JAPAN-QUEBEC:日本・ケベック情報

To Promote Japan-Quebec Relations by Posting Information about Quebec: カナダ・ケベック州の情報を発信して日本・ケベック関係を促進する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Francophonie Evening: フランコフォニーの夕べ

Francophonie Evening: フランコフォニーの夕べ

11/17/2008 @L'Institut: 東京日仏学院にて
Co-Sponsors: TMF (Tendances et Medias)
Delegation Office of Quebec Government inJapan
Program:
Theme: Francophonie's current condition and future prospects
Opening: TMF President, Mr. Hisanori Isomura's Welcoming Address
Mr. Hisanori Isomura 81117a7.jpg
Ms. Suzanne Ethier's Report on "le Centre de la francophonie des Ameriques"
Ms. Suzanne Ethier 81117b7.jpg
"Le Centre de la francophonie des Ameriques contribue a la promotion et a la mise en valeur d'une francophonie porteuse d'avenir pour la langue francaise dans le contexte de la diversite culturelle en misant sur le renforcement et l'enrichissement des relations ainsi que sur la complementarite d'action entre les francophones et les francophiles du Quebec, du Canada et des Ameriques."

Panel: Speakers
Mr. Jean-Francois Rochard and Moderator Mr. Toshiro Ikemura
81117c11.jpg
Mr. Susumu Taniguchi & Mr. Yoshikazu Obata
81117d11.jpg

The three speakers as well as the moderator agreed on the importance of being Franchophone in understanding and promoting the multi-language and multi-cultural view of the world in the age of globalization. At the same time, however, it was pointed out that there are a number of obstacles to overcome for such a view to be widely accepted, especially in Japan.
Reference:
Centre de la francophonie des Ameriques:
http://www.francophoniedesameriques.com/

「フランコフォニーの夕べ:フランス語圏の現在と未来」
日仏メディア交流協会(TMF)
ケベック州政府在日事務所 共催
プログラム:
開会の辞:磯村尚徳(TMF会長)
米州フランコフォニーセンター創設の報告:
スザンヌ・エティエ(ケベック州政府在日事務所代表)
「この度、ケベック市に新設された米州フランコフォニーセンターは、文化の多様性の中でのフランス語ならびにフランコフォニーの発展と関係強化を見指し、ケベック州、カナダそして米州のフランコフォンならびにフランコフィルの交流活動の基盤となるものです」
パネル:講演
ジャンフランソワ・ロシャール(在日フランス大使館文化アタッシェ)
小畑精和(明治大学政経学部教授)
谷口 侑(元読売新聞欧州駐在編集委員)
モデレーター:池村敏郎(読売新聞東京本社主任研究員)
以上の3人の講師もモデレーターも、グローバル化の時代における多言語・多文化的な視点を理解し、普及させる上で、フランコフォーンであることの重要性については同じ意見であった。しかしそのような視点を広めるために乗り越えるべき多くの課題があり、特に日本においてそれが著しいこともまた指摘された。
スポンサーサイト
  1. 2008/11/18(火) 01:45:14|
  2. Special Events

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。