JAPAN-QUEBEC:日本・ケベック情報

To Promote Japan-Quebec Relations by Posting Information about Quebec: カナダ・ケベック州の情報を発信して日本・ケベック関係を促進する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Interview with Mr. Ikeuchi:池内氏とのインタビュー

Interview with Mr. Ikeuchi:池内氏とのインタビュー

Interview Series #5:インタビューシリーズ#5
Mr. Ikeuchi: 池内光久氏 Ikeuchi.jpg

Interviewee: Mr. Mitsuhisa Ikeuchi
Executive Advisor, New India Assurance Co., Ltd.
Senior Advisor, Kyoritsu Insurance Brokers of Japan
(Date: January 10, 2007; Place: Kyoritsu Bldg., Nihonbashi; Interviewer/Writer: Takahiro Miyao)

Summary of Mr. Ikeuchi’s Interview

I started traveling to Quebec on business, when I was stationed in Toronto, mainly covering Ontario and Quebec Provinces as Director and General Manager of Tokio Marine Management Ltd. in the deecade of 1980. Since then, I have been interested in Quebec, as I made friends with Mr. Robert Keating and other members of the Delegation Office of Quebec Government in Tokyo, after I returned to Japan.
At the same time, I joined the Japanese Association for Canadian Studies (JACS; http://www.jacs.jp/), and have been doing research on the Quebec economy, especially from the viewpoint of comparison between Quebec and other provinces. Based on my research, I sometimes make presentation at the JACS Conferences and other meetings, and often teach courses on Canada and Quebec at Meiji University and other colleges.

One of the points that I often emphasize in my presentation is as follows. A commonly held belief, particularly among Japanese businesspeople, that “the Quebec economy was adversely affected by the francophone-led cultural policy which facilitated the exodus of anglophone business and human resources to Ontario and other provinces” does not seem to be supported by evidence. The fact is that, owing to such cultural policy in Quebec, many francophone Canadians have regained confidence in themselves and returned to Quebec, especially gathering in and around Montreal, affecting the Quebec economy in a positive way. Actually, various industries such as manufacturing, warehousing, transportation, R&D, etc. have recently been flourishing in satellite cities and towns near Montreal along the national borders, positively contributing to the development of the Quebec economy as a whole.
From Japan’s standpoint, those industries located in the Montreal region, such as aviation-related business, transportation and marine equipment, movie business, 3D animation, and drug research & development, seem to be complimentary with Japanese industries and, therefore, it would be mutually beneficial to interact with each other. This is one of the main differences between Quebec and other Provinces, where their trade with Japan tends to be “unilateral” with natural resources exported to Japan in exchange for consumer electronics, automobiles and various components.

Needless to say, there are a number of problems with Quebec. Just like any other Canadian province, over 80 percent of the Quebec economy still depends on the U.S., however hard they have tried to develop their own business, and social problems seem getting worse, especially among young people, due to the collapse of traditional moral values. As for problems unique to Quebec, population tends to stagnate in Quebec Province, that is the francophone region of Canada, compared to the anglophone region, which is attracting more immigrants. As a result, Montreal has been surpassed by Toronto in terms of population for some time, and could be caught up with by Vancouver in the foreseeable future. Furthermore, there is a problem of widening economic gaps between prosperous Montreal and other cities along the southern borders on one hand and the northern region depending solely on primary industries on the other.
A problem for Japan, rather than for Quebec, is that Quebec and other provinces are trading more with China than with Japan these days, and Chinese imports are becoming more and more visible everywhere in Canada. As a result, Japan’s presence in Quebec or in Canada as a whole, seems to be fading, at least relatively. So, Japan needs to consider how to appeal to Quebec and Canada for that matter in order to maintain and improve the mutual relationship in the future.

In conclusion, there does not seem to be any major problem with the Quebec economy, which should be developing nicely with its originality and uniqueness, due to the abundant supply of excellent human resources. In a sense, that is an intended result of educational policies with emphasis on culture, languages, and arts, which have been adopted since the “Silent Revolution” terminated the old educational system under the control of the Catholic Church in the 1960s.
In this regard, Japan can learn much from the Quebec experience, when it comes to “educational reform.” It is important for Japan to train human resources by emphasizing culture, languages and arts, which have rather been neglected in the past. I myself am teaching at a college in Osaka, using English as the official language on campus, where students are studying hard in response to teachers’ sincere efforts to teach them in the foreign language, promoted by the college as a whole. We can make Japan-Quebec relations better and closer, especially in the educational and cultural fields, for example, through student exchange programs, in the future.
References:
Mitsuhisa Ikeuchi, “My Life in Canada,” 1993
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4882022427.html
Richard Grunberger, “A Social History of the Third Reich” (Originally in German; Japanese translation by Mitsuhisa Ikeuchi), 2000
http://www.junkudo.co.jp/detail2.jsp?ID=0100028415
David Bercuson, “Under the Canadian Flag” (Japanese translation by Mitsuhisa Ikeuchi & Kyoichi Tachikawa), 2003
http://www.sairyuusha.co.jp/archive/2004/04/post_273.html

