JAPAN-QUEBEC:日本・ケベック情報

To Promote Japan-Quebec Relations by Posting Information about Quebec: カナダ・ケベック州の情報を発信して日本・ケベック関係を促進する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Cirque du Soleil in Tokyo: シルク・ドゥ・ソレイユ・イン東京

Cirque du Soleil in Tokyo: シルク・ドゥ・ソレイユ・イン東京

Event@Canadian Embassy: カナダ大使館でのイベント

Ms. Aiko Okawara introducing the Speaker
大河原愛子氏による紹介 81002Q6.jpg

Mr. Daniel Lamarre, President & CEO, Cirque du Soleil
ダニエル・ラマー・シルク・ドゥ・ソレイユ社長兼CEO
81002R11.jpg

Ms. Suzanne Ethier, concluding the Presentation Session
スザンヌ・エティエ氏の挨拶 81002U6.jpg

On October 2, a special event, featuring Mr. Daniel Lamarre, president and CEO of Cirque du Soleil, was held at the Embassy of Canada, organized by the Canadian Embassy and the Delegation Office of Quebec Government on the occasion that the permanent venue of Cirque du Soleil with a new show "ZED" was just opened at Tokyo Disney Resort.
Mr. Lamarre first mentioned that after Las Vegas, Tokyo is Cirque du Soleil's number one city in terms of ticket sales, and then eloquently explained the secret of his company's success, emphasizing "creativity" as the main value to maintain and promote over monetary returns. He said "we are dreamers," and "dedicated to creation, production and performance on artistic works whose mission is to invoke the imaginations, provoke the senses and evoke the emotions of people around the world." Mr. Lamarre also pointed out that social values are equally important and one percent of the revenue (not the profit!) has been contributed to social causes with a new foundation just established to do more, such as "One Drop" to help solve the water problem on the global scale.
After the presentation, he was willing to answer some questions from the floor, regarding the recrutiment and training of their talented people, and Japan's contribution to their artistic as well as business success. It was such an impressive event that must have satisfied everyone who attended.
The presentation session was concluded by Ms. Suzanne Ethier, Tokyo representative of the Delegation Office of Quebec Government, to be followed by a reception which was hosted by Ms. Christine St-Pierre, Quebec Minister of Culture, Communications & Gender Equality.

Mme Christine St-Pierre giving welcome address
81002T10.jpg

Reference:
"ZED"; Official Site:
http://www.zed.co.jp/home.php
Japan-Quebec Blog (3/23/2007):
DRALION in Quebec Month:ケベック月間の「ドラリオン」
http://japanquebec.blog76.fc2.com/blog-entry-12.html

シルク・ドゥ・ソレイユ社長兼CEOの講演会とレセプション
10月2日にカナダ大使館で、カナダ大使館とケベック州政府東京事務所による共催の講演会とレセプションがあり、東京ディズニーリゾートに新しいシアターとショー「ZED」をオープンしたばかりのシルク・ドゥ・ソレイユの社長兼CEOであるダニエル・ラマー氏がプレゼンを行った。
ラマー氏は、まず「ラスベガスに次いで、東京はチケット販売面でナンバーワンの都市である」と述べて多大の支持に感謝した後に、シルク・ドゥ・ソレイユの成功の秘訣は、「クリエイティビティ」を最も重要な価値として金銭的なリターンよりも重視していることを強調した。「自分たちの夢を持ち続けるとともに、世界中の人々の想像力を掻き立て、感覚を刺激し、感情を呼び起こすことを使命として、芸術的作品を創り出し演技することに全力を捧げている」と述べ、さらに社会的な価値の追求も同様に重要で、売り上げ(利益ではなく)の1パーセントを社会貢献に向けてきたこと、またさらなる社会活動のための財団を創設し、世界の水問題解決に貢献する「ワン・ドロップ」などの運動を行っていることも指摘した。
プレゼンの後に参加者からの質問に答える形で、人材タレントの採用と訓練について、また芸術面とビジネス面での日本の貢献についても言及した。ラマー氏の講演は本当に素晴らしいもので、参加者の誰もが満足したと思われる。
ケベック州政府東京事務所のスザンヌ・エティエ代表は、閉会の挨拶で講演会を締めくくった後に、大使館地下のシティクラブ・オブ・東京でレセプションを主催し、ケベック州政府文化・コミュニケーション・女性の地位担当のクリスティーヌ・サン-ピエール大臣がホストとして歓迎の挨拶を行った。
  1. 2008/10/02(木) 23:59:59|
  2. Special Events
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Day 3: Montreal Events: モントリオールにて

