JAPAN-QUEBEC:日本・ケベック情報

To Promote Japan-Quebec Relations by Posting Information about Quebec: カナダ・ケベック州の情報を発信して日本・ケベック関係を促進する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Missing in Mass Media Reporting: マスコミ報道の問題点

Missing in Mass Media Reporting: マスコミ報道の問題点

(English):
What is Missing in Mass Media Reporting of Japan’s Radiation Contamination
http://www.esuj.gr.jp/jitow/eng/contents/0315.htm
Takahiro Miyao, Emeritus Professor, University of Tsukuba
"Horrifying news headlines on Japan’s nuclear crisis have been appearing in both the Japanese and foreign media for the last couple of weeks. People naturally worry if they read such headlines as “Tokyo water ‘unfit for babies’ due to high radiation” and “Radioactive levels in sea 1250 times higher than the safely limit"................ As far as the reality outside of the immediate vicinities of the damaged nuclear reactors is concerned, however, what is not mentioned in those media headlines or in any part of the reports themselves is the fact that Japan’s guideline values by which the degree of safety and risk for human health is measured are overly conservative, that is, much stricter than internationally accepted standards........... Now that there has been so much misunderstanding and confusion among the general public at home and abroad, the Japanese government seems to be taking a step to review its guidelines and possibly revise it in line with the internationally accepted standards for radiation safety (see the links below). Hopefully, this will be done before the government’s misleading statements and misguided decisions on radiation “contamination” become the fourth disaster following the trio of the massive earthquake, tsunami and nuclear accidents in Japan."
http://www.ytwhw.com/2011/0326/Japan-Mulls-Easing-Radiation-Guidelines-For-Food-Water.html
(March 28, 2011)
--------------------------------------------------------------
(Japanese):
日本の放射能汚染に関するマスコミ報道の問題点
http://www.esuj.gr.jp/jitow/jp/contents/0315.htm
宮尾尊弘 筑波大学名誉教授
「ここ2週間ほど、日本の原発危機について国内外のメディアには本当に恐ろしい見出しが並び続けている。例えば「高い放射能汚染で東京の水は乳児に危険」とか「原発の近海で基準の1250倍の放射線物質」といった見出しを見れば誰もが不安になるのは当然であろう。・・・・・・・・ しかしながら、問題の原発の周辺以外の地域での現実を見るならば、このようなメディアの見出しでもレポート本文でも言及されていない事実は、人体への安全や危険の程度を測る基準値が、日本では非常に保守的に設定されており、国際的な基準よりもはるかに厳しいということである。・・・・・・・・ この点について国内外の人々の間で多くの誤解や混乱が生じている今、日本政府はようやくその基準を見直し、それを国際的に広く受け入れられた安全基準に合わせるように改訂する動きを見せ始めている(以下のリンクを参照)。放射能の「汚染」に関する政府の誤解を与える声明と誤った決定が、巨大地震、津波、原発事故に次いで4番目の災害になる前に、そのような基準の改定がなされることを希望したい。」
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819695E0E7E2E1808DE0E7E2E1E0E2E3E39F9FEAE2E2E2
http://www.nikkei.com/paper/article/g=9695999693819695E0E4E2E2998DE0E4E2E1E0E2E3E39790E0E2E2E2;b=20110326
(2011年3月28日)
---------------------------------------------------------------
スポンサーサイト
  1. 2011/03/28(月) 23:14:53|
  2. Announcement

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。