JAPAN-QUEBEC:日本・ケベック情報

To Promote Japan-Quebec Relations by Posting Information about Quebec: カナダ・ケベック州の情報を発信して日本・ケベック関係を促進する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Canada, Quebec & Japan: カナダ・ケベックと日本

Canada, Quebec & Japan: カナダ・ケベックと日本

IUJ Platform Seminar October Meeting
国際大学・情報発信セミナー10月会合(10/21)

Mr. Marc Beliveau & Speaker Mr. Daniel Dignard
(Delegation Office of Quebec Government-Tokyo)
マルク・べりボー氏とスピーカー、ダニエル・ディニャール氏
81021MarcDaniel10.jpg
Speaker Meiji University Prof. Yoshikazu Obata
日本ケベック学界を立ち上げた小畑精和明治大学教授
81021Obata10.jpg

It is widely reported that Cirque du Soleil, world-renowned performing art group from Quebec, Canada, opened a permanent venue in Tokyo Disney Resort earlier this month. In order to commemorate this special development, the October meeting of the Global Communications Platform seminar series was held, focusing on the relationship between Japan and Canada in a broader context of North America as well as in a well-focused context of Japan-Quebec relations, at GLOCOM Hall on 10/21(Tue) 4-6pm.

The first speaker was Mr. Daniel Dignard, Director of Economic Services, Delegation Office of Quebec Government in Tokyo, who gave a talk in English about economic relations between Japan and Canada with reference to NAFTA on one hand and Quebec on the other. Mr. Dignard emphasized the positive effect of NAFTA on Canada, especially on Quebec, and suggested a number of areas, such as science and technology cooperation, where Japan can benefit from a closer relationship with Canada in general and Quebec in particular.

The second speaker was Prof. Yoshikazu Obata (Meiji University), who has just launched a new
Association for Quebec Studies in Japan, and explained in Japanese about the cultural and histrocial background of Quebec and its significance from the viewpoint of Japan. Prof. Obata vividly described the attractiveness of the Quebec literature, performing arts, and other cultural activities, and pointed out an increasing interest in Quebec on the part of many Japanese scholars and students, leading to his inititative in launching a new association for Quebec studies.

After the presentations, a free discussion took place, and many interesting questions and commments were given by participants including a former ambassador to Canada, and a representative from the Canadian Embassy in Tokyo. In particular, some merits and demerits of using French as the main language in Quebec were discussed. At any rate, there seem to be a lot of good opportunities for Canada, Quebec and Japan to develop mutually beneficial relations in various fields, from culture and society to business and technology.
Reference:
Japan-Quebec Blog:
http://japanquebec.blog76.fc2.com/

カナダ・ケベック出身の世界的に有名な「シルク・ドゥ・ソレイユ」が今月初めに、年間を通じて公演できる常設シアターを東京ディズニーリゾートに開設して、 新しいプレイ「ZED」を披露していることが広く報道されている。この機会をとらえて、月例の情報発信セミナー10月会合では、日本とカナダの関係を経済、資源、技術、芸術などの面について、一方では北米NAFTAの視点から、他方ではケベックの視点から取り上げた。日時は、10月21日(火)16:00-18:00、場所は六本木のGLOCOMホール。
まずパート1(英語)では、カナダ・ケベック州東京事務所の経済担当官のダニエル・ディニャール氏(Mr. Daniel Dignard)より、最近の北米NAFTAおよびカナダと日本の経済関係、さらにケベック州の持つ特別の役割と日本との関係についてプレゼンがあった。ディニャール氏は、特にNAFTAがカナダ経済、特にケベック州に対して持つプラスの影響を強調するとともに、日本がカナダとの関係、特にケベックとの関係を緊密にして、科学技術を始め様々な分野で協力することの重要性を指摘した。
それに次ぐパート2(日本語)では、最近「日本ケベック学会」(The Japan Association for Quebec Studies)を立ち上げた小畑精和明治大学教授より、ケベックの文化的・歴史的背景と日本から見たその意義についてのプレゼンがあった。特に小畑教授は、ケベックの文学や舞台芸術などの文化的活動の魅力について熱く語るとともに、日本の研究者や学生の間でケベックに対する興味が高まってきていること、その結果として日本でも新しくケベック学会を立ち上げたことを指摘した。
以上のプレゼン後、フリーなディスカッションが行われ、元カナダ大使やカナダ大使館のメンバーを含む参加者から多くの興味深い質問やコメントが出された。特に、ケベックでフランス語が使用されていることのプラス面とマイナス面などが取り上げられた。いずれにしても、カナダ・ケベックと日本との関係をより緊密にすることで両方が利益を受ける分野が、文化・社会からビジネス・技術に至るまで多くあることを認識させられるセミナーであった。
参考:
「日本・ケベック情報」ブログ:
http://japanquebec.blog76.fc2.com/
スポンサーサイト
  1. 2008/10/21(火) 23:59:36|
  2. Special Events
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://japanquebec.blog76.fc2.com/tb.php/54-21e69236
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。