Day 3: Montreal Events: モントリオールにて

Revisiting Botanical Garden: 植物園再訪

Japanese Pavilion & Garden: 日本パビリオン
80628w1.jpg

Reunion with Ms. Sonia Dandaneau on
Japan Program/Exhibitions at the Pavilion
日本館展示担当ソニア・ダンダノー女史と再会
Sonia 80628w2.jpg

Featuring Lacquerware (Called "Japan")
Takashi Maruyama's Works Displayed
漆工芸品の特別展示: 丸山高志氏の作品
80628w3.jpg

Interview with Mr. Takashi Maruyama
丸山高志漆工協会理事長のインタビュー
Maruyama 80628w4.jpg

(English):
It happened that Mr. Takashi Maruyama, executive director of the Japan Urushi Art and Craft Asssociation, gave a lecture on the art of lacquerware as well as offered a "Maki-e" workshop (gold sprinkle lacquer painting) during the weekend when I visited the Japanese pavilion, where I came across Sonia-san with Mr. Maruyama, and she was kind enough to introduce me to him. Then, he was interviewed by a reporter of the Nikka Times about his life with lacquerware, and I was allowed to sit beside them and listen to his interview.
In the interview Mr. Maruyama said that he picked up a necessary skill for lacquer craft work from his father, who was also a lacquer craftman. It was interesting to hear that Mr. Maruyama has found the "goodness" and versatility of lacquer, and has been applying it not only to traditional Japanese woodworks, but also to artcrafts and daily items in Asia and Europe. He is so open-minded!
In response to the interviewer's question of how to revive Japan's lacquerware industry, Mr. Maruyama clearly said that we must go back to "square one," where there should be no extablishment or professional ladder to rank lacquerware only according to conventional standards, which tend to deviate from the original spirit of lacquer and lacquerware.
He surely sounded like a great master in this field, as his points are relevant not only in this particular field but also in other fields of traditional Japanese arts and crafts.
Finally, Mr. Maruyama was really appreciative of Sonia-san for her hard work in organizing this exellent project and inviting him to give presentations about lacquerware.
Reference: 参考: See More Photos (6/28):
http://glocom.blog.so-net.ne.jp/archive/20080628

(日本語):
私が日本パビリオンを訪れたこの週末に、日本漆工協会専務理事の丸山高志氏が、漆器のアートについての講演と「蒔絵」(金粉を蒔いて描く絵)のワークショップを行った。私はたまたま丸山氏がソニア・ダンダノーさんと一緒にいたところに遭遇して、丸山氏に紹介され、さらにその直後、カナダの日系の新聞「日加タイムズ」の記者が丸山氏をインタビューするというので、そのやりとりを部屋で聞かせていただいた。
丸山氏が漆工芸に興味を持ち必要な技術を学んだのは、父親が漆職人だったことが大きく、漆が持つ「良さ」と「可能性」に引きつけられ、それを日本の伝統的な木工品にだけでなく、アジアや欧州の芸術品や日常品にも適用しようとしてきたとのこと。
日本で漆器の産業を再生させるにはどうしたらいいかという記者の質問に対しては、丸山氏は「ゼロ」に戻って最初からやり直し、もともとの漆および漆器が持つ精神から離れてしまった「常識的」な基準で漆器のランク付けをするような既成の組織やプロの階層をなくすことが必要という意見であった。
丸山氏の指摘した点は、単に漆器の分野だけなく、日本の伝統的な芸術や工芸の他の分野にも当てはまるもので、丸山氏がこの分野のマスターであることを感じさせるのに十分なものであった。
最後に、丸山氏はこの漆器に関する素晴らしい展示を実現させて、さらに自分を招待してくれたソニアさんに感謝の言葉を述べた。
  1. 2008/06/28(土) 23:36:21|
  2. Special Events
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Revisit to Quebec & Montreal:ケベック・モントリオール再訪

