JAPAN-QUEBEC:日本・ケベック情報

To Promote Japan-Quebec Relations by Posting Information about Quebec: カナダ・ケベック州の情報を発信して日本・ケベック関係を促進する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Talk With Dr. & Mrs. Charron: シャロン博士夫妻との会話

Dinner with Dr. & Mrs. Charron
シャロン博士夫妻との会食と意見交換

Claude-Yves Charron and Misa Hirai Charron
クロード・イヴ・シャロン博士と平井みさ夫人
80628c1.jpg

On Saturday, June 28, I had dinner with Dr. Claude-Yves Charron and Mrs. Misa Hirai at the "best" Japanese restaurant in Montreal, where we enjoyed good sake and excellent sushi as well as our conversation.
I presented them with a question which was raised during our seminar discussion at L'Institut Franco-Japonais de Tokyo last month, that is; "Why Quebec for Japan?"
In response, Dr. Charron said that Quebec could be a model for Japan as a bridge between different cultures in the international context, while Mrs. Misa Hirai emphasized some commen elements between Japan and Quebec such as sophistication, high-quality and artistic sense.
Dr. Charron also pointed out the fact that Japan, squeezed by the powers of China and the U.S., needs a kind of survival strategy that Quebec has developed to survive between the powers of Europe and the U.S.
In the end, the three of us agreed that a closer relation between Japan and Quebec would benefit each other tremendously, and especially Japan would be able to learn from Quebec in terms of logical thinking, self-expression and open-mindedness, all of which are so essential in survival and prosperity in this globalized world.
Reference:
Interview with Dr. Charron (8/30/2007):
http://japanquebec.blog76.fc2.com/blog-entry-24.html
--------------------------------------------------------
シャロン博士夫妻との会食と意見交換

6月28日の夕方、クロード・イヴ・シャロン博士夫妻と、モントリオールで「ベスト」といわれる日本食レストランで会食し、美味しいお酒とお寿司を楽しみながら意見交換をする機会を持った。
その中で、先月東京日仏学院で開催されたセミナーの討論で提起された問題「日本にとってなぜケベックか?」という質問をお二人にぶつけてみた。
それに対して、シャロン博士は、国際化の中でことなった文化の橋渡しをするという点でケベックが日本のモデルになりうることを指摘。また平井みさ夫人は日本とケベックに共通の洗練され質が高く芸術的センスがある点を強調された。さらに、シャロン博士は、日本がこれから中国と米国に挟まれて生き残るために、ケベックが欧州と米国の間でサバイバルのために展開した戦略から学ぶものが大きいと述べた。
結論として、日本とケベックはより関係を緊密にすることからお互いに多大な利益を得ることができ、特に日本はケベックから、グローバル化した世界で今後とも繁栄していくために基本的に重要な論理的思考、自己表現力および開かれた姿勢を学ぶことができるという点で三人とも意見が一致した。
スポンサーサイト
  1. 2008/06/28(土) 23:59:59|
  2. Interviews
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://japanquebec.blog76.fc2.com/tb.php/44-e5f45916
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。