JAPAN-QUEBEC:日本・ケベック情報

To Promote Japan-Quebec Relations by Posting Information about Quebec: カナダ・ケベック州の情報を発信して日本・ケベック関係を促進する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Visit to Consul General Nishioka:西岡総領事訪問

Visit to Consul General Nishioka:西岡総領事訪問

Mr. Nishioka 70830Nishi15.jpg

Consul General Atsushi Nishioka
Consulate General of Japan
(Date: August 30, 2007; Place: Consulate General of Japan, 600 de la Gauchetiere West; Interviewer/Writer: Takahiro Miyao)

Mr. Atsushi Nishioka, who arrived in Montreal as Consul General of Japan in March this year, greeted me at his office and explained his views on Quebec-Japan relations to me. He particularly emphasized the importance of promoting a closer economic relationship between Quebec and Tokyo, especially in the era when other Asian countries such as China and India are rising rapidly, because it would be in the interest of both Quebec and Japan to create a synergistic relationship among Asian countries. For example, Quebec government representatives should visit both China and Japan at the same time, rather than going to Beijing without stopping over in Tokyo.
Mr. Nishioka also pointed out the key role that can be played by exchange programs for researchers and students in promoting Quebec-Japan relations, especially for the purpose of creating new innovative ideas to benefit the both sides in the long run. In this regard, Quebec has definite advantages in terms of quality of research and education as well as safety of the society at large for Japanese researchers and students to visit and stay. Furthermore, various scholarships are now provided by the Governments of Japanese and Quebec/Canada, according to Mr. Nishioka. It was a very pleasant and productive meeting, and Mr. Nishioka’s sincere desire to promote Quebec-Japan relations was strongly felt during the meeting.
Reference:
Consulate General of Japan at Montreal:
http://www.montreal.ca.emb-japan.go.jp/
Japanese Consulate General Office 70830Nishi03.jpg

(Written by T. Miyao)
-------------------------------------------------------------
西岡淳総領事
在モントリオール日本国総領事館
(2007年8月30日、総領事のオフィスにて;聞き手:宮尾尊弘)

西岡総領事は今年3月にモントリオールに赴任されたばかりであるが、日本とケベックとの関係の振興に力を入れられており、その点について色々とご意見をうかがった。総領事は、特にアジアで中国やインドなどが急成長しているこの時代にこそ、ケベックと日本の経済関係をより緊密にすべきで、日本を含めたアジア諸国が協力してシナジー効果を発揮することが日本にとってもケベックにとってもプラスになることを強調された。したがって、例えばケベックの政府高官が中国を訪問する場合は、単に北京とケベック間を往復するのでなく、東京にも立ち寄って交流を深めることが重要と主張された。
さらに総領事は、研究者や学生の交換プログラムが果たす役割が長期的に大切で、特に日本にとってもケベックにとって新しい革新的アイデアを創造するために重要であることを指摘。この点で、ケベックは研究教育の質の高さと社会が安全であるという優位性を持っていること、また日本政府およびカナダやケベック政府が奨学金制度を充実されていることを強調された。
短い時間ではあったが、大変興味深く有益なお話しがうかがえるとともに、総領事が日本とケベックの関係振興のため真剣に努力されていることが強く感じられる訪問であった。
参考:
在モントリオール日本国総領事館:
http://www.montreal.ca.emb-japan.go.jp/

(文責:宮尾尊弘)
  1. 2007/09/24(月) 10:42:59|
  2. Interviews
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Interview with Mr. Dubuc:ドゥブック氏のインタビュー

Interview with Mr. Dubuc:ドゥブック氏のインタビュー

Interview Series #15 (@Montreal):インタビュー#15
Mr. Dubuc 70830Dubuc15.jpg

Interviewee: Mr. Alain Dubuc
Journalist, La Presse
(Date: August 30, 2007; Place: La Presse, 750 St-Laurent; Interviewer/Writer: Takahiro Miyao)

Mr. Alain Dubuc is regarded as one of Quebec’s most prominent journalists, and it was intellectually exciting to talk with him about various issues from Japanese youth culture to Quebec’s economic problems. His wide-ranging interests and deep knowledge were quite impressive, and his frank opinions on key issues facing Quebec were extremely interesting. The following is a summary of his views on the economy and culture in Japan and Quebec.

Summary of Mr. Dubuc’s Interview

I have been to Japan twice, as I was very much interested in the Japanese economy as an economist and a business columnist. It was in the 1980s, when the Japanese management model attracted a lot of attention in North America, and we tried to understand it. Some people even tried to copy it, of course, without success, because we cannot copy it in the first place. Nowadays, trends in technology, fashion and lifestyle are coming from Tokyo, and it is interesting to see the interaction of technology and daily life in Japan, especially among young people, mingling electronics, cell phones, games, videos, etc. It seems that Japanese youth are rejecting the traditional monolithic society in Japan and expressing themselves in their own ways, somewhat like baby-boomers in North America at end of the 1960s.

Speaking about Quebec, there have been a lot of changes since the 1960s, especially since the “Quiet Revolution.” Then, Quebec was socially and economically backward, and an important catch-up process took place in the 60s and 70s. But there were also political developments in Quebec, such as the referendum and the language law in the 70s to achieve social justice. Before, francophones were treated as “second-class citizens,” so it was a kind of revolution, if not a violent one, which helped francophone Quebecois regain confidence.

But there was a cost associated with it. In the 70s, Montreal was bigger than Toronto, but we have lost 200,000 anglophones, who have left Quebec for other provinces or elsewhere. A lot of corporate headquarters and investment money have also been lost. Although the Quebec economy is growing with relatively low unemployment these days, the standard of living in the Quebec Province is still about 18% behind Ontario, and the 54th among all Canadian provinces and all the American states. In fact, Montreal is one of the poorest big cities in North America, although we have achieved social justice and a good quality of life. We have high-tech industries, universities and other tools to create wealth, but the results are less than satisfactory. It seems that we have economic problems as well as cultural problems, as there is still some sentiment that economic success is not the objective that we should achieve. This may be because economic success is often falsely identified with an American way which is not as generous and socially just as we should be.

According to my calculation, if we had the same standard of living in Quebec as in Ontario, we would be able to collect income tax about 5 billion dollars more, which would be enough to solve our budgetary problem for necessary social programs. And I am pleased to see that the three leaders of our three political parties in Quebec agree on this point, and the current debate is on how to change the way we have been doing for the last few decades, where there is a kind of consensus that our main objective is to create wealth. This is totally new in our public debate.