Revisit to Quebec & Montreal:ケベック・モントリオール再訪

To Celebrate "Quebec 400":ケベック市400周年記念祝い
Stop over 80626c.jpg

I am now revisiting Quebec to join the City's celebration on its 400th anniversary this year, and also traveling to Montreal to see some friends on this occasion.
It was a long flight from Los Angeles to Quebec City, which took about 10 hours with a long stop-over break (plus a flight delay) at O'Hare Airport in Chicago. But as soon as I arrived at the Quebec Airport, I felt at home, greeted by friendly staff members at the airport as well as at the hotel.
Now I am looking forward to visiting various places and getting together with my friends here in Quebec and also in Montreal.
References:
Previous Visit to Montreal and Quebec (2007/8/29-31):
http://japanquebec.blog76.fc2.com/blog-entry-17.html
Quebec City's 400th Anniversary Homepage:
http://www.quebec400.gc.ca/bienvenue-welcome-eng.cfm
@Hotel 80626e.jpg

ケベック市・モントリオール再訪
今年はケベック市制400周年で、記念行事やイベントが色々とあるので、それに参加するためにケベックを訪れた。この機会にモントリオールにも行って友人たちに会う予定。
ロスからケベックまでは長い空の旅で、シカゴ空港でのストップオーバーとフライトの遅れも含めて計10時間もかかった。しかしケベックに着くやいなや、空港やホテルの親切でフレンドリーなスタッフの態度に触れてほっとしているところ。
明日からのケベックとモントリオールでの観光や友人との再会が今から楽しみである。
  1. 2008/06/26(木) 23:59:12|
  2. Special Events
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Quebec Blog Seminar:ケベック・ブログ・セミナー

Quebec Blog Seminar:ケベック・ブログ・セミナー

@L’Institut on May 12:日仏会館で5月12日開催

Introductory Address by Mr. Marc Beliveau on behalf of the Tokyo Office of Quebec Government
マルク・ベリボー氏 80512Q.jpg

Moderated by Blog Writer, Takahiro Miyao
ブログの筆者が司会 80512R7.jpg

Panelists, Mr. Obata, Mr. Sota and Mr. Ikeuchi
パネリストの小畑精和氏、曽田修司氏、池内光久氏
80512S11.jpg

Quebec Blog Seminar
Sponsored by the Delegation Office of Quebec Government, Tokyo
(Date: May 12, 2008; Place: L’Institut Franco-Japonais de Tokyo; Writer: Takahiro Miyao)

On May 12, 7-9pm, a special seminar was held at L’Institut Franco-Japonais de Tokyo, sponsored by the Delegation Office of Quebec Government to discuss what Japan can learn from Quebec for the purpose of promoting Japan-Quebec relations.

After a brief introductory address was given by Mr. Marc Beliveau on behalf of Representative Suzanne Ethier of the Delegation Office of Quebec Government, Tokyo, interesting presentations were made by three specialists on Quebec, Prof. Yoshikazu Obata (Meiji University) in literature and culture, Prof. Shuji Sota (Atomi Gakuen University) in art management, and Mr. Mitsuhisa Ikeuchi (Corporate Advisor and College Lecturer) in economic affairs, moderated by Takahiro Miyao, who is the author of the Japan-Quebec Blog (http://japanquebec.blog76.fc2.com/).

First, Prof. Obata explained the historical and spiritual background of people in Quebec with special reference to the song, entitled “Gens du Pays” (meaning “people of the nation”). This song has been widely sung by people in Quebec on festive occasions and helping their search for “national” identity for the last few decades, according to Prof. Obata.

Second, Prof. Sota pointed out the unique characteristics of Quebec-style performing arts, as represented by La la la Human Steps and Cirque du Soleil, where not only their artistic quality is first-rate, but also their management system, including production and distribution, is excellent from the business point of view. This is something that Japan can learn from Quebec for acquiring a more open and global perspective in artistic activities including management aspects, according to Prof. Sota.

Third, Mr. Ikeuchi talked about the economic development of Quebec with special emphasis on the effects of its language-cultural policies. He concluded that Quebec’s language policy has benefited its economy after all, because it helped Quebecois obtain their identity and self-confidence so that many French-speaking professionals have been attracted to Quebec, especially Montreal and Quebec City, to work for internationally competitive industries.

