JAPAN-QUEBEC:日本・ケベック情報

To Promote Japan-Quebec Relations by Posting Information about Quebec: カナダ・ケベック州の情報を発信して日本・ケベック関係を促進する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Interview with Prof. Sota:曽田教授とのインタビュー

Interview with Prof. Sota:曽田教授とのインタビュー

Interview Series #4:インタビューシリーズ#4
Prof. Sota:曽田教授 20061231102533.jpg

Lecture@Meiji Univ:明大での講義 20061231095525.jpg

Interviewee:
Mr. Shuji Sota
Professor, Atomi Gakuen University
(Date: December 21, 2006; Place: Hotel Metropolitan@Ikabukuro; Interviewer/Writer: Takahiro Miyao)

Summary of Mr. Shuji Sota’s Interview

I got interested in traditional performing arts, especially Kabuki, when I was a Tokyo University student majoring in Japanese literature. I wanted to work for some kind of performing arts after graduation, so I applied to Toho and got a job in the PR section of its drama department, where one of my main tasks was to publicize Mr. Yukio Ninagawa’s performances, especially overseas. Later I was assigned to a position of promoting performing arts in general as a director of PARC (Japan Center, Pacific Basin Arts Communication) in partnership with the Japan Foundation.
As a part of my work at PARC, I organized the World Arts Festival Summit in 1993, when more than 10 out of 30 some foreign participants were from Quebec. So, I wanted to know more about Quebec, and visited Montreal in 1994 to attend CINARS (International Exchange for the Performing Arts: http://www.cinars.org/) for the first time. Since then, I have attended almost all CINARS events, which are held once every two years.
Prof. Shuji Sota’s CV:
http://www.atomi.ac.jp/daigaku/educate/faculty/1108.html

Quebec’s arts, particularly performing arts, are attracting world-wide attention, because of its unique development in blending artistic expressions and sharp physical movements, represented by physical dance and circus such as La la la Human Steps and Cirque du Soleil.
One of the reasons for such a unique development is that Quebec’s arts are based on the French language culture, surrounded by the English language environment in North America, and such heterogeneity in terms of languages, values, and social systems may have contributed to the originality and uniqueness of Quebec’s arts, which fortunately possess a certain scale beyond the critical mass to create something significant culturally and economically.
Furthermore, the language barrier has led to expressions in non-verbal art forms such as physical dance, circus and other “performing” arts. This is also an important reason for the popularity of Quebec’s arts not only in North America, but also in Europe and Asia including Japan.
Regarding cultural policy in Quebec, there exists active public-private cooperation, in which performing arts are financially supported by the federal and provincial governments in accordance with their “cultural trade policy” and also by city governments (ex., in Montreal there are so many publicly supported theaters for performing arts), and at the same time, artistic activities are commercially stimulated by the huge market in the U.S., leading to the global competitiveness of Quebec’s performing arts. All this has created a kind of artistic “infrastructure” for business and trade, attracting excellent human resources and, in turn, facilitating favorable policies for arts.

One of the lessons for Japan from the Quebec experience is that at the national level the government should reconsider its cultural policy and adopt a “cultural strategy” in order to connect the domestic market more directly with overseas markets in the field of arts. In this respect, it is important to present a total picture of “Japanese culture and arts” including both traditional and contemporary arts (or pop culture), instead of the current practice of separating those two kinds of arts with special emphasis on traditional arts in Japan.
For that to happen, the Japanese public should be engaged in cultural and artistic activities more often, and show their appreciation for arts by contributing more time and money to raise the quality and competitiveness of Japanese arts from the global point of view.
Quebec has adopted a clear strategy for arts to export to the global market from the start, primarily because its domestic market is so small with only 7 million people in Quebec, which is comparable to Kanagawa or Saitama prefecture in terms of population. In that case, an outward-looking project management approach is needed for art production as well as human resource development. If such an approach is adopted for Japanese arts, which tend to be inward-looking due to the large domestic market, Japan’s huge artistic potential can be unleashed and strong “soft power” may be created in the global context.
In reality, a recent trend is that local governments in various cities and regions are beginning to adopt cultural policies as a stimulant to their cultural exchange with their counterparts overseas. Such cities and regions as Yokohama, Fukuoka, Kita-Kyushu, Yamaguchi, Kochi and Osaka have established art centers to hold various events and projects and to facilitate artist exchange programs.
While the national government tends to emphasize the nation’s traditional arts, it is easier for local governments to present a total picture of artistic activities for the average citizen. The national government might support local art centers and artist exchange programs, where local artists can be encouraged to interact with foreign artists, such as those from Quebec, in order to stimulate artistic activities from different angles.

