JAPAN-QUEBEC:日本・ケベック情報

To Promote Japan-Quebec Relations by Posting Information about Quebec: カナダ・ケベック州の情報を発信して日本・ケベック関係を促進する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Day 3: Montreal Events: モントリオールにて

Day 3: Montreal Events: モントリオールにて

Revisiting Botanical Garden: 植物園再訪

Japanese Pavilion & Garden: 日本パビリオン
80628w1.jpg

Reunion with Ms. Sonia Dandaneau on
Japan Program/Exhibitions at the Pavilion
日本館展示担当ソニア・ダンダノー女史と再会
Sonia 80628w2.jpg

Featuring Lacquerware (Called "Japan")
Takashi Maruyama's Works Displayed
漆工芸品の特別展示: 丸山高志氏の作品
80628w3.jpg

Interview with Mr. Takashi Maruyama
丸山高志漆工協会理事長のインタビュー
Maruyama 80628w4.jpg

(English):
It happened that Mr. Takashi Maruyama, executive director of the Japan Urushi Art and Craft Asssociation, gave a lecture on the art of lacquerware as well as offered a "Maki-e" workshop (gold sprinkle lacquer painting) during the weekend when I visited the Japanese pavilion, where I came across Sonia-san with Mr. Maruyama, and she was kind enough to introduce me to him. Then, he was interviewed by a reporter of the Nikka Times about his life with lacquerware, and I was allowed to sit beside them and listen to his interview.
In the interview Mr. Maruyama said that he picked up a necessary skill for lacquer craft work from his father, who was also a lacquer craftman. It was interesting to hear that Mr. Maruyama has found the "goodness" and versatility of lacquer, and has been applying it not only to traditional Japanese woodworks, but also to artcrafts and daily items in Asia and Europe. He is so open-minded!
In response to the interviewer's question of how to revive Japan's lacquerware industry, Mr. Maruyama clearly said that we must go back to "square one," where there should be no extablishment or professional ladder to rank lacquerware only according to conventional standards, which tend to deviate from the original spirit of lacquer and lacquerware.
He surely sounded like a great master in this field, as his points are relevant not only in this particular field but also in other fields of traditional Japanese arts and crafts.
Finally, Mr. Maruyama was really appreciative of Sonia-san for her hard work in organizing this exellent project and inviting him to give presentations about lacquerware.
Reference: 参考: See More Photos (6/28):
http://glocom.blog.so-net.ne.jp/archive/20080628

(日本語):
私が日本パビリオンを訪れたこの週末に、日本漆工協会専務理事の丸山高志氏が、漆器のアートについての講演と「蒔絵」(金粉を蒔いて描く絵)のワークショップを行った。私はたまたま丸山氏がソニア・ダンダノーさんと一緒にいたところに遭遇して、丸山氏に紹介され、さらにその直後、カナダの日系の新聞「日加タイムズ」の記者が丸山氏をインタビューするというので、そのやりとりを部屋で聞かせていただいた。
丸山氏が漆工芸に興味を持ち必要な技術を学んだのは、父親が漆職人だったことが大きく、漆が持つ「良さ」と「可能性」に引きつけられ、それを日本の伝統的な木工品にだけでなく、アジアや欧州の芸術品や日常品にも適用しようとしてきたとのこと。
日本で漆器の産業を再生させるにはどうしたらいいかという記者の質問に対しては、丸山氏は「ゼロ」に戻って最初からやり直し、もともとの漆および漆器が持つ精神から離れてしまった「常識的」な基準で漆器のランク付けをするような既成の組織やプロの階層をなくすことが必要という意見であった。
丸山氏の指摘した点は、単に漆器の分野だけなく、日本の伝統的な芸術や工芸の他の分野にも当てはまるもので、丸山氏がこの分野のマスターであることを感じさせるのに十分なものであった。
最後に、丸山氏はこの漆器に関する素晴らしい展示を実現させて、さらに自分を招待してくれたソニアさんに感謝の言葉を述べた。
スポンサーサイト
  1. 2008/06/28(土) 23:36:21|
  2. Special Events
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://japanquebec.blog76.fc2.com/tb.php/42-bdee9f5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。