Finally, a free discussion involving the audience took place, and many questions were asked about Japan-Quebec relations. Also there was an announcement that an introductory book about Quebec in Japanese will be published by the end of this year. Hopefully, another seminar like this one will be organized in the near future, so that we can discuss further how to improve Japan-Quebec relations.
References:
Prof. Obata’s Interview:
http://japanquebec.blog76.fc2.com/blog-entry-5.html
Prof. Sota’s Interview:
http://japanquebec.blog76.fc2.com/blog-entry-7.html
Mr. Ikeuchi’s Interview:
http://japanquebec.blog76.fc2.com/blog-entry-8.html

(Writer: Takahiro Miyao)
----------------------------------------------------
ケベック・ブログ・セミナー
ケベック州政府在日事務所主催
(2008年5月12日:東京日仏学院にて開催)

5月12日午後7-9時に、東京日仏学院においてケベック州政府在日事務所主催の「ケベック・ブログ・セミナー」が開催され、日本がケベックから何を学ぶべきか、また日本とケベックの関係をより緊密にするために何ができるかについて議論が行われた。

まずケベック州政府在日事務所のスザンヌ・エティエ代表の代理としてマルク・ベリボー氏が簡単な開会の辞を述べた後に、以下の3人のパネリストから興味深いプレゼンが行われた。文学・文化について小畑精和氏(明治大学教授)、アートマネジメントについて曽田修司氏(跡見学園女子大学教授)、経済問題について池内光久氏(会社顧問、大学講師)、および司会は、宮尾尊弘(国際大学教授)で「ケベック・ブログ」の筆者:
http://japanquebec.blog76.fc2.com/

最初に、小畑教授より、ケベックの歴史的背景や精神的支柱についての説明があり、特にケベックの人々がよく歌う「Gens du Pays」(国の人々)という歌が披露された。これはケベックの人々が何かを祝うときに皆で集まって歌うことが多く、これまで何十年にもわたってケベックの「国」としてのアイデンティティの形成に貢献してきたとのことであった。

次に、曽田教授より、ケベックの舞台芸術の特徴についての説明があり、例えば有名な「ラララ・ヒューマンステップス」や「シルク・ド・ソレイユ」などに見られるように、芸術的にも一流であるとともに、ビジネス的に見ても、制作だけでなく流通まで考慮したマネジメントのシステムがうまく機能していることが指摘された。この点で日本がケベックから学ぶものが多く、日本の芸術活動をマネジメントの側面も含めて、よりオープンでグローバルなものにしていくべきという結論であった。

3番目に池内氏がケベックの経済発展を概観し、特にケベックの言語・文化政策の影響に焦点を当てた。池内氏によると、ケベックの言語政策は結局のところ経済にプラスの効果を持ったと結論づけられるが、その理由はそのような政策がケベック人にアイデンティティと自信をもたらし、そのためにフランス語を話す専門家たちがモントリオールやケベック市を中心とするケベック州に集まることで国際競争力のある産業の創出に貢献したからであるという。

最後に、参加者を含む自由な討論が行われ、日本とケベックの関係について色々な質問が出された。また今年の末までに、日本語のケベック入門書が発行予定というアナウンスもあり、実り多い会合となった。日本とケベックとの関係についてさらに議論を深めるために、このようなセミナーがまた近い将来開かれることを期待したい。

(文責:宮尾尊弘)
  1. 2008/05/20(火) 17:43:41|
  2. Special Events
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Kent Nagano Concert/Reception: ケント・ナガノのコンサート

Kent Nagano Concert/Reception: ケント・ナガノのコンサートとレセプション
Montreal Symphony Orchestra: モントリオール交響楽団

Music Director Kent Nagano@Suntory Hall on 4/14:
指揮者ケント・ナガノ、サントリーホールにて:4月14日
80414a.jpg

There was a fantastic concert, supported by the Canadian Embassy and the Quebec Government-Tokyo Office, which presented Montreal Symphony Orchestra, directed by Kent Nagano at Suntory Hall on April 14.
The program was as follows:
(Main)
Debussy "Prelude a l'apres-midi d'un faune" (Prelude to the Afternoon of a Faun)
Debudssy "La Mer" (The Sea)
R. Strauss "Ein Alpensinfonie op.64" (An Alpine Symphony)
(Encore)
Shubert "Rosamunde" (Rosamunde Incidental Music)
J. P. Bentus "The Variation Sakura Sakura"
Bizet "L'arlésienne" (The Woman of Arles)

Kent Nagano was so dynamic and forceful, yet with intelligence and delicacy, that the audience seemed to enjoy it fully from the beginning to the end.
After the concert, a reception was held, hosted by Quebec Government Tokyo Office Representative Suzanne Ethier in honor of Director Kent Nagano, who expressed his gratitude to his sponsors and all the participants.