Finally, as a member of the board of the Society of 400th Anniversary of Quebec City, I would like to celebrate this occasion by emphasizing Quebec City as a place for encounters, reflecting the past history of the city with many immigrants as well as native Indians encountering and mixing with each other, and making the city more open to outsiders in the future. The Quebec City does not have to be too conservative in trying to keep its identity, as the Quebec Province as a whole, or at least French-speaking Quebecois, have established a clear identity in terms of language and culture. If you accept the Quebec language and culture, you will be accepted as a Quebecois regardless of your race or national origin.
References:
Wikipedia on Alain Dubuc
http://en.wikipedia.org/wiki/Alain_Dubuc

(Written by T. Miyao)
-------------------------------------------------------------
アラン・ドゥブック氏
ジャーナリスト、ラ・プレス
(2007年8月30日、ラ・プレス社にて;聞き手:宮尾尊弘)

アラン・ドゥブック氏はケベックで最も著名なジャーナリストの1人であるといわれているが、確かにドゥブック氏との対話は非常に知的な刺激に満ちたもので、日本の若者文化からケベックの経済問題までさまざまなテーマについての話しがあった。氏の幅広い興味と深い知識はとても印象的で、またケベックが直面する重要問題に対する氏の率直な意見は本当に興味深いものであった。以下がそのインタビューの要旨である。

ドゥブック氏とのインタビュー・サマリー

私はエコノミストおよびビジネス・コラムニストとして日本の経済に興味を持ち、これまで二度ほど日本を訪問した。それは1980年代のことで、日本の経営モデルが北米で注目されており、それを何とか理解しようとした。ただし、それをコピーすることはもともとできないことであった。今日では技術、ファッション、ライフスタイルのトレンドは東京から生まれており、特に日本の若者の間で電子機器、携帯、ゲーム、ビデオなどをまとめて楽しむといった技術と生活の交わりを見ることは興味深い。日本の若者は一枚岩の伝統的な日本社会のあり方を否定して、それぞれ自分を自由に表現するようになっているが、それは北米では1960年代末にベビーブーマーの間で見られた状況に似ているともいえる。
ケベックについて見ると、1960年代の「静かな革命」以来多くの変化があり、ケベックは社会的・経済的に後進地域だった状態から、60-70年代を通じて追い上げを図った。その一方で政治的な展開もあり、70年代の州民投票と言語法は社会的公正を達成することに役立った。それまで「二流市民」として扱われていたフランス語を話すケベック人が、自信を取り戻したといえる。
しかしその反面、コストも無視できないものであった。1970年代にはモントリオールはトロントより大きな都市であったが、その後20万人の英語を話す人材が失われ、また多くの企業本社や投資資金もトロントやその他の地域に流出してしまった。最近はケベックの経済は順調に成長しており、失業率も比較的低いが、それでもケベック州の生活水準はオンタリオ州と比べると18%も低く、米国とカナダのすべての州の中で54番目という低さにとどまっている。実際、モントリオールは、社会的公正と高い生活の質を達成しているが、北米でもっとも貧しい大都市の一つである。モントリオールにはハイテク産業も大学もその他の手段は豊富にあるが、それを利用して富を生み出す点ではまだ不十分である。それは、経済的成功は自分たちの追及すべき目標ではなく、そうすることは好ましくない米国流のやり方であると誤って考えられているためである。
もしケベックの生活水準がオンタリオ並みであったとすれば、ケベックは所得税だけでも約50億ドルの増収が可能で、それだけあれば必要な社会政策のための財源問題が解決されるであろう。実際に、ケベックの3つの政党のリーダーは、この点で意見が一致しており、富の創造を主な目的として、過去数十年続けてきたやり方をどう変えるかが討論の対象になっている。これはまったく新しい展開といえる。
最後に、私はケベック市400周年記念委員会の委員として、この機会に「遭遇の場」としてのケベック市を強調し、過去にここで多くの移民および原住民が遭遇し交流した歴史を反映するとともに、将来ケベック市がより外に対して開かれた場になるように希望したい。ケベック市は自分のアイデンティティを守るためにあまり保守的になる必要はない。なぜならケベック州全体としては、あるいは少なくともフランス語を話すケベック人は言語と文化の面で明確なアイデンティティを確立しているからである。ケベックの言語と文化を受け入れる者は、その人種や出身地を問わずケベック人として受け入れられるであろう。

(文責:宮尾尊弘)
  1. 2007/09/23(日) 23:59:12|
  2. Interviews
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Interview with Ms. Bougie:ブジー女史のインタビュー

Interview with Ms. Bougie:ブジー女史のインタビュー

Interview Series #14 (@Montreal):インタビュー#14
Ms. Bougie 70830BB03.jpg

Interviewee: Ms. Brigitte Bougie
Journalist, Radio-Canada,
2007 “Quebec-Japan Prize” Winner
(Date: August 30, 2007; Place: CBC, Radio-Canada, 1400 Rene-Levesque East; Interviewer/Writer: Takahiro Miyao)

It was quite an experience to visit the CBC, Radio-Canada studio and meet Ms. Brigitte Bougie, journalist and newscaster, who has won the 2007 Quebec-Japan Prize (see Footnote). She showed me around in the TV studio and led me to a meeting room, where she told me about her proposed project, “Nagoya, greener than tea,” for which she was awarded the Quebec-Japan Prize. Ms. Bougie will visit Nagoya in October, 2007, to carry out her project, which should help develop a better understanding between Japan and Quebec in general, and between Nagoya and Montreal regarding environmental issues in particular. Currently, Ms. Bougie is very active as a newscaster for Radio-Canada, offering 24 hour news programs in French and English from coast to coast.

Summary of Ms. Bougie’s Interview

I am excited about my visit to Nagota in late October for my project on environmental issues that really interest me these days. I chose Nagoya, not Tokyo, because Nagoya with a little more than 2 million people is more appropriate for the purpose of comparison with the city of Montreal in terms of population size (Tokyo is just too big), and also because Nagoya is well known for its ambitious program to clean up the environment by involving everybody in the city including the mayor.
Nagoya’s program is ambitious, since it aims at reducing greenhouse gas emissions by 10%, much higher than the national reduction target of 6%, by 2010, compared with 1990, hoping to make Nagoya the greenest city in Japan, even “greener than tea.” What interests me is how people in Nagoya are trying to achieve this goal, and what their experience can suggest to residents in Montreal on environmental issues. For example, I would like to see how they handle garbage, recycle materials, and make houses, buildings and factories more energy efficient and environment friendly to build a sustainable community for themselves.
Transportation is of particular interest and importance, because the Nagoya region is home to Toyota, which is probably one of the most environmentally conscious companies in the world. But still using private automobiles, whether hybrid or not, are not helpful in reducing CO2, and use of public transportation should hold a key in solving urban pollution problems. Nagoya also seems interesting in this regard, because of its extensive public transportation system in and around the city.
In any case, I look forward to going to Nagoya, meeting the mayor and residents, and reporting the “Nagoya way” of solving environmental problems. And I plan to make my report public in the form of radio programs and magazine publications upon my return to Montreal this winter. I feel that it is important to inform the public, especially French speaking Quebecois, of what is happening in Japan regarding the environment, because there is so little information about Japan available in French over here. I hope every resident in Montreal will become aware of the problem and get involved in its solution by learning from Japan.

