かれ一週間ほど滞在したが、その間多くのケベックの政治・経済・文化・言語の専門家にインタビューしてケベックに関する理解を深めた。そこで私が持った印象や考えは以下のようにまとめられる。

第1に、ケベックはグローバリズムの実験場であり、特に北米でそのアイデンティティを保つ上での優位性が際立っている。それは何といってもフランス語がケベックの文化を守る障壁となっているために気兼ねなく米国と関係を強められるのに対して、英語圏の地域は米国主導のグローバル化の流れの中でアイデンティティを守るのが難しくなっているからである。
第2に、ケベックの文化はフランスの情熱とアングロサクソンのプラグマティズムをミックスしたものといえる。例えば「サルティンバンコ」のパフォーマンスで有名なサーカス「シルク・ドゥ・ソレイユ」は、フランス的な芸術至上主義ではなく、米国的なスポーツの要素を取り入れて成功している。またメンバーも色々な国から参加しており、多国籍競技団体になっている。
その一方で、ケベックは欧州の伝統を受け継ぐというカナダの建国の精神を象徴している面が強く、欧州から断絶して新しい国家を創設した米国の建国の精神とは好対照であるともいえる。
最後に、ケベックは欧州の色々な地方が言語政策について学ぶモデルとなっている。実際にケベックは欧州の色々な国の地方自治体と協定を結んでいるが、それはEUという枠組みの中で国家が力を弱めつつある一方で、地方が自らの言語と文化を維持し再生させる試みをしているからであり、その際に拠り所としているのが北米の英語圏において
フランス語で独自の文化を維持してきたケベックに他ならないのである。

日本とケベックとの関係については、日本もケベックから言語政策や文化政策について学ぶものが大きい。日本もグローバル化の中で、文化的なアイデンティティを持つことの重要性や言語がそれを維持する上での有効性を認識する必要がある。この点は今後日本がより多くの移民を受け入れたりする過程の中で、決定的に重要になることは間違いない。
もう一つは、経済関係である。近年日本とケベックの企業は協力して急拡大するアジア市場に輸出するといった動きが出てきているが、もっと色々な分野でビジネス上の提携を行なう余地があるようにみえる。特にハイテク産業、航空産業などで、例えばボンバルディアのような優秀な企業との協力は日本のビジネスに多大な利益を与えるであろう。

その一方で日本がケベックを助けられる点も多く、例えばケベックは最近になってアジア市場の重要性に気づきはじめているが、日本がケベックlアジアに対する理解を助ける努力をすべきであろう。そのためには、両国の定期的なコンタクトが欠かせず、政策当局者、学者、研究者、ジャーナリストなどが色々なレベルで定期的に協議し交流する場を持つことが重要と思われる。

以上(文責:宮尾尊弘)
スポンサーサイト
  1. 2006/10/16(月) 12:25:31|
  2. Interviews
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://japanquebec.blog76.fc2.com/tb.php/4-3b2931cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。