Ms. Suzanne Ethier honoring Director Kent Nagano
80414k.jpg

With Mr. Murata representing Japanese fans
80414n.jpg

Mrs. & Mr. Ethier joining Mr. & Mr. Isomura
80414m.jpg

References:
Kent Nagano; Official Site:
http://www.kentnagano.com/
Kent Nagano; An Alpine Symphony
http://movies.yahoo.com/movie/1809935220/info

ケント・ナガノ指揮モントリオール交響楽団コンサート

カナダ大使館とケベック州政府在日事務所の後援で、4月4日サントリーホールにて、ケント・ナガノ指揮のモントリオール交響楽団による素晴らしいコンサートが開催された。
演目は以下の通り:
主演目:
ドビュッシー「牧神の午後への序曲」
ドビュッシー「海」
R・シュトラウス「アルプス交響曲64番」
アンコール演目:
シューベルト「ロザムンデ」
ベントゥース「さくら・さくら変奏曲」
ビゼー「アルルの女」

ケント・ナガノはダイナミックで力強く、その上知性や繊細さも兼ね備えた指揮ぶりで、聴衆を最初から最後まで魅了し続けた。
コンサート後、ケベック州政府在日事務所のスザンヌ・エティエ代表がホストのレセプションが行われ、そこに出席したケント・ナガノ氏は短いながらスポンサーと参加者全員に心よりの謝意を表した。
参考:
ケント・ナガノの略歴(日本語):
http://www.kajimotomusic.com/artist_jap/kent_nagano.html
ケント・ナガノ「アルプス交響曲」のDVD:
http://movies.yahoo.com/movie/1809935220/info
  1. 2008/04/15(火) 09:23:57|
  2. Special Events
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Canada-Japan Roundtable Meeting: 日加ラウンドテーブル

Canada-Japan Roundtable Meeting: 日加ラウンドテーブル

University Partnerships: 大学間パートナーシップ
AUCCb11.jpg

Mr. Lambert introducing Mr. Tunny & Mr. Tachdjian
AUCCa11.jpg

Prof. Fujita (left) representing Japanese Consortium
Japan Side AUCCc09.jpg

Canadian counterpart, Prof. Shubet (2nd from right)
Canada SideAUCCd09.jpg

On March 27, a roundtable discussion meeting was held at Chinzanso-Four Seasons Hotel, organized by the Embassy of Canada in Tokyo and the AUCC (Association of Universities and Colleges of Canada) to facilitate collaboration between Canadian and Japanese universities in education and research exchange, in connection with the 2008 APAIE (Asia-Pacific Association for International Education) Conference at Waseda University, March 26-28.
After brief welcoming remarks from Mr. Etienne Lambert (Canadian Embassy) and introductory remarks from Mr. Jean-Philippe Tachdjian (Canadian Ministry of Foreign Affairs) and Mr. Tom Tunny (AUCC), self-introduction was made by participants representing about a dozen universities on each side.
Then Mr. Tunny offered an overview of Canada-Japan university collaboration and the state of internationalization of at Canadian universities, where he emphasized that internationalization is the mainstream of education and research in Canada and more resources such as scholarships are being allocated for that purpose. Reciprocal efforts have been made on the Japan side and, in particular, the Canada-Japan Student Exchange Program is being established by about 30 Japanese and Canadian universities under the leadership of Professor Naoharu Fujita (Meiji University) and his counterpart, Professor Adrian Shubet (York University). For other programs to support academic collaboration, see the references below.
The most interesting part of the meeting was a free discussion session, where some realistic obstacles and challenges facing both Japanese and Canadian institutions were pointed out by participants on the both sides. Among other things, strong concerns were expressed over difficulties in promoting exchange programs especially in science and engineering, although there seem to be some successful examples even in this field at a couple of science-oriented universities on each side. As many of the participants pointed out, the language problem and possibly the gender element might be an obstacle to further promotion of exchange programs generally, and particularly in the science and engineering field. Toward the end, however, a few good ideas were presented to overcome some of those difficulties such as utilization of the results of Eiken English Test, which is more common and popular than TOEFL in Japan, to evaluate English proficiency of Japanese students.
After the discussion, a networking reception was held by including those members who could not make it to the roundtable meeting due to their participation in the ongoing APAIE Conference at Waseda University. Overall, it was a very informative and fruitful meeting for me and, I am sure, for all the other participants as well.