Footnote:
The Quebec-Japan Prize, created in 2003 to mark the 30th anniversary of Quebec’s presence in Japan, is a joint initiative by the Ministry of International Relations, the Federation of Professional Journalists of Quebec and the Foreign Press Center of Japan (from Reference 1)
References:
1. Ministry of International Relations: Information/News
“Québec-Japan Prize goes to Brigitte Bougie”
http://www.mri.gouv.qc.ca/en/_scripts/Actualites/ViewNew.asp?NewID=4567&lang=en
2. Radio-Canada Website: http://www.radio-canada.ca/

(Written by T. Miyao)
---------------------------------------------------------------
ブリジッド・ブジー女史
ジャーナリスト・ニュースキャスター、ラジオ・カナダ
2007年度「日本ケベック賞」受賞者
(2007年8月30日、CBC、ラジオカナダ・スタジオにて;聞き手:宮尾尊弘)

CBC・ラジオカナダのスタジオを訪問し、ジャーナリストでニュースキャスターのブリジッド・ブジー女史にインタビューしたのは実に得がたい経験であった。2007年度の「日本ケベック賞」を受賞したブジー女史のプロジェクトは、「名古屋を緑茶より緑に」というテーマで、名古屋市民の環境問題への取り組みをレポートしようとするもので、今年10月に訪日し、その結果をモントリオール市民に伝えることで、日本とケベックの間の理解、特に環境問題を中心に名古屋とモントリオールとの間の理解を深めることが目的という。現在、ブジー女史はラジオカナダの24時間ニュース番組のキャスターとして活躍中。

ブジー女史とのインタビュー・サマリー

私は非常に興味深いテーマである環境問題についてのプロジェクトで、10月後半に名古屋市を訪問することを楽しみにしているが、そもそも東京でなく名古屋を選んだ理由は、まずモントリオールと比較するのに巨大すぎる東京でなく、人口200万人程度の名古屋が分かりやすいことと、名古屋が市長を含む市民全員を巻き込む思い切った環境対策を打ち出しているからである。
名古屋市の環境対策プログラムは実に思い切ったもので、1990年に比べて2010年までに温暖化ガス排出量を国の6%削減以上の10%削減することを目指し、名古屋を「緑茶よりも緑」にして日本でもっとも「緑色」の都市にしようとするもの。特に私が興味の持っているのは、名古屋市民がこの目標をどうやって達成しようとしているか、そしてその経験からモントリオール市民が環境対策として何を学べるかという点である。例えば、ゴミの分別などの処理方法、資源のリサイクル方法、住宅・ビル・工場などの省エネ化対策などから学んで、いかに持続可能なコミュニティを築くかということが焦点となる。
また、名古屋地域は世界でもっとも環境意識の高い企業の一つであるトヨタのホームグラウンドなので、交通問題は特に重要で興味深いテーマである。しかし、自動車はそれがハイブリッドあろうとなかろうと二酸化炭素を排出するので、むしろ公共交通機関の利用が都市の環境汚染問題の解決にとってはカギとなる。その点でも、幅広く多様な公共交通網が完備した名古屋市を取り上げるのは意味があるといえる。
いずれにしても名古屋に行って、市長や市民と会い、環境問題の「名古屋式」解決方法をレポートすることが今から楽しみで、それを帰国後にレポートにまとめて、ラジオプログラムや雑誌の論文などの形で、特に日本についての情報が少ないフランス語でケベック州の住民に伝えたい。それによって住民皆が環境問題の深刻さに気付き、問題解決に向けて参加し協力するようになることを期待したい。
付記:
「日本ケベック賞」は、日本でのケベック州政府事務所開設30周年を記念して2003年に創設された賞で、ケベック州国際関係省、ケベック・ジャーナリスト協会および日本フォーリン・プレスセンターが共同で提供する賞である。

(文責:宮尾尊弘)
  1. 2007/09/21(金) 23:37:57|
  2. Interviews
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Interview with Mr. Vincent:ヴァンサン氏のインタビュー

Interview with Mr. Vincent:ヴァンサン氏のインタビュー

Interview Series #13 (@Montreal):インタビュー#13

70829Vin12.jpg

Mr. Gilles Vincent and Ms. Sonia Dandaneau
Interviewee: Mr. Gilles Vincent, Director, Montreal Botanic Garden
(Date: August 29, 2007; Place: Montreal Botanic Garden, 4101 Sherbrooke Street East; Interviewer/Writer: Takahiro Miyao)

Mr. Gilles Vincent (Director) and Ms. Sonia Dandaneau (Cultural Agent, Japanese Garden & Pavilion) spent more than two hours showing me around in the Montreal Botanic Garden, including the Courtyard of the Senses, the Rose Garden, the First Nations Garden, the Chinese Garden as well as the Japanese Garden and Pavilion, all of which I enjoyed very much. Especially, the Japanese Garden, designed by master architect Ken Nakajima, was so impressive and the Japanese Pavilion, full of Japanese culture and art, was so delightful, and should be quite useful in promoting mutual understanding of Quebec and Japan in terms of history and culture.

Summary of Mr. Vincent’s Interview

The Montreal Botanic Garden is open to everyone, especially to local citizens, who “own” this garden. Although I am the director of the Garden, I could not change any part of it without approval of local citizens. In return, a majority of our visitors, about a million a year, are repeaters from the greater Montreal area, and this is a remarkable phenomenon in view of increasing alternative attractions for local citizens.
Another important aspect of the Botanic Garden is its emphasis on research and education. A team of experts are conducting scientific research at the Garden as part of the plant biology research institute at the University of Montreal in cooperation with the City of Montreal, trying to contribute to the advancement of scientific knowledge as well as improvements in the urban environment. The Botanic Garden also plays an educational role by offering various opportunities for young people to enjoy and learn about the wonderful world of plants.
One of the advantages that this huge garden has is its variety. One can enjoy both the Japanese Garden and the Chinese Garden, which are located side by side, and also wander around in the First Nations Garden. Or one can walk from the Courtyard of the Senses through various vegetable gardens to the Rose Garden. There are so many to see and so much to enjoy that one would feel like coming back again and again.
Regarding the Japanese Garden and Pavilion, Ms. Sonia Dandaneau is doing a good job in organizing special exhibitions and cultural activities to help visitors enjoy and understand the original spirit of Japanese culture and traditions. An excellent bonsai collection and tea ceremonies are also popular attractions, creating more repeaters to the Japanese Pavilion every day. All these must be contributing much to the public’s understanding of Japanese culture and society.
70829Vin81.jpg

Reference:
Montreal Botanic Garden:
http://www2.ville.montreal.qc.ca/jardin/en/menu.htm

(Written by T. Miyao)
-------------------------------------------------------------
ジル・ヴァンサン氏
モントリオール市立植物園園長
(2007年8月29日、モントリオール市立植物園、聞き手:宮尾尊弘)

ジル・ヴァンサン氏(植物園園長)とソニア・ダンダノー女史(日本庭園・日本館館長)は、2時間以上もかけて植物園の中を色々と案内してくれたが、どこも興味深いものばかりであった。特に日本庭園と日本館は実によく作られており、日本とケベックの間の歴史・文化についての相互理解に役立つことは間違いない。