(Interviewer: Takahiro Miyao)
---------------------------------------------------------------

池内光久氏とのインタビュー
池内光久氏:ニューインディア保険会社日本支店常任顧問、共立インシュアランスブローカーズ(株)シニアアドバイザー
(2007年1月10日、東京日本橋の共立ビルにて、聞き手・文責は宮尾尊弘)

池内氏インタビューの要旨

私がケベックに頻繁に行く機会を持ったのは、1980年代にトロントで東京海上火災の駐在員として主にオンタリオとケベックをカバーしていたときで、その後日本に帰ってからもケベック州政府在日事務所のロバート・キーティング氏などと交流し、ケベックとの関係を深めていった。
それと同時に「日本カナダ学会」(http://www.jacs.jp/)のメンバーとしてケベックの経済に興味を持ち、ケベックと他の州との比較などについて研究を行い、その結果に基づいて学会などで発表し、さらに明治大学やその他の大学でカナダおよびケベックの経済について講義をしている。

そこで私が強調しているのは、主に日本で唱えられている通説である「フランス語を重視する文化政策によって英語を重視する企業や人材がオンタリオやその他の州に移動したためケベック経済が悪影響を受けた」という説は誤りであり、事実はそのような文化政策によって、フランス語を話す人材が自信を取り戻し、その多くがケベック州に戻り、特にモントリオールやその周辺の衛星都市に集まってビジネスを盛り立てたプラスの効果のほうが大きかったということである。実際に国境沿いのいくつかの都市では、製造業、倉庫業、運送業、研究開発などの経済活動が活発化してケベック経済の発展に貢献したといえる。
また日本から見てもモントリオール地域で隆盛を極めている航空産業を始め、輸送・海洋機器、映画関係、三次元動画、さらに薬品関係の研究開発などは、日本の産業と補完的なものが多く、お互いに交流することでメリットの大きい分野が目立っている。これが日本との交易で、資源と家電・自動車・部品などがそれぞれ一方通行という他の州とケベック州とが異なる点といえよう。

もちろんケベックにも問題点は多く、これはカナダ全体の問題でもあるが、いくら独自の産業を育てても、経済の8割以上はお隣の米国に依存している体質が変わらないことや、社会的なモラルが崩れて若者の間で色々な問題が起こっていることが指摘できる。またケベック州に特徴的な問題としては、移民がどうしても英語圏の州に行くケースが多くなることもあり、フランス語圏では人口が伸びずに、モントリオールもトロントに人口規模では追い抜かれて久しいが、そのうちバンクーバーにも追いつかれるのではないかといわれていること。またモントリオールなど国境周辺の地域と北に位置する一次産業中心の地域との「南北格差」が拡大している問題など悩みは多い。
またこれはむしろ日本の問題であるが、最近ではケベックもその他の州も、日本よりは中国との貿易が盛んになり、もっぱら中国からの輸入品が目立つようになってきている。そのために日本の存在感が相対的に薄まってきているので、日本としてはケベックを始め、カナダ全体にどのようにその存在感をアピールして関係を維持改善していくかを考える必要があろう。

結論として、ケベック州の経済の今後にはそれほど問題はなく、これからもその独自性を発揮しつつ経済的にも順調に発展していくであろうし、それを実現するための優秀な人材も豊富である。それは、60年代の「静かな革命」以来、それまでカトリック教会の支配下で遅れていた教育に重点を置き、文化・言語・芸術を重視する政策を一貫して続けたことがここにきて見事に開花しているといえる
この点について、日本が今後「教育改革」を進める際に、ケベックから学ぶべきものが多い。日本でもこれまで比較的軽視されてきた文化・言語・芸術などに重点を置いて人材の育成を図ることが大切である。私も現在、英語を使用言語とする大阪の大学で講師をしているが、外国語の使用を全学的に推進し、教師も熱心に教えれば学生も必死に勉強してそれなりの成果が上がるものである。今後とも教育や文化の面で、例えば学生の交換留学制度などを通じて日本とケベックとの関係をさらに深めていくことが可能であろう。
参考:
池内光久著「カナダ・ライフ」彩流社(1993)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4882022427.html
池内光久訳(リチャード・グルンベルガー著)「第三帝国の社会史」彩流社(2000)
http://www.junkudo.co.jp/detail2.jsp?ID=0100028415
池内光久・立川京一共訳(デイヴィッド・バーカソン著)「カナダの旗の下で」彩流社(2003)
http://www.sairyuusha.co.jp/archive/2004/04/post_273.html

以上(文責:宮尾尊弘)
スポンサーサイト
  1. 2007/01/14(日) 23:59:54|
  2. Interviews
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://japanquebec.blog76.fc2.com/tb.php/8-e0c20662
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。