Then, I joined a group of participants led by Mr. Sylvain St-Amand (UQAM), who attended a reception offered by the Tokyo Office of Quebec Government at a nearby hotel, and enjoyed talking to Madame Suzanne Ethier, Tokyo Office Representative, and other members about further promotion of academic exchange between Japan and Canada in general and Quebec in particular.
ACCUe11.jpg

References:
APAIE Conference & Exhibition 2008@Waseda:
http://www.apaie.org/hoge2008piyo/
AUCC (Association of Universities & Colleges of Canada) with 92 members:
http://www.aucc.ca/index_e.html
JSPA (Japan Society for the Promotion of Science):
http://www.jsps.go.jp/english/
NSERC (Natural Science & Engineering Research Council of Canada)
http://www.nserc.gc.ca/
SSHRC (Social Sciences & Humanities Research Council of Canada)
http://www.sshrc.gc.ca/web/home_e.asp

カナダ大使館とAUCC(カナダ大学連盟)主催のラウンドテーブル会議が、3月27日(木)に椿山荘のフォーシーズンズホテルで開かれ、3月26日-28日に早大で開催されているAPAIE(アジア太平洋国際教育連盟)2008年総会の参加大学関係者を招いて、日加間の教育・研究交流の促進について議論が展開された。
まず、カナダ大使館のEtienne Lambert氏とカナダ外務省のJean-Philippe Tachdjian氏およびAUCCのTom Tunny氏の簡単な開会の挨拶に続いて、参加メンバーの自己紹介があり、その後、Tunny氏が日加大学間の交流の現状について報告し、特にカナダの大学の国際化が急速に進んでおり、奨学金制度なども充実しつつある点が指摘された。
日本側でも同様の動きがあり、特に藤田直晴明治大学教授とAdrian Shubertヨーク大学教授のリーダーシップにより30ほどの日加両国の大学が「Canada-Japan Student Exchange Program」(日加学生交流プログラム)を立ち上げたことが報告された。その他の交流支援のプログラムについては、上のリンクを参照。
非常に興味深かったのは、その後の自由討論のセッションにおいて、日加両サイドから大学が直面する現実的な障害や課題が取り上げられたことで、特に自然科学や工学の分野で国際交流を進めることの難しさが指摘された。この点について、日本側でもカナダ側でも自然科学分野中心の大学でいくつか交流の成功例が発表されたが、一般には「言葉の問題」とそれに関連して「男子学生と女子学生の違い」が障害になっていること、特にそれが自然科学や工学分野で顕著であることが明らかになった。ただし、議論が進むにつれて、障害を乗り越える解決案もいくつか出され、例えば日本の学生の英語力を評価するのに、日本ではTOEFLよりも一般的に普及している英検の結果を活用することなどが提案された。
会議後のレセプションでは、早大でのAPAIE年次総会に参加していて、このラウンドテーブル会議に出席できなかった大学関係者も含めて交流が行われた。全体を通じて、参加した私にとっても他の参加者にとっても、この会議は大変有益で実り多いものであった。

その後、参加メンバーの何人かのグループがSylvain St-Amand氏(ケベック大学モントリオール校)に引率されて近くのホテルで行われているケベック政府在日事務所主催のレセプションに合流し、Suzanne Ethier代表始め何人かのメンバーと日本とカナダおよびケベックの間での教育・研究交流促進について色々と意見交換を行った。
  1. 2008/03/30(日) 23:59:24|
  2. Special Events
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Francophonie Festival 2008: フランコフォニー祭

Francophonie Festival 2008: フランコフォニー祭(3/22)

L'Institut Franco-Japonais de Tokyo: 東京日仏学院

Quebec Fans Gathering, Drinking & Eating@Quebec Booth
ケベックのブース 80322b8.jpg

Joined by Ms. Suzanne Ethier: エティエ代表の特別参加
80322c2.jpg

With Mr. Dignard (above) and Mr. Beliveau (below)
80322d2.jpg

Booklet of This Blog Distributed: 本ブログ小冊子も配布
Reference:
Francophonie Festival (French):
http://www.institut.jp/agenda/evenement-fr.php?evt_id=862
東京日仏学院フランコフォニー祭(日本語):
http://www.institut.jp/agenda/evenement.php?evt_id=862
  1. 2008/03/22(土) 20:17:18|
  2. Special Events
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Minister Gagnon-Tremblay's Visit: ガニオン・トランブレ大臣訪日