ヴァンサン氏とのインタビュー・サマリー

モントリオール植物園は誰に対してもオープンで、特にこの植物園を保有しているモントリオール市民に開かれたものである。私はこの植物園の園長であるが、市民の了承なしには何も変えることはできない。その代わりに、年間約100万人の来園者の過半数が地元のリピーターである。これは今のような他のアトラクションが増えている時代には、驚くべきことといえる。
この植物園のもう一つの重要な特色は、研究と教育に力を入れていることである。研究はモントリオール大学とモントリオール市が協力して園内で色々な研究を進めており、科学的知識の進歩とともに都市環境の改善のために役立てようと努力している。また教育上の役割も大きく、若い人たちを植物の世界に導く役割を果たしている。
この巨大な植物園が持つ利点の一つは、その多様性である。日本庭園と中国庭園を比べて、さらに原住民の庭園にも行くことができる。また感性の庭から始まって、様々な野菜畑を通り抜けてバラ園に行くコースもある。とにかく見るものが多く、盛りだくさんなので、何度もリピートしたくなるのも無理はない。
日本庭園と日本館については、ソニア・ダンダノー女史の努力によって素晴らしい特別展示や文化活動が行われており、訪問客が日本の文化と伝統の精神をよく理解できるように工夫されている。盆栽や茶道も人気があり、多くのリピーターを作り出している。これらはすべて、一般市民による日本伝統文化の理解に貢献することが明らかである。

参考
モントリオール市立植物園:
http://www2.ville.montreal.qc.ca/jardin/en/menu.htm

(文責:宮尾尊弘)
  1. 2007/09/18(火) 00:01:01|
  2. Interviews
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Interview with Mr. Arsenau:アルセノー氏のインタビュー

Interview with Mr. Arsenau:アルセノー氏のインタビュー

Interview Series #12 (@Montreal):インタビュー#12

Mr. Arseneau (left) 70829PA11.jpg

Interviewees: Mr. Philippe Arseneau (President), Mr. Yuji Obata (Vice-President) & Ms. Genevieve Poirier (MEDIE)
Quebec-Japan Business Forum @Montreal
(Date: August 29, 2007; Place: Ministry of Economic Development, Innovation & Exports, 380 Saint-Antoine West, 5th floor; Interviewer/Writer: Takahiro Miyao)

Quebec-Japan Business Forum President Philippe Arseneau (JAL), along with other members including Mr. Yuji Obata (Brother Int’l Corp.) and Ms. Genevieve Poirier (MEDIE), explained the historical background of the Forum and its current and future roles in revitalizing business relations between Quebec and Japan. Some new ideas were presented to attract more Japanese business to Montreal and the Province as a whole, as summarized below.

Summary of Mr. Arseneau’s Interview

Quebec-Japan Business Forum started about two decades ago, when Japanese financial institutions contributed a substantial amount of money to launch a forum for matching Japanese large companies with their counterparts in Quebec. Since then, many of the Japanese financial institutions and large companies have left Montreal and the Forum has undergone basic change in character from the big business orientation to a more diverse business activity with smaller companies in Quebec.
Now the Forum membership encompasses almost all industries, and 30-40 company representatives regularly attend conferences and seminars organized by the Forum, where Japanese speakers explain their business to Quebec members or vice versa. In this atmosphere, a kind of synergy among small innovative companies seems to be emerging to develop newly expanding business opportunities for both Quebec and Japan. In a sense, this reflects the recent development of the Quebec economy, which is more oriented toward innovative high-tech industries than before.
As for the future of Quebec-Japan business relations, there are many opportunities to explore and, among other things, tourism may seem quite promising. Currently a relatively small number of tourists are visiting Quebec, mainly for viewing autumn colors, but many more can travel all around Montreal, Quebec City and the rest of the Province throughout the year, if more active PR and marketing campaigns are conducted to attract Japanese tourists to Quebec. There should be direct flights connecting Montreal and Japanese cities, and that would benefit the both sides, as Japan would also like to attract more tourists from Quebec.

Summary of Other Members’ Comments

Mr. Yuji Obata: More interactions should be generated between Japanese research institutions and their counterparts in Quebec in order to encourage innovations in business and society both in Quebec and Japan, which could not survive in global competition without innovations. On the both sides there seem to be many excellent researchers and engineers, who are ready to interact with each other in such high-tech fields as optoelectronics, nanotechnology, biotechnology, etc.

Ms. Genevieve Poirier: Creative and Innovative ideas in Quebec are quite visible in design and fashion, and creatively designed products, e.g., furniture, in Quebec are very popular among young people in big cities all over the world, especially in Japanese cities. Quebec should make use of its creative and innovative ideas to develop a closer business relationship with Japan in the future.

Reference:
Quebec-Japan Business Forum website:
http://www.forumquebecjapon.com/indexen.php?section=mandate

(Written by T. Miyao)
--------------------------------------------------------------
フィリップ・アルセノー氏
「日本・ケベック・ビジネスフォーラム」会長
(2007年8月29日、ケベック州経済発展革新貿易省舎にて;聞き手:宮尾尊弘)

フィリップ・アルセノー氏は、他のフォーラム会員であるユージ・オバタ氏(ブラザー)およびジェネヴィーヴ・ポアリエ女史(経済発展革新貿易省)と共にインタビューに応じ、「日本・ケベック・ビジネスフォーラム」のこれまでの歴史的な経緯、および今後日本とケベックの経済関係を活性化していく上で果たすべき役割について説明を行った。また、下に要約するように、モントリオールとケベック州全体に対して日本のビジネスを引き付けるような新しいアイデアもいくつか提示された。

アルセノー氏とのインタビュー・サマリー

ケベック・日本・ビジネスフォーラムは、20年ほど前に日本の金融機関がかなり多額の資金を出して日本の大企業とケベックの企業の橋渡しをするフォーラムを作ったことからスタートした。しかしその後は多くの日本の金融機関や大企業がモントリオールから撤退し、このフォーラムの性格も大きく変わらざるをえず、大企業中心からより規模は小さいが多様なビジネス活動を行うようになった。
今や当フォーラムの会員メンバーは、ほぼあらゆる産業に及んでいる。そして、フォーラム主催の会合やセミナーには、毎回30-40人程度の企業代表が参加しており、日本人の報告者がケベックの会社の会員たちに対して話すこともあれば、その逆の場合もある。そのような雰囲気の中で、小さいながら革新的な企業の間でのシナジーが生まれて、日本とケベックの両方にプラスになる新しいビジネスチャンスを広げることに役立っている。これは革新的なハイテク産業が中心に発展する最近のケベック経済の動向を反映しているといえる。
今後の日本とケベックの関係の見通しについては、いくつかの可能性があるが、特に有望株として注目したいのが観光である。現在、日本からケベックの紅葉見物に多少観光客が訪れているが、日本からの旅行者向きにより積極的なPRのキャンペーンを行えば、もっと多くの観光客が年間を通じてモントリオールとケベック市だけでなくケベック州の他の地域も訪れるようになることが期待される。モントリオールと日本の都市の間を結ぶ直行便も必要になるであろう。それは、ケベックからの観光客を呼びたい日本にとってもまたプラスになることである。