Postscript: Professor Sota gave a lecture on “art management in Quebec” in the “Contemporary Quebec” course in the Department of Political Science and Economics at Meiji University on December 11, 2006. A summary of his lecture is posted on his blog (http://blog.goo.ne.jp/sotashuji/):
December 11: “Quebec course at Meiji University”
http://blog.goo.ne.jp/sotashuji/d/20061221

(Interviewer: Takahiro Miyao)
----------------------------------------------------------------
曽田修司氏とのインタビュー
曽田修司氏:跡見学園女子大学教授
(2006年12月21日、ホテルメトロポリタンにて、聞き手・文責は宮尾尊弘)

曽田氏インタビューの要旨

私は東京大学の学生として国文学を専攻しているときから歌舞伎などの舞台芸術に興味を持ち、卒業後は東宝に入り、演劇部宣伝企画室に配属された。そこで蜷川幸雄の公演、特に海外公演を担当したが、それがやがて舞台芸術一般を推進する立場から、国際交流基金のパートナーとして「国際舞台芸術交流センター」の事務局をまかされるようになった。
その仕事の一環として、1993年に「世界芸術フェスティバルサミット」を開催したが、その際に海外から参加した30数人のうち10数人がケベックからの参加者だったことがきっかけでケベックとの関係が強まり、翌年94年に初めてモントリオールを訪れてCINARS(2年に1回開催:http://www.cinars.org/)の見本市に参加した。
当時のモントリオールは一見落ち着いて見えるが、劇場などが非常に多く、芸術活動が盛んな面白い町という印象であった。それ以降ケベックとの関係が続き、CINARSには2006年までほぼ毎回参加している。
曽田教授の略歴・活動概略:
http://www.atomi.ac.jp/daigaku/educate/faculty/1108.html

ケベックのアート、特にパフォーミングアート(舞台芸術)は、ラララヒューマンステップスなどのフィジカルなダンスやシルク・ド・ソレイユのサーカスに代表されるようなシャープで激しい動きが目立つ一方、芸術性も追及するという独自の展開を見せており、そのユニークさで世界的な注目を集めている。
そのような展開を示している理由の一つは、英語圏の北米においてフランス語圏の文化をルーツに持つ活動を行っていることがある。異なる価値観、言語文化、制度的違いといった異質さが独自性やアイデンティティを確立することに貢献するとともに、それをもとにして何かを生み出すための文化的基盤もある程度の規模の集積を示している。
その上、言語的なバリアーがあるために、何か伝えるためには言語以外の手段で表現する芸術が中心となり、フィジカルなダンスやサーカスなどの舞台芸術が盛んになった。それがまた北米だけでなく、欧州や日本を含むアジアでも広く受け入れられる理由にもなっている。
また文化については産官連携が行なわれており、「文化産業政策」として連邦政府も州政府も、また地方自治体も様々な支援を行なっている(例えばそのためにモントリオールには数多くの劇場などの施設がある)一方で、米国という巨大な市場が近くにあるために、芸術的な要素とビジネスの要素がうまくブレンドして、ケベックの舞台芸術を世界に送り出す背景を形作っている。そのような広い意味での芸術・文化活動とビジネスの「インフラ」があるので、この分野での優秀な人材が育っていき、それがさらにこの分野を重視する政策の採用を促進している。

日本がケベックから学ぶべきことは、まず第一に、国のレベルでは「文化政策」を再考し、「文化戦略」を立てて、国内市場と海外市場の間のパイプを太くすることである。その際に、これまでのように日本の文化を「伝統的な文化」と「コンテンポラリー・アート」(あるいは「ポップ・カルチャー」)というようにニ分して、日本的な伝統をことさら強調するようなプレゼンテーションをするのではなく、日本で現在行われているアートを伝統的芸術も含んで全体として「日本の文化・芸術」としてまとまったイメージで海外に説明しPRすることが重要である。
ただし、そのためには、日本人自身がもっと日常的に文化・芸術活動に接して、それを大切にする習慣を身につける必要がある。そしてもっと文化に金を使ってよいものを育てて、それをそのまま海外に出すようにすべきであろう。
ケベックの人口は700万人ほどで、日本の神奈川県や埼玉県の人口と同程度であるが、その規模が小さいだけに最初からグローバルなマーケットを意識して戦略的に行動している。作品作りや人材育成を行なう際にも、海外向きの戦略を持ってプロジェクトマネジメントを行なっているといえる。それに対して、日本は人口が多く、国内市場が大きいのでつい内向きになる傾向があるが、ケベックのやり方にならって日本のポテンシャルが外につながるようにするならば大変なパワーになりうる。
実際に最近見られる傾向としては、国よりは自治体レベルで(地域や都市レベル)で文化政策を推進し、それを国際交流活動の目玉にしつつあることである。色々な自治体がアートセンターを設立して様々なイベントやプロジェクトを開催し、アーティストの交流などを行なっており、横浜、福岡、北九州、山口、高知、大阪などがその代表格である。
国のレベルでは日本の伝統的な文化が前面に出てしまう傾向があるが、自治体レベルでは日常的なアートの全体像のプレゼンがしやすい。したがって、国は地域のアートセンターをサポートし、特に人的交流をサポートすればいい。そこにケベックなどの海外のアーティストが入ってくれば発想が違って活性化するであろう。

以上が、インタビュー要旨である。なお、曽田教授は12月11日に、明治大学政治経済学部の「現代ケベック」の講座で、「ケベックのアート・マネジメント」というテーマの講義を行なった。その講義の内容は、曽田教授のブログ(http://blog.goo.ne.jp/sotashuji/)にアップされている。
12月11日「明治大学のケベック講座」
http://blog.goo.ne.jp/sotashuji/d/20061221

以上(文責:宮尾尊弘)
スポンサーサイト
  1. 2006/12/31(日) 09:22:36|
  2. Interviews
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://japanquebec.blog76.fc2.com/tb.php/7-9374c429
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。