Minister Gagnon-Tremblay's Visit: ガニオン・トランブレ大臣訪日

Luncheon Speech@Tokyo: 東京の昼食会での演説

モニク・ガニオン・トランブレ・ケベック州・国際関係・フランス語圏担当大臣
Quebec Government Minister of Int'l Relations and Francophones
Madame Monique Gagnon-Tremblay, delivering her speech@Okura

80121A.jpg

Minister Gagnon-Tremblay delivered her luncheon speech on Japan-Quebec relations in front of many invited guests at Hotel Okura on January 21(M), where the luncheon was hosted by the Canadian Chamber of Commerce in Japan. In her speech, she emphasized the fact that Japan is Quebec's "most important Asian market for value-added products," and the possibility of closer economic relations in such areas as science and technology, energy and food security, just to mention a few.
She concluded her speech by saying that "the Government of Quebec less than two years ago, adopted an ambitious international policy, [and] many of the key elements of this policy quite naturally seek a multi-faceted relationship with Japan."
It was a very impressive and powerful speech, that will surely help develop a closer relationship between Japan and Quebec in the future. We need more events like this on a regular basis.

モニク・ガニオン・トランブレ大臣は、1月21日(月)にホテルオークラにおける在日カナダ商工会議所主催の昼食会で、日本とケベックの関係に関するスピーチを行った。その中で、大臣は日本がケベックの製品にとってアジアで最も重要な市場であることを強調。
さらに「ケベック政府は2年ほど前に思い切った対外政策を採用し、その重要な一環として、当然日本との多面的な関係を深めていくつもりである」と結論づけた。
非常に感動的かつ力強いスピーチで、今後の日本とケベックの関係をさらに推進する上で役立つことは間違いない。このようなイベントをもっと頻繁に開催することが必要ではないだろうか。
  1. 2008/01/21(月) 16:08:28|
  2. Special Events
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HEC Montreal Prof. Landry's Visit:ランドリーHEC教授の訪日

HEC Montreal Prof. Landry's Visit:ランドリーHEC教授の訪日

For IUJ-HEC Montreal Exchange:IUJとHECモントリオールの交流

Dr Landry (Right) 7.11.07QuebecA10.jpg

Dr. Sylvain Landry, Professor and Director of HEC Montreal's International Projects, visited Japan to promote their exchange programs with Japanese schools. Earlier this year, he signed with Ritsumeikan Asia Pacific University for an undergraduate students exchange program.
Today he met three respresentatives of IUJ (International University of Japan) and discussed about a possible exchange program for MBA students and professors. This meeting has been made possible by the Ministry of International Relations-Quebec and the Quebec Government Office-Tokyo. It was a very productive meeting and hopefully will lead to a fruitful exchange program between the two schools.
References
HEC Montreal: http://www.hec.ca/en/
IUJ: http://www.iuj.ac.jp/

HECモントリオール・国際プロジェクト部長のシルヴァン・ランドリー教授が日本の大学との交流を進めるために訪日した。今年の初めには、立命館アジア太平洋大学と学部学生の交換留学プログラムについて合意したとのこと。
本日はランドリー教授とIUJ(国際大学)の3人の代表とが会合を持ち、MBAの学生や教授との交流を促進する方向で話し合いが行なわれた。これは、ケベック政府の国際関係部と東京の在日事務所のアレンジで可能になったもの。会合そのものは非常に生産的だったので、ぜひこれが両校間の実り多い交流プログラムにつながることを期待したい。
HECモントリオールとIUJのホームページについては上記のリンク参照。
  1. 2007/11/07(水) 23:07:33|
  2. Special Events
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Presentation to Mr. Clavet: クラヴェ所長への寄贈

Presentation to Mr. Clavet: クラヴェ代表への寄贈

Quebec Interview Summaries: ケベック・インタビュー集

71005A2.jpg

Mr. Jean Clavet at Quebec Gov't Office in Tokyo
ケベック在日事務所;http://www.mri.gouv.qc.ca/tokyo/jp/
  1. 2007/10/05(金) 10:08:00|
  2. Special Events
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。