他のメンバーによるコメントのサマリー

ユージ・オバタ氏:日本とケベックの間で、経済社会の革新を生み出すような研究機関どうしの交流を促進すべきである。日本のケベックも革新なしにはグローバルな競争の中で生き残っていることはできない。実際に日本側でもケベック側でも優秀な研究者や技術者がおり、特に光エレクトロニックス、ナノテク、バイオテクノロジーなどのハイテク分野で交流することがお互いにとってプラスになるであろう。

ジェネヴィーヴ・ポアリエ女史:ケベックの創造的で革新的なアイデアは、デザインやファッションの分野で目立っており、創造的なデザインのケベック製品(例えば、家具)は世界中の大都市の若者の間で大人気で、日本の都市でも若者を引き付けている。したがって、ケベックはこの創造的で革新的なアイデアを使って、今後日本とのビジネス関係を強めるように努力すべきである。

参考
「日本・ケベック・ビジネスフォーラム」のHP:
http://www.forumquebecjapon.com/indexjp.php

(文責:宮尾尊弘)
  1. 2007/09/17(月) 18:07:17|
  2. Interviews
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Interview with Ms. Frangioni:フランギオニ氏のインタビュー

Interview with Ms. Frangioni:フランギオニ氏のインタビュー

Interview Series #11 (@Montreal):インタビュー#11
Marina Frangioni 70829MF2A.jpg

Interviewee: Ms. Marina Frangioni
Team Coordinator, Marketing & Promotion, Strategic and Tactical Task Force, City of Montreal
(Date: August 29, 2007; Place: City of Montreal, 303 Notre-Dame East, 6th floor; Interviewer/Writer: Takahiro Miyao)

In response to the interviewer’s questions about various issues surrounding Montreal such as recent economic development, cultural policies, public transportation, social housing, relations with higher levels of government, etc., Mr. Frangioni explained the present condition of the city as well as the main pillars of the city’s plan, “Montreal 2025,” concerning the future of Montreal with respect to these issues. It seems that there is much for Japanese cities to learn from the experience and planning of the City of Montreal as explained below.

Summary of Ms. Frangioni’s Interview

First, regarding economic development, Montreal has recently been improving its economic performance and is expected to be one of the fastest growing cities east of the Prairies for 2007. This is mainly due to the success in developing and attracting “knowledge-based” creative industries on the part of the City of Montreal. We wish to continue this desirable economic trend and, therefore, have included our agenda to transform Montreal into a city of knowledge, creativity and innovation in our long-term planning, “Montreal 2025” (see the reference below), where special emphasis is placed on the promotion of growth sectors by creating centers for health science, biotechnology, film and TV industries, and various trade-related activities.
Regarding cultural and artistic strategies, Montreal has already developed the “entertainment” district, which is a center for movies, theaters, gaming and other digital content industries. It is also emphasized in “Montreal 2025” that various boundaries between culture and technology should be broken down in order to make the city an avant-garde cultural metropolis.
Montreal has also been making substantial progress in social policies and infrastructure investment in recent years such as provision of “social housing” for those who could not otherwise afford decent housing and improvements in public transportation in order to reduce reliance on private automobiles. Developing an efficient network of public transportation as well as wireless broadband communications connection is one of the important pillars of “Montreal 2025.”
For the purpose of funding these social policies and infrastructure projects to improve the quality of city life without heavily depending on subsidies by higher levels of government, the City of Montreal is taking initiative in forming a national forum of major cities in Canada (see the reference below) to work together for strengthening the health of municipal finances and for improving the quality of life for city residents.
Finally, the key to success in achieving all these objectives is open dialogue and close cooperation in the spirit of equal partnership with other municipalities as well as higher levels of government, and this is a real challenge facing the City of Montreal in the years to come.
References:
1. Montreal’s Official Site: http://ville.montreal.qc.ca/
2.“Montreal 2025":
http://ville.montreal.qc.ca/portal/page?_pageid=3276,4001900&_dad=portal&_schema=PORTAL/
3. Metropolitan Montreal: Regional Version of 2025:
http://www.cmm.qc.ca/index.php?id=3D309/
4. National Forum of Big Cities in Canada: http://www.cmm.qc.ca/bc22/

(Written by T. Miyao)
---------------------------------------------------
マリナ・フランギオニ女史
モントリオール市・戦略戦術チー・コーディネーター
(2007年8月29日、モントリオール市庁舎にて;聞き手:宮尾尊弘)

モントリオールをめぐる様々な問題、例えば最近の経済成長、文化政策、交通や住宅などの社会政策、州や連邦政府との関係などについての聞き手の質問に対して、フランギオニ女史は、これらの問題に関するモントリオール市の現状と将来計画「モントリオール2025年」の主要な柱を詳しく説明した。以下でその説明の要点を示すが、モントリオールの経験と計画から日本の都市が学ぶものは大きいといえる。

フランギオニ女史とのインタビュー・サマリー

第1に経済成長の面で、モントリオールは最近経済のパフォーマンスの改善が著しく、2007年は東部で最も成長率の高い都市になると予測されている。これは主に、モントリオール市が創造的な知識産業を自ら開発し、また外からも引き付けたことによる。このような望ましいトレンドを保つために、市の長期計画「モントリオール2025年」(上のReference参照)において、医療科学、バイオテクノロジー、映画テレビ産業、貿易関連などのビジネスのセンターを創出して、成長分野の振興に力を入れることにより、モントリオールを「知識・創造・革新の都市」にすることを目標の一つに位置づけている。
第2に文化・芸術戦略としては、 モントリオールはすでに映画、劇場、ゲーム、その他のデジタルコンテンツ産業のセンターとして「エンタテインメント地区」を作り出している。このような流れは「モントリオール2025年」の計画でも強調されており、特に文化と技術の間の垣根を取り払い、モントリオールを前衛的な文化都市にすることが謳われている。
さらにモントリオールは、公共住宅や公共交通機関に対する社会政策やインフラ整備についても近年著しい進展を遂げている。その上で、将来に向けて公共交通および無線高速情報網のネットワーク整備が、「モントリオール2025年」計画の重要な柱の一つになっている。そして、これらの都市生活の質を高めるための社会政策やインフラ整備を、州や中央政府の補助金に大きく依存することなく進めるために、モントリオールはカナダの主要都市のフォーラムの形成にイニシアティブを発揮しており(上のReference参照)、これによって都市の財政を健全化し、市民の生活の質を改善するために都市間の協力を推進しつつある。
最後に、これらの目的を達成するためのカギは、他の都市や州政府や連邦政府とイコール・パートナーシップの精神でオープンな対話と緊密な協力関係を築くことで、これが今後何年にもわたってモントリオール市が直面する大きな課題であるといえるであろう。

(文責:宮尾尊弘)
  1. 2007/09/10(月) 11:52:53|
  2. Interviews
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Interview with Mr. Clavet:クラヴェ氏とのインタビュー

Interview with Mr. Clavet:クラヴェ氏とのインタビュー

Interview Series #10:インタビュー#10
M Jean Clavet Clavet40.jpg

Interviewee: Mr. Jean Clavet
Representative, Delegation Office of Quebec Government, Tokyo
(Date: August 14, 2007; Place: Delegation Office, Tokyo; Interviewer/Writer: Takahiro Miyao)

Summary of Mr. Clavet’s Interview

About three years ago, I took up the assignment to come to Japan as the representative of the Delegation Office of Quebec Government in Tokyo with great interest in Japan as a leader in Asia, where China and other Asian countries were moving up rapidly in the region. From the viewpoint of Quebec with only 7 million people, Japan posed a challenge as to where Quebec could fit in. Now we have success in finding certain niche markets, which may be small for Japan, but really important for us to maintain our leadership in certain key technologies such as nanotechnology and photonics.

Having spent a few years in Japan now, I can really appreciate the way Japanese people do their business and organize their society. Things are working, clean, and well-organized, and people are polite, disciplined and hard-working. The end product cannot be wrong. Of course, no society is perfect, and Japan is good at achieving certain objectives, while maximizing quality, but may have difficulty in evaluating some uncertain results of basic research or invisible quality of professional services.

In that regard, one area where we should try harder for a closer relationship between Japan and Quebec is the research & innovation field, especially linking each other’s universities and research institutions. Traditionally, universities and research centers in Canada in general and in Quebec in particular have been closely working with their counterparts in Europe and the US, but not with Asia or Japan. Hopefully we will be able to encourage Quebec universities to look toward Japan, at least in certain specific research areas, where our limited resources can be strategically applied. Again, such fields as nanotechnology and photonics may hold a key in this possible connection.

In concluding my stay in Tokyo, I wish to say that I was blessed by the fact that we had many important political visits from Quebec, giving me opportunities of developing and maintaining a very good network of friends, colleagues and partners in Japan. This is very important, because our work at the Tokyo office can only be evaluated in establishing and utilizing our network in Japan for the sake of the Quebec people and business, and also those important events can help increase the visibility and presence of Quebec in Japan and Asia. I sincerely hope that this desirable trend will continue in order to promote a closer relationship between Quebec and Japan in many years to come.
References:
Delegation General: Jean Clavet (in French)
http://www.mri.gouv.qc.ca/Tokyo/fr/delegation/qui_sommes_nous/delegue_general.asp
(Interviewer: Takahiro Miyao)
---------------------------------------------------------------
ジャン・クラヴェ氏とのインタビュー
ケベック州政府在日事務所代表
(2007年8月14日:ケベック州政府在日事務所にて、聞き手:宮尾尊弘)

クラヴェ氏とのインタビュー・サマリー

3年ほど前に、私がケベック州政府の日本代表を引き受けたのは、アジアのリーダーとしての日本に非常に興味があったことと、中国やアジア諸国が急速に成長していることにも関心があったからです。その際のチャレンジは、700万の人口のケベック州が日本にどう向き合うかということでしたが、今は日本におけるニッチ市場を開拓してうまくやっているといえます。特にナノテクやフォトニックスなどの技術分野は、日本にとっては小さく見えますが、ケベックがこれらの技術のリーダーとしての地位を維持する上で非常に重要な役割を果たしています。
日本で数年を過ごして改めて気づくことは、日本における独自の仕事のやり方や社会のあり方で、それはうまくきれいに組織化されており、人々も礼儀や規律が正しくよく働くことです。したがってその結果が悪いはずがありません。もちろん完璧な社会はありません。日本はあることをやり遂げるとともに仕事の質を最大にすることは得意ですが、結果が不確実な基礎研究および質がよく見えない専門家のサービスなどを評価するのはあまり得意ではないようです。
それに関連して、今後日本とケベックの協力関係を築くために一層の努力が必要な分野として、「研究・イノベーション」の分野があり、特にお互いの大学や研究機関をリンクすることが課題といえます。これまではカナダや特にケベックの大学や研究センターは、欧州や米国の大学などとの連携を強めてきましたが、日本やアジアとの協力関係の構築はこれからです。できればケベックの大学が、特定の分野に限定してでも日本の大学との協力関係を築くべきと思います。その際のカギとなるのは、すでに触れたナノテクやフォトニックスの分野になるでしょう。
在日事務所代表の仕事を終えるに当たり、特に特筆したいことは、私の日本滞在中にケベックから多くの政治家の訪日があったことです。それは日本における友人や仲間やパートナーのよきネットワークを構築し維持する機会を提供してくれたといえます。これはとても大切なことで、私たちの東京事務所での仕事はそのようなネットワークを構築して、ケベックの人々やビジネスのために利用することで評価されるとともに、そのような訪問は、日本やアジアにおけるケベックの存在感を高める上でも役立つからです。このように日本とケベックの間の協力関係が深まる流れが今後とも末永く続くことを心から希望したいと思います。
参考:
ジャン・クラヴェ氏の略歴(日本語):
http://www.mri.gouv.qc.ca/Tokyo/jp/delegation/qui_sommes_nous/delegue_general.asp
以上(文責:宮尾尊弘)
  1. 2007/08/16(木) 11:11:17|
  2. Interviews
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Interview with LA Representative:ロス代表とのインタビュー

Interview with LA Representative:ロス代表とのインタビュー

Interview Series #9: インタビュー#9
@Los Angeles LAQuebec2.jpg

Interviewees: Mr. Denis Turcotte, Quebec Gov't LA Represenative
together with Ms. Caroline Normandin, Director, Economic Affairs
(Date: July 6, 2007; Place: Westwood, Los Angeles, California; Interviewer/Writer: Takahiro Miyao)

Summary of Mr. Turcotte's Interview

Our mission here in California is diverse, ranging from economic and investment purposes to cultural and public affairs. As far as economc matters are concerned, our main objectives are (1) to develop markets for Quebec products, such as Trader Joe's chain stores handling a lot of maple syrup, cheese and other products from Quebec, for example, and (2) to encourage US investments in Quebec, especially in such advanced fields as multimedia, energy, aerospace, defense, etc. From the Californian viewpoint, currently the hottest areas include optoelectronics and gaming.

In competing with other regions, Quebec has an advantage because of its excellent work force as well as safe and comfortable living conditions, especially in and around Montreal, with multi-cultural backgrounds. Nowadays, high quality labor force has become a more and more imporant factor for business decisions rather than simply low cost labor availability. In this respect, Quebec has been improving its competitive position in terms of education, research and immigration policies.

Here at the LA office with few staff members covering so many fields and so wide geographical areas, we must focus our efforts as pointed out above, while always keeping in mind that we in the public sector are working for the private sector to succeed by promoting a cooperative relationship between the public and the private sectors for the sake of Quebec citizens.

Finally, we often use the example of products "made in Japan" to illustrate the importance of branding and perception in promoting our own products. The meaning of the word "made in Japan" has completely been changed since the 50s and 60s, due to the high quality of Toyota and Honda automobiles these days. We are trying to change our perception in the US, following Japan in this regard.
Reference:
Quebec Government Office Los Angeles:
http://www.quebec-losangeles.org/

(Interviewer: Takahiro Miyao)
----------------------------------------------------
トゥルコット氏インタビューの要旨

ここカリフォルニアでの私どもの役割りは、経済、投資、文化、外交など多岐にわたっていますが、経済関係では主に2つの目的があります。(1)ケベックの商品に対する市場を開拓することで、例えばトレーダージョーなどのチェインストアがケベックのメープルシロップはチーズなどを扱っていますが、そのような市場を拡大すること、また(2)ケベックへの米国からの投資を促進することで、特にマルチメディア、エネルギー、航空、防衛産業などの先端分野に焦点を当てています。現在カリフォルニアで注目されているのは、オプトエレクトロニックスとゲームの分野などといえます。
ケベックは他の地域と比べると、優秀な労働力があることと安全で快適な生活が営めることが強みで、特に多文化のバックグランドを持つモントリオール周辺はその典型です。今日では高い質の人材という要因が、単に労働コストが安いという要因よりもビジネスの決定においてますます重要性を増しており、この点でケベックは、教育、研究、移民政策などを通じて競争力を強めています。
ここロスのオフィスでは数少ないスタッフで多くの分野や広い地域をカバーしているので、私たちの努力を上に述べたような分野に集中するよう心がけています。それと同時に私たち公的部門のメンバーは、民間部門と協力関係を促進し、民間部門が成功するように努力すべきで、それがケベック市民のためになることを常に忘れないようにしています。
最後に私どもはよく日本の製品の例を使って、自国の製品を海外で宣伝する場合にブランドやイメージがいかに大切かを説明しています。「メイドインジャパン」という言葉の意味は、1950年代や60年代に比べると今日はトヨタやホンダの自動車の例を引くまでもなく大きく様変わりしました。この例にならって、私どもも米国におけるケベック製品のイメージを一変するように努力しているのです。
参考:
ケベック政府ロサンゼルスオフィス:
http://www.quebec-losangeles.org/

以上(文責:宮尾尊弘)
  1. 2007/07/15(日) 06:39:32|
  2. Interviews
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Interview with Mr. Mohan Patel:モハン・パテル氏とのインタビュー

Interview with Mr. Mohan Patel:モハン・パテル氏とのインタビュー

Interview Series #8:インタビューシリーズ#8

Mr. Mohan Patel PatelA60.jpg

Interviewee: Mr. Mohan Patel
Representative Director, Investissement Quebec-Japan Office
(Date: June 14, 2007; Place: Delegation Office of Quebec Government; Interviewer/Writer: Takahiro Miyao)

Summary of Mr. Patel’s Interview

My relationship with Japan dates back to my childhood years, as I used to live in Kobe with my parents who came from India to do business in Japan. Then, I moved to the U.S. for education, then to Montreal, Canada, before being hired by a Japanese trading company, which sent me to their Tokyo office. That was in the 1980s and stayed with that company until 2003. Those were exciting years, when I made a lot of personal as well as business connections, some of which I am now trying to reestablish for my current work.

I am now working for “Investissement Quebec” (or "investment Quebec"), which is a government organization with its president-director general originally from the banking industry. In fact, Investment Quebec might be regarded as a combination of an economic development agency and a bank. But it is different from a purely private bank, because inducing foreign investment into Quebec is not a short-term job with profit orientation, but will require long-term efforts and commitment. This is why the government is behind it, and we are trying our best to obtain good results, hopefully satisfying even commercial criteria.

Of course, there is strong competition in attracting Japanese investment to North America. It comes from the U.S. as well as other Canadian provinces. Having lived in Montreal and elsewhere, however, I can clearly present to potential investors a number of merits and advantages that Montreal and other cities in Quebec possess. For one thing, we have low-cost and high-quality electricity available to business. Second, we have a strong IT industry, especially in the multi-media field. A related point is the strength of our universities and research institutions which are producing good human resources with creativity and often multi-language skills. This means that if you come to Quebec to set up your base in North America, you will also be able to explore the European market through Quebec with its people, language, and culture close to Europe. These are some of the specific advantages that Quebec possesses over other regions in North America, I believe.

From the Japanese companies’ viewpoint, I can also see some more advantage in employing people in Quebec, because they generally prefer to stay and enjoy life within Quebec, rather than moving around for better economic opportunities as in America and other Canadian provinces. This means that Japanese companies could develop a long-term relationship with each employee for mutual benefit more easily in Quebec than anywhere else in North America.
Therefore, my task is to let Japanese businesspeople be aware of these advantages by holding a series of lectures and seminars about investment in Quebec. At the same time, an important thing is to find those companies that are actually planning to expand their operations overseas, especially in North America. In any case we need sustained, constant efforts in this regard, and that is why I am here in Tokyo to represent the public organization, Investment Quebec. Having lived on the both sides of the world, I feel this is a very gratifying job for me.
References:
Investment Quebec (English):
http://www.investquebec.com/en/index.aspx?
Investissement Quebec (French):
http://www.investquebec.com/fr/index.aspx

(Interviewer: Takahiro Miyao)
----------------------------------------------------------------
モハン・パテル氏インタビューの要旨

私と日本との関係は、私が子供のころに遡ります。私の両親がビジネスのために日本に来て神戸に住んだので、私はそこで育ちました。その後、私は米国の大学に行き、その後モントリオールに移ってからしばらくして日本の商社の現地法人に雇われて、東京本社に送られることになったのです。それは1980年代のことで、その商社には2003年まで勤めましたが、その間は実にエキサイティングな毎日で、仕事上でも個人的にも多くの人と接することができました。今はその時の関係のいくつかを復活させようとしているところです。
現在、私はInvestment Quebecという政府の組織で仕事をしていますが、これはトップが銀行業界から採用された特別の政府機関といえます。実際にInvest Quebecは、政府の経済開発局と銀行との合体とみなすことができますが、純粋の民間銀行と異なるのは、ケベック州に海外投資を引き込むのは短期の利潤動機の仕事というより、長期にわたる努力とコミットメントが必要な仕事という点です。そのために政府がバックしており、その一方で私たちは良い結果を出すようベストを尽くし、民間のビジネスの基準をも満たすように努力しているのです。
日本の投資を北米に引き付けるということでは、多くの競争相手があることはいうまでもありません。米国と並んでカナダの他の州も競争相手です。しかし私は自分がモントリオールやその他の都市に住んでいたので、モントリオールなどのケベック州の都市の良さや優位性を明確に海外の投資家に示すことができます。まず第1に、ケベックでのビジネスでは安価で良質な電気が利用可能です。第2に、強力なIT産業、特にマルチメディア産業が育っています。それに関連して、大学や研究機関がクリエイティブでしかも多言語に通じる優秀な人材を生み出しています。したがって、もしケベックで北米でのビジネスの基地を作れば、そこで欧州に近い言語や文化を持つ人材を通じて欧州の市場へ打って出ることも可能になるでしょう。これらがケベックの持っている特別の優位性と言えると思います。
さらに日本の企業の立場からすれば、もう一つケベックの人たちを雇う利点があります。それは人々がケベックでの生活を好み定住する傾向があるので、米国やカナダの他の州の人たちのようによりよい経済的機会を求めて動き回るようなことをあまりしません。したがって、日本企業は従業員と長期的な関係を築いてお互いの利益のために努力することが北米の他のどの地域よりも容易にできるのではないでしょうか。
以上のようなケベックの利点を日本のビジネス界に知ってもらうようにすることが私の仕事で、そのために例えば、ケベックへの投資に関する講演やセミナーを開催しています。それとともに重要なのは、日本企業のなかで現在北米にビジネスを拡張しようとしている企業を見つけることです。いずれにしても、そのためには毎日の継続した努力が必要で、したがって私がInvestment Japanを代表して日本に駐在しているわけです。両方の世界に住んだことのある私にとって、これは大変ありがたく、やりがいのある仕事といえます。
参考:
Investment Quebec (英語):
http://www.investquebec.com/en/index.aspx?
Investissement Quebec (仏語):
http://www.investquebec.com/fr/index.aspx

以上(文責:宮尾尊弘)
  1. 2007/07/07(土) 01:49:09|
  2. Interviews
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Interview with Mr. Carpentier:カーポンティエ氏とのインタビュー

Interview with Mr. Carpentier:カーポンティエ氏とのインタビュー

Interview Series #7:インタビューシリーズ#7
Mr. Carpentier Carpentier45.jpg

Interviewee: Mr. Marc Carpentier
Broadcast Media Specialist, NHK, Freelancer
(Date: April 17, 2007; Place: NHK, Shibuya, Tokyo; Interviewer/Writer: Takahiro Miyao)

Summary of Mr. Carpentier’s Interview

(The following is a summary of my interview with Mr. Carpentier about his documentary, “From Quebec to Tokyo,” regarding Quebec and Japanese performing arts)

I got interested in Japan as I took up such Japanese martial arts as Judo and Karate in Quebec when I was young, and also practiced Shiatsu while I was living in Vancouver before coming to Japan as a journalist. I was intrigued and fascinated by Tokyo. It seemed perplexing and full of paradoxes, but soon I began to realize that there is something common between Quebec and Japan, especially in the arts field, where Quebec artists and their Japanese counterparts attract each other strongly. On the surface, they look very different as Quebec arts are young and spontaneous, whereas Japanese arts are old and formal, but underneath there is definite commonality in spirit and sensitivity, particularly in contemporary performing arts.

In fact, Quebec artists have been interacting with Japanese artists for over 30 years now, giving and taking the “power” of cultural interaction and transformation. Such artistic power exchanged between Quebec and Japan is the main theme of my documentary, “From Quebec to Tokyo,” which I have been working on for the last four years. It consists of two parts, where in Part 1, I focus on Robert Lepage, world-renowned playwright from Quebec, who has been attracted to Japanese culture and language since his early childhood years, and interacting with various performing arts communities in Japan for the last few decades. For example, his collaboration with famous Kyogen master Mansai Nomura is well known. In part 2, I take up various interactive activities by Quebec and Japanese performing arts communities with a focus on Seiji Takaya, Artistic Director of Aoyama Theater, who has been quite active in arranging international events for Quebec and Japanese artists, producing very high standard performances for many years.
Through this documentary I would like to convey my feeling that Quebec and Japan share many cultural and social challenges and, therefore, should interact more, not just in the performing arts, but also in broader cultural and social fields, for the sake of each other as well as the world at large. I am now negotiating with major broadcasters in Canada to air this documentary, and plan to edit a version for Japanese audiences. I hope that material of this kind will inspire and facilitate better mutual understanding between the people of Quebec and Japan in the future.
References:
Marc Carpentier, Broadcast Specialist:
http://www.marccarpentier.net/index.html
Marc Carpentier “De Quebec a Tokyo,” The Canada-Japan Society, Newsletter No.50, March 2007

(Interviewer: Takahiro Miyao)
-------------------------------------------------------------
カーポンティエ氏インタビューの要旨

(以下は、ケベックと日本の舞台芸術に関するドキュメンタリー「ケベックから東京へ」を作成したマーク・カーポンティエ氏のインタビューの要旨である)

私の日本への興味は、ケベック州で育った子どもの頃に柔道や空手を習っていたことに始まり、その後バンクーバーで指圧師として活動した後に、ジャーナリストとして訪日した。東京に引きつけられ、魅せられたのが訪日の理由であるが、来てみると東京は混沌として矛盾だらけの街に見えた。しかし間もなくケベックと東京の間には何か共通点があり、特にケベックと日本の舞台芸術家がお互いに引かれる何かがあることに気づいたのである。表面的にはケベックの芸術は若く自発的であるのに対して、日本の芸術は伝統的で形式を重んじる点で、まったく違って見えるが、深い精神や感性のレベルで共通点があり、特にそれが舞台芸術の分野では明らかであるといえる。

実際に、ケベックと日本の芸術家は過去30年間にもわたって交わりを続けており、文化的な交流と転換の「パワー」をやりとりしている。そのような交流の文化的パワーこそ、私がここ4年ほどかけて作成中のドキュメンタリー「ケベックから東京へ」の主要テーマなのである。それは2つのパートから成っており、パート1では、世界的に有名なケベックの脚本家であるロベルト・ルパージュに焦点を当てて、彼が子どもの頃から日本の文化や言語に興味を持ち、その後何十年にもわたって日本の舞台芸術社会と交流を続けていることを取り上げている。例えば、彼と狂言で有名な野村萬斎とのコラボレーションはよく知られている。またパート2では、ケベックと日本の舞台芸術家どうしの色々な交流を取り上げるが、特に青山劇場の事業部長である高谷静治氏に焦点を当てて、彼が何年にもわたってケベックと日本の芸術家のために高い水準の国際的なイベントを実施してきたことを描いている。

このドキュメンタリーを通じて伝えたいことは、ケベックと日本が多くの文化的・社会的な課題を共有していること、またそれゆえに舞台芸術だけでなくより広い文化・社会的分野でもっと交流を深めて、お互いのため世界のために協力していくべきということである。現在、このドキュメンタリーがまずカナダで放映されるように主要なテレビ局と交渉中であり、また日本でも見てもらえるように編集する予定である。このような作品が、今後のケベックと日本の相互理解を高め深めることを期待したい。
参考:References
マーク・カーポンティエ(Marc Carpentier, Broadcast Specialist)
http://www.marccarpentier.net/index.html
Marc Carpentier “De Quebec a Tokyo,” The Canada-Japan Society, Newsletter No.50, March 2007

以上(文責:宮尾尊弘)
  1. 2007/04/23(月) 17:26:41|
  2. Interviews
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。